はじめての列子
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

長坂の戦いはどんな戦いだったの?史実をもとに地図を使い徹底解説!

曹操から逃げ回る劉備




趙雲 長坂の戦い

 

長坂(ちょうはん)の戦いは、西暦208年に行われた赤壁の前哨戦のような戦いです。

三国志演義においては派手な赤壁大戦も、史実では素っ気なく記録され、

それ以前の長坂の戦いよりも文字数が少ない程です。

 

朝まで三国志 kawauso

 

では、長坂の戦いの経緯はどういうものであったのか?

はじさん特製、手作り地図を使用しながら解説してみようと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情




曹操軍、15万の大軍で南下を開始

曹仁 曹操

 

前年に、袁紹(えんしょう)の息子である袁尚(えんしょう)、袁熈(えんき)を

匿っていた烏桓(うかん)を撃破して北方の憂いを除いた曹操(そうそう)

荊州を切り取るべく15万人の兵力で南下を開始します。

どこから、どの程度の軍勢が出たのか不明なので、全て鄴(ぎょう)にしていますが、

現実には各地の拠点から兵力を抽出して15万にしたのだと思われます。

 

表情 kawausoさん02

 

さて、鄴から襄陽までの距離ですが、グーグル先生で調べると、

589キロもありました。

15万の大軍が移動するには補給部隊が無いという事はあり得ないので

動きは遅かった事でしょう。

補給部隊の1日の移動速度を考えると、曹操軍は襄陽までは70日程

掛ったのではないかと推測されます。

 

魯粛の生涯07 曹操

 

史実では赤壁で疫病が大流行し、船を焼き払い北へ引き揚げた曹操ですが、

その背景には、このような強行軍で疲労した兵力の問題もあったでしょう。

 

長坂の戦い 地図1




ちんたら行軍は劉琮が無条件降伏すると踏んでの行動

 

曹操軍の南下に、劉琮(りゅうそう)政権を欺くような策略があった様子はありません。

そこにはつまり、大軍を南下させれば荊州は降るという目算があったのでしょう。

当初、劉表(りゅうひょう)の跡を継いだ劉琮には徹底抗戦の構えがあったようですが、

重臣にして、妻の伯父である蔡瑁(さいぼう)等の説得によりこれを撤回しています。

 

蔡瑁は実は昔からの曹操の知り合いであり、劉表が危ないという辺りから、

曹操とはコンタクトを取っていたようです。

降伏後の蔡瑁は、列侯にまで昇進するなど敗軍の将とは思えない程に

厚遇されている事から、曹操が荊州に入るまでに話をつけるように、

言い含められていたのかも知れません。

 

わざとか?樊城にいながら曹操軍南下の事実を知らされない劉備

表情 劉備02

 

一方で、曹操が荊州に入れば、これまでのいきさつから命はないであろう

樊城の劉備には、荊州の首都、襄陽(じょうよう)は目と鼻の先であるにも関わらず、

劉琮降伏の情報は知らされませんでした。

 

朝まで三国志 劉備

 

ようやく劉備が、何かがオカシイと気がついたのは曹操軍が

宛(新野説もあり)に到着したという情報を聞いた時だったようです。

さあ、大変な事になりました、樊(はん)城を拠点にしていた劉備は、

ここで大慌てで兵を纏めて逃げるという事になります。

 

ここで分るのは劉琮政権、というより蔡瑁政権は意図的に劉備に、

曹操へ降伏するという情報を伝えなかったという事です。

伝えれば逆切れした劉備が襄陽を奪おうと画策するかも知れませんし、

そこまでいかなくても妨害工作を考えるでしょう。

 

もう少し深読みをするなら、そのままとぼけておいて、

あわよくば曹操に劉備を捕まえさせる蔡瑁の策だったかもしれません。

 

しかし、以前は僅かな情報からでも危険を察知した劉備が

無情報とはいえ曹操がここまで接近するまで気がつかないとは・・

太股に肉がついている以上に、かなり平和ボケしていたのかもです。

 

関連記事:髀肉の嘆(ひにくのたん)って何?劉備が嘆いた言葉とは?

関連記事:若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜

 

大量の避難民と共に、劉備江陵を目指して敗走

逃げる劉備追う曹操

 

劉備は樊城から、軍需物資が山積された江陵城に退却を開始します。

安全策を取り、関羽(かんう)孔明(こうめい)には船で江陵を目指させ、

自分は陸路を江陵に向かうとして軍を二手に分けています。

 

その途中で、襄陽を通過した時に劉琮に呼びかけたが劉琮は恐れて

出て来なかったとされています。

 

長坂の戦い 地図2

 

まあ、出て来ないでしょう、劉備は尻尾切りされた敗軍の将、、

どうなろうが知らないというのが劉琮の本音だからです。

 

ここで孔明は、襄陽を奪い曹操に対抗すべしと進言、劉備は

劉表殿には世話になったから出来ない」と仁君ぶっていますが、

 

そんな実力があれば、劉備の性格なら荊州を乗っ取っている筈で、

よるべなき客将の立場に甘えるわけはありません。

事実の劉備は、全くの敗残兵状態、高邁な事など言える状態ではなく、

ひたすらに江陵を目指して落ちるのが精一杯だった筈です。

 

発生した大量の避難民に巻き込まれ、曹操に追いつかれる

曹操と劉備

 

ここで、事態に気付いた荊州の民には避難民が発生します。

先主伝では、劉備を慕った人々が付いてきたとされていますが、

劉琮の曹操への無条件降伏を何ともできない無力な劉備に、

誰が付いてくるというのか?個人的に非常に疑問を持ちます。

事実は、曹操の侵略に徐州虐殺の悪夢を思い出した人が大半でしょう。

 

避難民は数十万、劉備軍は数千、逃げる方向は同じなので、

たちまち難民に飲み込まれ身動きは取れなくなったでしょう。

仁君劉備の、「ついてくる民を見捨てるにしのびない」という

美しいエピソードは、元々は、、

「くそー避難民が多くて、先に進めないぜ―」だったのを

180度ひっくり返して綺麗にしただけだと思います。

 

関連記事:もうやめて…!劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去

関連記事:【真田丸】NHK大河ドラマ決定記念!家康と劉備の黒歴史の共通点。クソ漏らし家康と死んだふりの劉備

 

曹操は補給部隊を置いて虎豹騎5000で劉備を撃破

曹操と虎豹騎

 

曹操は、劉備が軍需物資を満載した江陵に入る事を恐れ、

新野からは補給部隊を捨てて、襄陽に急行して占領します。

そして、劉備撃破を最優先して、虎豹騎5000を選抜して、

曹純(そうじゅん)文聘(ぶんぺい)と共に、逃げた劉備を追い掛け

当陽の長坂で追いつきこれを散々に撃破しました。

 

ここで劉備はロケットが予備タンクを切り離すように妻子を切り離し

旗本数十騎だけで、東に向かって敗走します。

 

最弱武将 張飛

 

その劉備一行の最後尾に張飛(ちょうひ)がついて追ってくる虎豹騎を

少数で食いとめ橋を斬り落として時間稼ぎをした話は史実です。

 

関連記事:張飛が長坂橋を落とした時、曹操はどうして攻撃しなかったの?

関連記事:張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち

 

漢津で劉備は南下する関羽、孔明、劉琦と合流

劉備

 

すでに曹操に江陵を抑えられ、「どうすんべえ」と思っていた劉備ですが、

河路を採用して南下していた関羽や孔明と漢津(かんしん)で合流します。

その一団には、劉表の長男、劉琦(りゅうき)も含まれていました。

 

江夏城を持つ劉琦は、ひとまず夏口で戦線を立て直す事を進言し、

他にどうする事も出来ない劉備は、勧められるままに、

船で夏口に退却していくのです。

 

孔明は、この夏口から魯粛と共に長江を遡上して呉の都、

建業に出向く事になります。

 

関連記事:関羽は本当に忠義の士だったの?三国志のタブーに挑む!

関連記事:就職戦線異状だらけ!かなり大変だった三国志時代の就職

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

いかがだったでしょうか、ビジュアルで見ると、曹操がいきなり樊城と

目と鼻の先に出現して大慌てで逃げだす劉備の様子が見えるようですね。

関羽や孔明が漢水から南下して河伝いに江陵を目指したのも分りますし

最終的に夏口まで逃げた劉備が、孫権(そんけん)を頼りにしているという、

心の動きまで見えてくる感じがしませんか?

 

本日も三国志の話題をご馳走様・・

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司…
  2. 三国志の計略と孔明 諸葛亮が発明した三国志のミリ飯「博望鍋盔」を実食!
  3. 魔王曹操 【それは偏見!】偏ってしまった英雄曹操の実像
  4. 103話:黄忠・厳顔の老将コンビ大活躍|年寄りをなめるな!
  5. 暴れまわる異民族に困る梁習 羌族は何者?何度も反乱を起こし漢王朝のHPを削ったヒャッハー集団…
  6. 誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選…
  7. 【キングダム予想】王翦が昌平君にした頼みって何?
  8. 関帝廟 関羽 関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉禅と孔明
  2. 立花宗茂
  3. 徐庶
  4. 呉の孫堅
  5. kawausoとおとぼけ
  6. スピリチュアルにハマる光武帝
  7. 袁家をイジメる董卓

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.26「倒れない編集長」
  2. 邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?
  3. 陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の政治家
  4. 趙儼(ちょうげん)とはどんな人?三国志時代の調整力を備えた魏の文官
  5. 【三国志平話】俺って凄いだろ?赤壁の戦いで諸葛亮が嫌な人に変身
  6. 蜀は古代から独立王国だったって知ってた?

三國志雑学

  1. 酔いつぶれる劉備玄徳
  2. 逃げる劉備追う曹操
  3. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  4. 陸遜 剣と刀
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操女性の敵2 ゆるキャラ
  2. 大政奉還した徳川慶喜
  3. 幕末 帝国議会
  4. はじめての三国志

おすすめ記事

宋姫 大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢 夷陵の戦いで負ける劉備 天才軍師・諸葛亮孔明抜きの劉備はどこまで健闘できるの? はじめての三国志編集長kawauso kawauso編集長のぼやきVol.19「隠れ三国志ファン」 張遼・楽進・李典 楽進を見出した曹操の人物観察力がスゴイ!! 松平定敬とはどんな人?戊辰戦争から大河ドラマの演者まで紹介 豊臣秀吉 戦国時代2 秀吉のDIY?墨俣城(すのまたじょう)って本当に一夜で造られた? キレる息子孫権と頑固オヤジ張昭のケンカが激しすぎる

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP