はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【ビジネス三国志】みんな真似で天下を取った!群雄に学ぶ生き残り戦術

この記事の所要時間: 245




 

私達は真似と言うと、猿真似、コピーのようにネガティブイメージを持ちます。

しかし、書道が名人の書を見て模倣して上達するように、すべて自己流よりも、

上手い人や才能がある人の真似をする方が成功の近道という事もあるのです。

三国志の時代でも、最期まで勝ち残る群雄達は、先の成功者を巧妙に真似しています。

今回は、そんな真似の実例を見てみましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは?




光武帝の戦略を真似て北方四州を制覇した袁紹

 

曹操(そうそう)と官渡の戦いを行い敗れた袁紹(えんしょう)ですが、彼には

無傷で手に入れた北方の四州があり兵力でも国力でもライバル曹操を圧倒していました。

そんな袁紹の戦略は、後漢を興した光武帝(こうぶてい)の戦い方を真似る事でした。

光武帝も混乱が続く、中央を避けて行司馬として北に逃れ、

ライバルの王郎(おうろう)等を撃破して北方を平定、

基盤を得てから兵をまとめて中原に攻め込んだので

ついに勝利したのです。

 

具体的に、このプランを進言したのは軍師の沮授(そじゅ)ですが、その下敷きには、

かつて、その方法を取って成功した光武帝の模倣がありました。

袁紹を倒した曹操は、さらに袁紹を模倣して北方の袁紹の残党を掃討する事に全力を使い、

ついに赤壁の戦いの前には、かつて袁紹が握ったのと同じ兵力と国力を手にする事に

成功したのです。

 

このように優れた人物は、必勝パターンを察知すると躊躇わずに真似て、

成功を掴んでいるのです。




諸葛亮孔明の天下三分も蒯通(かいつう)の真似だった

 

三国志演義では、起死回生の天下三分の策を劉備(りゅうび)に授ける天才軍師、

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)、彼のプランは、北に魏、南に呉、

西には劉備の蜀が割拠して、呉と蜀は絶えず連携を取って北の魏を牽制しつつ、

政変に乗じて蜀呉の連合軍で魏を滅ぼすというものでした。

 

よく出来ているように見える天下三分の計ですが、実は孔明より四百年前、

漢の大将軍、韓信(かんしん)に仕えた蒯通(かいつう)が提案したもので、

斉王になっていた韓信に独立を勧め、南の項羽(こうう)、西の劉邦(りゅうほう)が争い、

共倒れをする隙を狙って天下を狙えと説いています。

結局、韓信は自分を大将軍にしてくれた劉邦を信用し蒯通の策を使いませんでした。

しかし、孔明は、自分のプランを上手く劉備に伝えて、天下三分を実現したのです。

 

袁術を模倣して地方政権を樹立した孫権

 

孫権(そんけん)は、地味な呉政権を樹立し、三国の一角を担う活躍をしました。

後に皇帝に即位する孫権ですが、後漢の後継者を自称する蜀や後漢から

禅譲(ぜんじょう:平和裏に政権を譲り受ける)されたと主張する魏と違い、

これという王朝の正当性がない独自王朝でした。

 

しかし、そんな孫権にも模倣する相手がいました。

それが、197年に皇帝を自称して自滅してしまった袁術(えんじゅつ)です。

 

 

彼は、まだ後漢が存続している時代から独立して皇帝を自称し徐・揚州を抑えて

公然と仲王朝を名乗ろうとしますが、プランは失敗して没落、

最期は「は、はちみつ水飲みたい」と言い残し無残な最期を遂げます。

 

孫権は幼少の頃から、兄、孫策(そんさく)と袁術のやりようを見ていて、

あえて帝位は名乗らぬまでも、地方で独立政権を維持し、魏の脅威が薄れて、

蜀との同盟が強固になった隙を突いて西暦229年に帝位に就きます。

 

これこそ、本来袁術がやりたかった方法であり、孫権は袁術の方法を模倣し、

悪い点を省いて、ついに成功させた人物なのです。

 

ビジネス三国志ライターkawausoの独り言

 

調理入らずで、お湯をかけるだけで手軽に食べられるとして大人気を博した、

袋入りのチキンラーメンですが、日本では大ブームになったものの、

ドンブリを使う文化がない欧米では今一つでした。

しかし、欧米人が袋ラーメンをマグカップに入れて食べるのを見てカップラーメンを

生み出した日清は、袋ラーメン以上の大ヒットを飛ばしました。

 

これこそ袋ラーメンを真似つつ、カップという独創を加えたアイデア勝利です。

チャンスとは、このように模倣の先にも転がっているものなのです。

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【シミルボン】本当は凄い!黄巾賊を滅ぼし後漢を支えた三将軍とは?…
  2. 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる
  3. はじ三の生き字引!kawausoが読者の疑問に答えます
  4. 袁渙(えんかん)とはどんな人?正史「三国志」に登場し曹操が涙を見…
  5. 三国志の時代にも可愛い巫女が存在した!?李傕や劉禅もハマった巫女…
  6. 【実録】今川義元にいじめられ続けた井伊家と松平家
  7. 鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性
  8. 13話:霊帝の後継者争い、劉協と劉弁、二人の皇子を巡り蹇碵と何進…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【刀匠干将・莫耶】二人が作った剣、実は三国志にも関わり合いがあった!
  2. 武田信玄の最強の敵!?武田家を揺るがす大事件を勃発させた武田義信
  3. 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将
  4. 【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない
  5. 趙雲ってどんな人?|投票ランキング1位の理由
  6. 劉備の蜀攻略戦で活躍したのは武将ばかりではなく、みんな知っている○○があったから

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

神回『犬伏の別れ』の裏側、真田丸と韓信には深い関係性があった 武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物 嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせる 屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達? 【ネオ三国志】第3話:徐州の牧・劉備と兗州の騒乱 【男の嫉妬は怖すぎる】スーパーエリート袁術 VS スター劉繇(りゅうよう) 【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎 陳登(ちんとう)とはどんな人?劉備や曹操に認められた大才の持ち主

おすすめ記事

  1. 【コラボ企画】はじめての三国志 x レキシズル 3月25日開催決定
  2. 情報も貴重な戦力!天候は戦場の勝敗の行方を左右する天候事情
  3. 中国古代四大美人のひとり貂蝉はどうやって生まれたの?
  4. 曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんなの?
  5. 三国志演義に登場する兵器
  6. 後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?
  7. 周宣(しゅうせん)とはどんな人?夢を占わせれば、九割の精度を誇った魏の夢占い師
  8. 120話:司馬懿失脚の隙を狙い孔明は北伐に踏み切る

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP