ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
馬超


はじめての三国志

menu

はじめての変

どうして劉備は呂布を胡散臭いと思ったの?

劉備と呂布


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

朝まで三国志 劉備 呂布

 

宿敵・曹操(そうそう)とは別の意味で不倶戴天(ふぐたいてん)の仲である

劉備(りゅうび)呂布(りょふ)劉備からすれば呂布は、棚ボタで得られた

徐州牧(じょしゅうぼく)の地位を奪われた憎っくき相手でした。

 

呂布 あっけない 最後

 

事実、呂布曹操に捕まり、そこでも媚びだした時には、劉備呂布を罵倒して

呂布が縊り殺される切っ掛けを造っています。

しかし、劉備が最初から呂布を警戒していたわけでもない事もまた事実、

では、劉備はいつ、呂布を胡散臭いと思ったのでしょうか?

 

※こちらの記述は裴松之が引く王粲の英雄記に由来します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:呂布が董卓を暗殺した理由は長安遷都が原因だった!?


言っている事が一方的な呂布

呂布 最強 曹操

 

呂布が劉備を頼ったのは、西暦194年、兗州で張邈(ちょうばく)

陳宮(ちんきゅう)と蜂起して失敗し、一年以上、曹操と内戦をして

敗れて徐州に逃れた時でした。

 

呂布は普段の傲岸不遜な態度もなく、大人しく劉備に敬意を払うと、

いきなり自分の身の上話を切り出しました。

 

「いやぁ、劉将軍は辺境の出身だそうですな?奇遇な事に私もそうなのです

聞いてください、私は、かつて関東の諸侯が董卓を誅殺しようと軍を興すのを見ました。

なのに、後に私が董卓を誅して東に出たのに、関東の諸侯は誰一人として、

私を厚遇する者はなく、逆に殺そうとするばかりなのです」

 

こうして、呂布は同じく辺境出身という事で何とか同郷の情を得ようと

求め、かつ関東の諸侯をボロクソに貶す事で自分を保護してくれた

劉備を持ちあげようとしています。

 

ここで劉備は、呂布が一方的な事ばかり言っている事に気づきます。

この頃の劉備は傭兵隊長ではなく、一州の長ですから、黙っていても

呂布の情報は入ってくるからです。


初対面から馴れ馴れしい呂布

劉備と呂布

 

こうして一通りの挨拶をしてから、呂布は劉備を自身の帳(とばり)に入れ、

婦人の牀上(ベッド)に劉備を座らせて、婦人に挨拶をさせてから、

酒を注がせて接待をします。

 

そして、暫くすると劉備を弟と呼び身内のように馴れ馴れしくなりました。

劉備は、初対面にも関わらず、いやに馴れ馴れしい呂布に狡猾さを感じ、

表面上は呂布に合せて振る舞いましたが、内心、

「こいつは信用できないな・・」と不信感を持ちます。

 

さすがに苦労人の劉備は、人の表裏をイヤという程に見てきており、

調子の良い呂布の表面だけの馴れ馴れしさを見抜いたのです。


おべんちゃらの達人、呂布の言行録

表情 呂布

 

呂布は脳筋武将のように思われていますし、蒼天航路では寡黙というより

本能で動く野生児のような扱いですが、史実では口八丁の軽い男であり

騙されもしますが、それ以上に騙しています。

 

例えば、同じく裴松之が引く英雄記の記述によると、

呂布は張楊(ちょうよう)の所に厄介になりますが、その頃には、

李傕(りかく)郭汜(かくし)が呂布の首に懸賞金をかけている事が広く知られていて

張楊の部将が恩賞を当てにして呂布を殺そうと図り呂布はオチオチ寝てもいられません。

 

そこで、呂布が一計を案じて張楊に言うには・・

 

「私は君と同郷の人間だから、君にだけは教えよう・・

李傕郭汜は、私を殺したい程に憎んでいる、ボスの董卓の仇だからな。

だから、君の配下が私を殺して長安に送っても大した恩賞は貰えない。

一番いいのは、私を縛りあげて生きたまま長安に護送する事さ・・

李傕郭汜は大喜びで私を切り刻んで殺し、恨みを晴らし、

君にも、うんと恩賞を弾むだろう、いいかい?誰にも言うなよ。

これは、君が同郷人だから教えるんだぜ」

 

張楊はすっかり信用してしまい、ご丁寧に護衛をつけて部下から呂布を守り

長安に護送する手はずを整えていましたが、呂布はその隙に、

さっさと脱出してピンチを回避しました。

 

何とも見事な口八丁、史実の呂布はかなり頭の回転が速い

狡猾でズルイ男だったのです。


三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

呂布は調子の良いズルイ男ですが、その呂布に一番信用できないと罵られた男がいます。

曹操袁術(えんじゅつ)孫堅(そんけん)?いえいえ、他ならぬ劉備なのです。

多くの群雄に口八丁で挑んだ男が、一番信用できないと言ったのですから、

劉備の顔の皮の厚さは尋常ではない事が分ります。

 

劉備主役

 

つまり、胡散臭い劉備には、同じく胡散臭い呂布のヤバさが分ったのです。

そして口八丁で生き残る術においては、劉備は呂布を凌駕していたからこそ、

ついに乱世を生き残りベッドの上で死ねたと言えるのでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?

関連記事:こんな立派な悪党は藏覇(ぞうは)ぐらい!鬼神呂布に勝ち曹操を感激させた漢の生涯

 

【天下無双の豪傑・呂布の放浪記】
呂布

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 法正に敗れる夏侯淵 老黄忠に迫る!黄忠が夏侯淵を討ち取ったのは本当に法正のおかげ?
  2. 釣りをする太公望 びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望
  3. 陸遜 剣と刀 陸遜が馬超の軍師だったら天下統一も夢じゃない?
  4. 龐統 龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師
  5. 楚の旗と兵士 「楚」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  6. 荀彧(はじめての三国志) 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝…
  7. 劉備の黒歴史 【シミルボン】本当は凄い!黄巾賊を滅ぼし後漢を支えた三将軍とは?…
  8. 公孫サン(公孫瓚) 北方の雄・公孫瓚が滅びた原因は○○だ!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント
    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ste3643kgr4/hajimete-sangokushi.com/public_html/wp-content/themes/core_tcd027/comments.php on line 41
    (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 漢呂布の怒りを買う侯成(こうせい)
  2. 正妃 卞夫人
  3. 大政奉還した徳川慶喜
  4. 信長の野望・革新 with パワーアップキット
  5. 愛馬に乗る張遼
  6. 三国志 麻雀
  7. 羌瘣
  8. 曹植
  9. 後藤象二郎
  10. 荀彧

おすすめ記事

  1. 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた 華雄と呂布
  2. 【三国志演義】無能な劉備は知識人の理想の君主? 酔いつぶれる劉備玄徳
  3. 馬謖が山上に布陣しなければ第一次北伐は成功したの? 山頂に陣を敷いた馬謖
  4. 【センゴク】戦国時代を揺るがす本能寺の変。秀吉はこの事件のせいでショックを受けて腑抜けになった!? 織田信長
  5. 城濮の戦いとはどんな戦い?晋の文公が覇者たる地位を手に入れることになった戦い
  6. 曹彰(そうしょう)が曹操の後継者に選ばれる確率を求めてみた 曹彰

三國志雑学

  1. 遅れて来た孫権 英雄
  2. 夏侯惇と呂布
  3. 騎馬兵にあこがれる歩兵


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操と機密保持
  2. カール・マルクス
  3. 白馬寺(城)
  4. 明智光秀 麒麟がくる

おすすめ記事

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第9部 篤姫 篤姫はなぜ人気がある?大河ドラマヒットの法則 三国志の時代、一番本を持っていた武将は誰だったの? 孫権 魏延が仕えなかった孫権ってどんな性格をしていたの? 玉乗りをしている阿部正弘 阿部正弘とはどんな人?絶対倒れないヤジロベー政治家に迫る 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その9「江南動乱」 関羽が好きすぎる曹操 41話:いつかは去りゆくと知っていながら関羽を厚遇した曹操 幻のノーベル賞、山極勝三郎とはどんな人?【はじ三ヒストリア】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP