編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【ビジネス三国志】みんな真似で天下を取った!群雄に学ぶ生き残り戦術

この記事の所要時間: 245




 

私達は真似と言うと、猿真似、コピーのようにネガティブイメージを持ちます。

しかし、書道が名人の書を見て模倣して上達するように、すべて自己流よりも、

上手い人や才能がある人の真似をする方が成功の近道という事もあるのです。

三国志の時代でも、最期まで勝ち残る群雄達は、先の成功者を巧妙に真似しています。

今回は、そんな真似の実例を見てみましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは?




光武帝の戦略を真似て北方四州を制覇した袁紹

 

曹操(そうそう)と官渡の戦いを行い敗れた袁紹(えんしょう)ですが、彼には

無傷で手に入れた北方の四州があり兵力でも国力でもライバル曹操を圧倒していました。

そんな袁紹の戦略は、後漢を興した光武帝(こうぶてい)の戦い方を真似る事でした。

光武帝も混乱が続く、中央を避けて行司馬として北に逃れ、

ライバルの王郎(おうろう)等を撃破して北方を平定、

基盤を得てから兵をまとめて中原に攻め込んだので

ついに勝利したのです。

 

具体的に、このプランを進言したのは軍師の沮授(そじゅ)ですが、その下敷きには、

かつて、その方法を取って成功した光武帝の模倣がありました。

袁紹を倒した曹操は、さらに袁紹を模倣して北方の袁紹の残党を掃討する事に全力を使い、

ついに赤壁の戦いの前には、かつて袁紹が握ったのと同じ兵力と国力を手にする事に

成功したのです。

 

このように優れた人物は、必勝パターンを察知すると躊躇わずに真似て、

成功を掴んでいるのです。




諸葛亮孔明の天下三分も蒯通(かいつう)の真似だった

 

三国志演義では、起死回生の天下三分の策を劉備(りゅうび)に授ける天才軍師、

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)、彼のプランは、北に魏、南に呉、

西には劉備の蜀が割拠して、呉と蜀は絶えず連携を取って北の魏を牽制しつつ、

政変に乗じて蜀呉の連合軍で魏を滅ぼすというものでした。

 

よく出来ているように見える天下三分の計ですが、実は孔明より四百年前、

漢の大将軍、韓信(かんしん)に仕えた蒯通(かいつう)が提案したもので、

斉王になっていた韓信に独立を勧め、南の項羽(こうう)、西の劉邦(りゅうほう)が争い、

共倒れをする隙を狙って天下を狙えと説いています。

結局、韓信は自分を大将軍にしてくれた劉邦を信用し蒯通の策を使いませんでした。

しかし、孔明は、自分のプランを上手く劉備に伝えて、天下三分を実現したのです。

 

袁術を模倣して地方政権を樹立した孫権

 

孫権(そんけん)は、地味な呉政権を樹立し、三国の一角を担う活躍をしました。

後に皇帝に即位する孫権ですが、後漢の後継者を自称する蜀や後漢から

禅譲(ぜんじょう:平和裏に政権を譲り受ける)されたと主張する魏と違い、

これという王朝の正当性がない独自王朝でした。

 

しかし、そんな孫権にも模倣する相手がいました。

それが、197年に皇帝を自称して自滅してしまった袁術(えんじゅつ)です。

 

 

彼は、まだ後漢が存続している時代から独立して皇帝を自称し徐・揚州を抑えて

公然と仲王朝を名乗ろうとしますが、プランは失敗して没落、

最期は「は、はちみつ水飲みたい」と言い残し無残な最期を遂げます。

 

孫権は幼少の頃から、兄、孫策(そんさく)と袁術のやりようを見ていて、

あえて帝位は名乗らぬまでも、地方で独立政権を維持し、魏の脅威が薄れて、

蜀との同盟が強固になった隙を突いて西暦229年に帝位に就きます。

 

これこそ、本来袁術がやりたかった方法であり、孫権は袁術の方法を模倣し、

悪い点を省いて、ついに成功させた人物なのです。

 

ビジネス三国志ライターkawausoの独り言

 

調理入らずで、お湯をかけるだけで手軽に食べられるとして大人気を博した、

袋入りのチキンラーメンですが、日本では大ブームになったものの、

ドンブリを使う文化がない欧米では今一つでした。

しかし、欧米人が袋ラーメンをマグカップに入れて食べるのを見てカップラーメンを

生み出した日清は、袋ラーメン以上の大ヒットを飛ばしました。

 

これこそ袋ラーメンを真似つつ、カップという独創を加えたアイデア勝利です。

チャンスとは、このように模倣の先にも転がっているものなのです。

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 賈逵(かき)ってどんな人?地味で目立たないが、居ないと困る魏の将…
  2. 【はじめての孫子】第7回:凡そ戦いは、正を以て合い、奇を以て勝つ…
  3. 貴族はみんな兄弟げんかをする!袁紹VS袁術、曹丕VS曹植,孫和V…
  4. 龐統の死後、その一族はどうなったの?魏に降った一族たちの数奇な運…
  5. 五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介
  6. 『三国志』人気を数字から考えてみる
  7. 孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!
  8. 三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 漫画「センゴク」と「史実」から見る姉川の合戦
  2. 【結構苦労が多いんです】三国志時代の転職事情が想像以上に複雑だった
  3. 10話:実は、最初から作戦に失敗していた黄巾賊
  4. 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断
  5. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【反逆編】
  6. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – あなたの心の中にも袁術が住んでいる 【完003】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しちゃうよ? 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.1 曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった? 顧夫人とはどんな人?小覇王・孫策の娘の謎に満ちた生涯 新制度導入はこんなに大変!胡服騎射を導入するために苦労を重ねた武霊王 超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩とは! 【キングダムに描かれない】秦の時代の貧困のリアルを追ってみる 趙達(ちょうたつ)とはどんな人?サイババか!?三国志に現れた天才占い師

おすすめ記事

  1. 秀吉の下に天下を代表する軍師が揃うきっかけってなに?
  2. 三国志の著者・陳寿のミステリー 後編:三国志はどうやって完成したの?
  3. 【日中変人学者対決】孔融VS藤原頼長
  4. 村上義清(むらかみよしきよ)とはどんな人?武田家キラーとしてその名を馳せた戦国武将
  5. 赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!?
  6. 【戦国四君にまつわる逸話】趙の貴公子・平原君って人を見る目がなかった?
  7. 死刑か肉刑か?魏の宮廷を二分した刑罰論争
  8. 94話:成都を陥落させ李厳を得る劉備軍

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP