広告募集
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての変

意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐統の容貌

この記事の所要時間: 313




孔明 龐統 軍師

 

三国志演義では、荊州の人物鑑定家の司馬徽(しばき)により、

天下の軍師、臥龍(ふくりゅう)と鳳雛(ほうすう)の一人として、

孔明と並ぶ軍師として劉備の配下になる、龐統士元(ほうとう・しげん)

しかし、長身で色白の美形として描かれる諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)

比較して、龐統は太った不細工な人間に描かれています。

では、実際の龐統は、不細工だったのでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




三国志、蜀志龐統伝には、容姿に関する記述は一つもない

龐統

 

太っていて酒飲みで不細工、動作の鈍い男というのが龐統のイメージですが、

実際に蜀志、龐統伝を調べると龐統の容姿に言及した部分は、

一つもありません。

つまり、龐統が不細工というのは演義のキャラクターづけであり、

細身の孔明と肥満した龐統という並びが対比としては、

最適であったという事なのでしょう。

 

ですが、龐統を不細工に描くヒントになったであろう記述は、

龐統伝から見出す事が出来ます。




若い頃はぼんやりして地味な性格と見られていた龐統

龐統 ゆるキャラ 三国志

 

龐統伝には、以下のような記述があります。

 

統字士元、襄陽人也 少時樸鈍、未有識者

 

この意味は、龐統は襄陽の出身だが、少年時代は、

鈍くて地味な性格で、故に誰も知る人がいなかったです。

 

つまり、若い頃の龐統は、ぼーっとした性格であるばかりか、

自分をPRする事もないので、名士の家系でありながら、

誰も知らなかったと書かれているのです。

 

それくらいなら、そういう地味な性格の人もいたんじゃないか?

と思うかも知れませんが、この時代は人を推挙する

人物鑑定人、今で言えばインフルエンサーが各地にいて、

当時の士大夫階級は、彼等と交流を求め、媚びを売り、

名を覚えてもらうのに躍起になっていました。

 

そうしないと役人として推挙されず、しかるべきポストにも就けず、

無職のまま人生を終わる可能性があったからです。

 

孔明

 

隆中のド田舎で隠者を気取る若き孔明だって、

襄陽の名士、黄承彦(こうしょうげん)の娘を娶り、

同郷人に羨望とやっかみ半分で、囃されているのです。

 

つまり、せっせと顔を売り人脈を造るのが当たり前の世界で

何もしない龐統は極めて異質でした。

 

この樸鈍という、少年時代の龐統の性質はどこか抜けた印象を生み、

自身を着飾らない態度は、ボロボロの着物を着たイメージを生み

演義に登場する、頭脳明晰だが、不細工で薄汚れた軍師龐統の姿に

発展していったのだと考えられます。

 

関連記事:許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー

関連記事:蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従の真実

 

実は孔明以上に名士だった龐統

龐統と的盧

 

三国志演義では、ずば抜けた知略を持ちながら、途中で死んだ事もあり

地味な役回りの龐統ですが、家柄では、孔明を上回っていました。

 

当時、荊州北部で随一の知名度を持っていた名士は、龐徳公(ほうとくこう)

という人物です。

この龐徳公から見て、龐統は甥であり、最初に龐統が世に出る機会を得た、

司馬徽(しばき)との会見も、18歳になっても何のPRもしない龐統に、

「このままではいかん、人物鑑定家の司馬徽に会って知遇を得よ」という

龐徳公の指示があったという事が襄陽記には出ています。

 

そもそも、人物鑑定家の司馬徽自身が、龐徳公の十歳下で、

彼を龐公と呼んで兄として敬っているのです。

 

龐統は、司馬徽に会っても、樹上で桑の葉を取る龐徳公に、

樹の下から話しかけて、夜に及んだというので、まあ、不躾な態度です。

しかし、兄弟子の龐徳公の甥である以上、どんなに不躾でも、

司馬徽が龐統を低く評価する事は無かったに違いありません。

 

実際、「龐統は荊州名士のトップたらん逸材」と褒めあげていますし・・

 

因みに孔明の姉(或いは妹)は、龐徳民の息子の龐山民(ほうさんみん)に嫁いでいます。

こうして見ても、名士ぶりでは龐統が孔明を凌駕しているのです。

 

裴松之(はいしょうし)の注釈によると、龐統を鳳雛、孔明を臥龍、

司馬徽を水鏡(すいきょう)とあだ名したのは、皆、龐徳公だそうです。

 

或る意味、全員、てめーの身内じゃねーか!

ひでーエコヒイキだなおい!

 

と突っ込むのは、野暮でしょうが、彼等の荊州での重んじられ方を見ると、

龐徳公の陰然たる影響力が分りますね。

 

関連記事:知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこっそり教えちゃいます!

関連記事:劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴

 

もし、龐統が長生きしていたら、孔明の丞相就任も危なかった?

龐統

 

このような龐統ですから、もし、落鳳坡(らくほうは)で死なずに生き残り、

そのまま劉備政権に残ったら、荊州閥の代表は龐統という事になり

馬良(ばりょう)や馬謖(ばしょく)も龐統側に立って、

劉備の死後の孔明の宰相就任は、かなり難しくなったかも知れません。

 

法正

 

そうでなくても、益州攻略の手柄が龐統にはあり、もちろん、

途中で戦死しなければ、孔明が荊州から呼ばれる事もなく、

腹黒さでシンパシーがある、法正(ほうせい)&龐統のタッグが成立し、

孔明は、益州に居場所がないという事態になった恐れもあります。

 

だとすると、あの場で龐統が死ぬのは、実は孔明にとって、

ライバルが消えたという事で、マイナスばかりでも無かった・・

真っ黒孔明の立場ではそういう事になりますね。

 

関連記事:的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死

関連記事:法正は名軍師だったの?性格が最悪な徳性なき蜀の天才参謀

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

三国志演義の龐統ブサイク演出は、実は変なねじれを起こしています。

人間を見た目ではなく、内面で判断する筈の劉備が、龐統の醜さに、

判断を誤り、小さな県に左遷するのに対し、悪役の曹操(そうそう)は、

赤壁で龐統を丁重に迎え入れ連環の計を喜んで受け入れているのです。

 

これでは、劉備は曹操よりも人の内面を見抜く力がない

という事になってしまい、演義の設定が矛盾してしまいますよね。

 

本日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

関連記事:なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

 

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小…
  2. 袁紹本初(えんしょう・ほんしょ)とはどんな人?曹操の最大のライバ…
  3. 曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編
  4. 袁渙(えんかん)とはどんな人?正史「三国志」に登場し曹操が涙を見…
  5. 桃園の誓いがなかったら劉備はどうなっていたの?
  6. 蜀が好きな皆さんへ!五分で分かる桃園の三兄弟の逸話を紹介
  7. 【シミルボン】兵士達の心のオアシス、軍市とはどんなモノだったの?…
  8. 寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志
  2. 豊臣秀頼(とよとみひでより)は本当に豊臣秀吉の息子なの?
  3. 【お知らせ】はじめての三国志が電子書籍レベール「桃園出版 三国舎」を設立
  4. 【衝撃の事実】実は三国志には桃園の誓いなんてものは無かった
  5. 【キングダム】残念!ファルファルおじさん騰 死亡のお知らせ
  6. 項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

ガシュガル・ホータン連合軍を率いて戦い続けた後漢の武将・班超 【春秋五覇の一人】穆公のおかげで後進国からのし上がった西の国・秦 56話:水鏡先生との出会い。劉備に足りない人材って誰の事? 【劉孫同盟誕生秘話】孫呉の内部は新劉備派と反劉備派に割れていた 妻が13人もいた曹操が一番愛した女性は誰だったの? まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ 【3分で分かる】和歌(わか)って何?ルールとかあるの? 諸葛孔明の影に隠れる劉備

おすすめ記事

  1. 46話:袁紹軍の審配、石弓隊で曹操軍を撃破
  2. 馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い
  3. 【真田丸】日本一の兵と称された真田幸村と魏の張遼、名将の類似点を紹介!
  4. はじめての三国志 4コマ劇場 「難攻不落の門」
  5. 赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜)
  6. 就職戦線異状だらけ!かなり大変だった三国志時代の就職
  7. 周瑜はどうやって時代を超越した軍師・魯粛を手に入れたの?
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/12〜12/18】

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP