曹操孟徳特集
黄巾賊




はじめての三国志

menu

はじめての蜀

劉備は何で蜀を建国しようと思ったの?三国志演義で人気を占める蜀の秘密に迫る

この記事の所要時間: 911




ラストサムライ羅憲

 

三国志の中で一番の人気を占める劉備が益州に建国した「蜀」。

三国の中で一番国力が弱い国でありましたが、

有能な将軍や名宰相、文官を率いて、

三国最強である魏の国と対等に戦いを繰り広げていきます。

このような国であった蜀ですが、どのようにして建国され、

どうして滅びることになったのでしょうか。

今回は蜀を建国した劉備

劉備の跡を継いで蜀の国を率いて、

魏と戦を繰り広げた孔明。

そして姜維や政治家達にスポットライトを当てながら、

蜀建国から滅亡までを分かりやすくお伝えしていきます。




孔明との出会いで運命が変わる

三顧の礼 ゆるキャラ 孔明

 

幽州(ゆうしゅう)涿県(たくけん)から出てきた劉玄徳(りゅげんとく)。

彼は関羽張飛、そして幼友達の簡雍などと黄巾の乱に参加し、

群雄の中を渡り歩きながらしぶとく生き残り、

荊州の劉表に流れ着いた時に劉備の運命を変えた

諸葛孔明を配下に加えます。

孔明は劉備の配下に加わる時に、彼が今後どのように展開すればいいのか、

新たな方針を示します。

孔明が劉備に示した方針は、中原を支配する曹操、江東を長年治めてきた孫権

そして国の周りを山々に囲まれ守りやすい地である益州を奪って、

劉備にこの地を治めさせるように示します。
こうして天下を三分して国を治め、江東の孫権と同盟を結んで東西から魏に攻め込めば、

魏を打倒できるだろうとアドバイスを行った後、劉備に仕えます。



赤壁の戦いに勝利を収め、自分の領土を手に入れる

劉備 ゆるキャラ

 

孔明との出会いを果たし、自らの進むべき道を手に入れた劉備だが、

荊州へ曹操が侵攻を開始。

劉表の後継者である劉琮(りゅうそう)は曹操の大軍にビビッて、

劉備に一言も知らせずに降伏。

劉備は劉琮が一戦もせず降伏したため曹操に反抗することができず、

劉表の息子・劉琦(りゅうき)が治めている江夏(こうか)へ逃げ延びます。

江夏へ逃げ延びた劉備は孫権と同盟を結び、

曹操と赤壁の地で決戦を行います。

 

三国時代の船 闘艦

 

孫権の水軍が赤壁の地で曹操軍を打ち破ると、

劉備は曹操軍の追撃を行うと共に、南荊州へ侵攻を開始。

南荊州には長沙(ちょうさ)・桂陽(けいよう)・零陵(れいりょう)・武陵(ぶりょう)の

豊かな土地へ攻め込み、領土とします。

こうして劉備は荊州の豊かな部分である南荊州四郡を奪い領土とします。

 

益州からの密使が来る

基礎知識 馬謖03

 

劉備は南荊州を手に入れることに成功。

この時荊州の名士と呼ばれる馬良(ばりょう)・馬謖(ばしょく)兄弟や

 

龐統

 

孔明と並び称されるほどの軍略家である龐統(ほうとう)

 

五虎大将軍 黄忠

 

弓の名手として知られる黄忠(こうちゅう)など多くの人材が劉備軍に加わっていきます。

こうして人材と豊富な資源を手に入れた劉備の所へ、

益州からの使者がやってきます。

益州から来た張松(ちょうしょう)は劉備に「益州の主である劉璋は、

五斗米道の主である張魯(ちょうろ)と戦いに勝つ事が出来無いのに、

何度も戦いを繰り広げております。

そのため人民は疲弊し、国は乱れております。

そこで劉備様に益州の主である劉璋を追い出し、

治めていただきたいと考えております。どうか考えていただけないでしょうか。」と

伝えます。

劉備は即答を避け、張松を大いに歓待して彼を益州に帰します。

張松は益州へ帰る際に劉備に「私の代わりに、法正(ほうせい)と申す者を寄越しますので、

その時に返事をいただけませんか。」と劉備に伝え、益州へ帰ります。

 

張松の申し出を受ける

五虎大将軍 趙雲

 

劉備は孔明や龐統関羽張飛趙雲などの将軍らを集めて、

張松の申し出を受けるのか否かの決を採ります。

将軍達は益州を獲るべしと声を揃えて主張しますが、

軍師達は一言も述べず会議は何も決まらずに終わります。

その後軍師の二人を呼び、三人で再び意見交換を行います。

軍師達も将軍達と同じ意見で「張松の申し出を受けて、益州を奪取するべきだと

思います。」と進言します。

劉備は将軍らと軍師達の意見が一致した事で、益州侵攻を決定します。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2 3 4

関連記事

  1. 【センゴク祭り】織田家のトップに就任してから9年の歳月をかけた尾…
  2. 廬毓(ろいく)とはどんな人?曹氏三代に仕えた公平な人物
  3. 秦の昭襄王(しょうじょうおう)って戦神と言われるほど本当に強かっ…
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第37話「武田が来たりて火…
  5. 【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない!
  6. 【正史三国志】呉書を参考に孫権が皇帝へ登るまでの歴史をご紹介
  7. 田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】
  8. どもりが酷い鄧艾の隠れた才能!優れた農業政策「済河論」を分かりや…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 織田信長の父・「尾張の虎」こと織田信秀の前半生に迫る
  2. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部
  3. 趙雲が最強イケメンだった3つの理由
  4. 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介
  5. 蜀の勇将・姜維は司馬昭に嵌められ無念の最期を遂げる?
  6. 蜀が好きな皆さんへ!五分で分かる桃園の三兄弟の逸話を紹介

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

関羽が打った囲碁は、今の囲碁と同じものだったの? 趙娥(ちょうが)とはどんな人?復讐者兼暗殺者であった烈女・龐蛾親(ほうがしん) 【信長の野望】織田信長は、天皇家を取り込もうとしていた!? 策士・張飛 (ちょうひ)が繰り出す瞞天過海の計&暗渡陳倉計ってどんな計略? 坂本龍馬の愛刀陸奥守吉行はどんな刀? 楊修(ようしゅう)とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲劇の秀才 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【8/1〜8/7】 そうなのか!新選組の近藤勇も関羽をリスペクトしていた

おすすめ記事

  1. 三国志とキングダムのそっくり武将は誰?|信と呂蒙
  2. 【三国志の民話】世論に逆らうな!曹操の民心掌握術
  3. 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?
  4. 【はじめての君主論】第1話:君主論ってなに?曹操とkawausoが解説するよ
  5. 黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物
  6. 実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛
  7. 名探偵郭嘉TOP画面
  8. 曹操はなぜ悪役となったか?……三国志と朱子学の関係について

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP