【総集編】2016年一番可愛そうな武将まとめ20選




はじめての三国志

 

はじめての三国志よりありったけの愛と感謝を込めて…December!

いよいよ2016年も残すところあと4日ですね。

はじめての三国志も無事に2周年を迎えていよいよ3年目に突入します。

これも皆様がはじめての三国志に遊びにきてくれるおかげです。

はじめての三国志も毎日様々な歴史エンタメニュースを配信を続けて

気がつけば1600点以上の記事を掲載しており、記事数が多くてどれを読めばいいのか分からない…。

そんな方々のために、2016年1月1日〜2016年12月26日までに掲載されたコンテンツを中心に

12月30日の年末まで厳選してお届けしたいと思います。

 

2016年一番可愛そうな武将まとめ

 

第2弾は2016年に、はじめての三国志で掲載をした可哀想な武将をまとめてみました!

知らなくても、全然三国志を読むのに支障がない、そんな愛すべき、武将達をここで紹介致します。




2016年一番可愛そうな武将まとめ

朝まで三国志 董卓

 

・新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった

(掲載日:2016/1/3)

 

朱霊

 

・朱霊(しゅれい)とはどんな人?曹家に仕えて30年のベテラン将軍!実は魏の隠れ五大将軍だった

(掲載日:2016/2/10)

 

司馬師

 

・眼球が飛び出て死亡!強烈すぎる司馬師(しばし)のエピソード【はじさん臨終図巻】

(掲載日:2016/2/11)

 

陳登

 

・【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ちんとう)はじさん臨終図巻

(掲載日:2016/2/13)

 

 

朝まで三国志

 

・理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは?

(掲載日:2016/2/20)

 

曹植

 

・ギャップに驚き!禰衡だけでは無かった!Mr.天然、曹植の裸踊り

(掲載日:2016/2/23)

 

曹叡

 

・【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!?

(掲載日:2016/3/11)

 

五虎大将軍 趙雲

 

・これは不公平!趙雲が五虎将軍でドンケツの理由とは?格差の現実を徹底分析!

(掲載日:2016/3/14)

 

韓信と鍾離昧

 

・これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ

(掲載日:2016/3/26)

 

曹操 鶏肋

 

・楊修(ようしゅう)とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲劇の秀才

(掲載日:2016/3/31)

 

スキッパーキ

 

・【はじめてのスキッパーキ】どうして?スキッパーキのしっぽ(断尾)の話【第3話】

(掲載日:2016/4/1)

 

孫奉 孫奮

 

・理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう)

(掲載日:2016/5/12)

 

韓信 項羽

 

・もうやってられない! 三国志の時代ではどのような理由で主を変えてたの?

(掲載日:2016/5/23)

 

劉氏

 

・狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切り刻んだ劉氏の怨念

(掲載日:2016/7/18)

 

魯粛と周瑜が詐欺を決行

 

・ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる

(掲載日:2016/7/20)

 

%e7%84%a1%e8%83%bd%e3%81%a6%e3%82%99%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%8b%e3%81%a3%e3%81%9f%e5%b0%91%e5%b8%9d02-%e5%8a%89%e5%bc%81

 

・実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる

(掲載日:2016/11/1)

 

阿会喃(あかいなん)と孔明

 

・阿会喃、死んだらあかいなん!!孔明に裏切られた良い蛮族

(掲載日:2016/11/14)

 

郭嘉

 

・どうやったら郭嘉は長生きできたの?過労死で亡くなった天才軍師を救う方法を考えてみる

(掲載日:2016/11/23)

 

関興と張苞

 

・二世は辛いよ!やられキャラの張虎と楽綝の生涯を紹介!

(掲載日:2016/12/12)

 

孫夫人と趙雲

 

・趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に!

(掲載日:2016/12/22)




さいごに

はじめての三国志

 

いかがでしたか?

中には理不尽すぎて涙が出そうな人物から

董卓のように悪者扱いされて可哀想な武将など幅広く取り上げてみました。

明日も総集編は続きますのでお楽しみに。

それでは、また。




  • コメント: 0

関連記事

  1. 曹操と荀彧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP