広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】

この記事の所要時間: 224




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・不可能を可能にする」のコーナーです。

 

 

今回からあの「袁術(えんじゅつ)」が群雄割拠する三国志の時代に

頂点を極めるための作戦会議を行っていきたいと思います。

袁術は名門・袁氏の出身です。エリート中のエリートです。

バックボーンがあるだけに天下統一は実現可能なはずです。問題は手段なのです。

ちなみに袁術は西暦199年6月に病死しますが、

それは自己破産した社長の夜逃げしていた精神状態と同じだったからです。

経営が上手くいっていれば、袁術にかかるストレスも少なく、体調を壊すこともなかったでしょう。

要するに西暦199年以降も長生きできることを前提にして作戦会議を行いましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!




どのあたりから考えていくのか

 

といっても、袁術が幼少の頃から振り返っていても話が長くなるので、

西暦194年あたりから考えていきたいと思います。

それ以前の袁術の様子について少し触れていきましょう。

南陽郡に本拠地を置いていた袁術は、西暦193年に兗州の曹操を攻めます。

名目上では袁術は朝廷から正式に任命された兗州刺史を伴っていたので、

敵対勢力である曹操を追い出すためでした。

匤亭の戦いです。袁術&公孫瓚&陶謙(&劉備)VS曹操&袁紹&劉表という構図でした。

袁術連合軍は大敗し、退路を劉表に断たれて、揚州に落ち延びます。

そして寿春を新たな本拠地とするのです。

西暦194年の勢力図としては、

幽州に公孫瓚、徐州に陶謙がいて揚州の北(寿春)袁術と結んでいます。

幽州の南・冀州には袁紹、徐州の隣の兗州には曹操、

揚州の隣の荊州には劉表がいて、袁術に対抗して手を結んでいます。




西暦194年、その他の勢力や人材

 

ちなみに西暦193年4月からは曹操が徐州に攻め込み虐殺を続けています。

公孫瓚も袁紹が皇帝に擁立しようとした幽州の劉虞を攻めて滅ぼしています。

長安は李傕・郭汜ら董卓の残党が支配していて、

革命を起こして董卓を討った呂布は東に逃亡している状態です。

劉備は陶謙のもとにいます。

徐州に移り住んでいた孫策はこの年に袁術に仕官しています。

青州には孔融がおり、揚州の南には朝廷から正式に刺史に任命されている劉繇がいます。

豫州はがら空きの状態でしょうか(この刺史の座を巡って袁術と袁紹は争いました)。

司隷の河内には袁紹の支配下にある張楊がいます。

西は益州に劉焉(この年に病死しますが)、漢中に張魯、涼州には馬騰や韓遂がいました。

中華全土の群雄たちはこんな感じです。

力をつけてきたのは黄巾の残党を倒して兵力を増大している曹操でしょうか。

しかし本拠地の兗州は夏候惇や荀彧、盟友である張邈に任せて、曹操の姿は徐州の戦場にありました。

 

袁術は刺史や牧ではない左将軍

 

他の群雄らが太守や刺史、牧であったのに対し、袁術は左将軍です。

これは長安にある朝廷を押さえた李傕が、袁術と誼を結ぶためによこしてきた官位ではあります。

李傕は車騎将軍、郭汜は後将軍、樊調が右将軍、

張済が鎮東将軍といった具合ですから、

朝廷の他に長安や弘農を支配していた董卓の残党とほぼ同格の扱いということになります。

出世争いだけを考えたら袁術は他の群雄よりも一歩リードしていることになるのです。

袁術は揚州の牧に陳瑀という男を勝手に就任させていたといわれています。

左将軍の位にいるということは州刺史や州牧より上の立場ということですね。

この辺りのアドバンテージもうまく利用していきたいです。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

さて、状況はだいたいお伝えしましたので、

果たしてこれから袁術がどのような政治をしていけば天下統一できたのか考えていきたいと思います。

袁術は、なかなかいい位置に今はいるということは把握しておいてください。

それではこの続きは第2回の作戦会議になります。

 

皆さんも考えてみてくださいね。

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

次回記事:袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第2回】

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 思わずホロリ!曹丕の妻・甄氏(しんし)の人情に訴え掛ける名エピソ…
  2. え!そんな理由なの?丁儀は曹丕に馬鹿にされたから曹植を応援した?…
  3. 【赤壁の戦い】なぜ曹操は天下分け目の大戦に負けたの?
  4. 三国志演義に登場する兵器
  5. 三国志平話って何?三国志演義の元ネタ
  6. 鮑信(ほうしん)とはどんな人?自らの命を犠牲にして曹操を助けた曹…
  7. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その3
  8. 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)
  2. 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗
  3. 強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致
  4. 賈詡に学ぶベストな転職の方法
  5. 【3分で分かる】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の華麗な生涯
  6. 【ビジネス三国志】孔明の大逆転!既成概念を破壊してチャンスを掴め

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【はじさん書評倶楽部】堀江貴文「多動力」を読む 三国志に出てくる羌族ってどんな民族? 【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だったの? 誘引の計にかかった関羽、ブチ切れる。 とっても地味な孫権の息子達7名を一挙紹介 【はじ三の企画ができるまで〜制作の裏側少しだけ公開】 東方明珠のへなちょこ長江旅行記 その3 三国志の時代に活躍した兵士の逸話

おすすめ記事

  1. 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!
  2. 後漢の時代のお金の常識に迫る!当時の金融はどんなモノだったの?
  3. オルド将軍は実在するの?やっぱり最期は龐煖にバッサリ?
  4. 郭嘉の先見の明が凄すぎる!?孫策が暗殺されることを予想して進言した天才軍師
  5. 長坂の戦いはどんな戦いだったの?史実をもとに地図を使い徹底解説!
  6. 春秋戦国時代初期の名軍師・范蠡の名言:狡兎死して走狗煮らる
  7. 『はじめての三国志』の楽しみ方~その1
  8. 黄巾賊より多い黒山賊100万を率いた張燕(ちょうえん)

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP