架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

執筆者:ろひもと理穂

【最終回 幻想少女】ここまで攻略プレイした感想を正直にお伝えします

この記事の所要時間: 417




 

【始皇帝の恐れた七巻の天書。五巻は燃やされ、二巻は逃れた。兵法と術法の天書である】

と、いうことで始まりました新三国志ゲーム「幻想少女」のプレイ中継もこれで最終回です。

実況は「はじめての三国志」でおなじみの自称三国志マニア

「ろひもと理穂」がお送りさせていただいております。

 

 

いやー、毎回お付き合いいただいてありがとうございます。

ついに、これで最後のプレイ中継になってしまいました。

今回はここまでプレイしてきた「幻想少女」の総括をしていきつつ、

今後の期待についてお話をしていきます。

 

前回記事:【第1回 幻想少女】衝撃の三国志が誕生!これぞ三国志革命だ!!

前回記事:【第2回 幻想少女】我が陣営のエース・関羽雲長を紹介します!

前回記事:【第3回 幻想少女】驚愕の事実発覚!三国志フレンドが私にはいなかった!【ネタバレ注意】

前回記事:【第4回 幻想少女】凌統が外される!?強力なイケメン武将がレギュラー入り!!

前回記事:【第5回 幻想少女】ついに董卓との決戦!みんな大好き・袁術様も登場だ!!

前回記事:【第6回 幻想少女】次なる相手は曹操か?まだ見ぬ曹操の姿に期待大!

前回記事:【第7回 幻想少女】強敵続出!ろひもと理穂は曹操に会えたのか!?

前回記事:【第8回 幻想少女】難攻不落の第十章攻略が面白い!はまってきました♪

前回記事:【第9回 幻想少女】曹操に会うためには宿敵・賈詡を倒すしかない!!

前回記事:【第10回 幻想少女】天敵・趙雲攻略が見えた。エース貂蝉の活躍(ネタばれ注意!)

 

ダウンロードはコチラはこちら

RPGのゲームとしてどうなのか

 

キャラを育成するゲームとしての視点です。

○他の武将を合成することでレベルアップする機能は一般的ですが、

かなり易しくレベルアップできるのはプレイしやすいです。

限界突破すると武将はどんどん強くなるのですが、

そのための時間と必要な素材などが膨大に必要になります。

そこに時間をかけないとストーリーモードも進められず、

他のユーザーにも勝てないのがツライ。

 

○★3つや★4つの武将も育てて限界突破していけば、それなりに戦力になるのは嬉しいですね。

さらにいろいろな武将が登場するとそれぞれのユーザーによって

起用するキャラにばらつきが出てくるのでしょう。

 

○レベルアップや限界突破をすると、

能力値だけでなくスキルの効果も上がっていくので強くなっていることを実感できます。

ただ、毎回同じスキルが発動されるのでややマンネリ化。

何度かに一度はレアなスキルが発動してくれるとドキドキ感があるのですが。

 

○アイテムの強化も簡単にできるので、アイテムも「育てる」という感覚があり良かった。

 

○ダンジョンやイベント、遠征などと、

お金、アイテムの収集の仕方がたくさんあり楽しかったですね。

 

時間はかかりますが「貂蝉」「大喬」あたりの武将は

限界突破しやすくイベントが設定されていて助かりました。

自分的には、最後まで使い続けましたが主役「貪狼」が

もう少し強いキャラでも良かったかなと思いますね。

スキルの威力が他の武将に比べてちょっと弱い気が・・・

(それでも愛着が出てきてメンバーから外せない)。

 

 

つばさをどの武将に付けるのかも大事な選択ですね。

私は主役にしか付けませんでしたが。

 

 

陣形は結局「基本形」しか登場しませんでしたが今後いろいろ開発されるのかな。

 

ダウンロードはコチラはこちら

 

SNSのゲームとしてどうなのか

 

ネット環境の整っているゲームの醍醐味は

やっぱり他のユーザーとの対戦や協力システムでしょう。

 

○「闘技場」は全国順位もわかりやすく面白かったですね。

この武将がいるパーティーを攻略するにはこの武将、

とか皆さん工夫しながらプレイしていたんでしょうね。

私は常に同じメンバーだったので戦い方に幅がなかったです。

○「ギルド」は正直言ってよく掴めませんでした。

攻城戦のイベントがシュミレーションゲームっぽくて面白そうだったのですが、

ほとんど参加できなかったんです。

理由はマスターがぜんぜんログインしなくなったからです。

そんなときのために「弾劾」のシステムがあります。

マスターが長期ログインしない状態だと、弾劾して自分がマスターになれるのです。

私は勝手にマスターになってしまいました。

これからは頻繁に攻城戦のイベントに参加できますね。

マスターや副マスターが攻める城などを選べるようなので、盛り上がるのはこれからでしょう。

メンバーも募集中です!毎日ログインして、楽しんでいるユーザーにたくさん来てほしいですね。

 

 

マスターになると副マスターも任命できるようになります。

 

 

ずっと開放されていなかった第三章のギルドボスをマスターになったので開放。

これをするためにマスターになったようなものです。

実際に戦ってみると・・・

 

 

鬼のような強さで瞬殺されてしまいました。

このボスを倒すのはみんなの協力が必要ですね。

援軍としては一騎当千の女の子「孫策」が効果的です。

スキルが発動するとダメージ無効状態になり、そのダメージを蓄積して相手に与えることができます。

私の陣営で、ある程度まで生き残れるのはレベル65の貂蝉くらいですね。




三国志の世界観はどうだったのか

 

ここからが本題なのですが、

このゲームが三国志の「正史」寄りか「三国志演義」寄りかが気になったりもしたのですが、

ほとんど関係ないです。

オリジナルストーリーという感じで割り切ったほうがいいと思います。

「張飛」がロボットだったり、

衝撃的な設定がありましたが

(細かい部分の驚きの設定は自分でプレイして確認してみてください。多々あります)

仮想ゲームとしてはとても斬新で楽しめました。

三国志をまだ知らない人たちの入り口としてもとても期待ができますね。

ここから三国志に興味を持って正史や三国志演義などを読んでくれると嬉しいです。

案外、張飛がロボットではないことに逆に驚くかもしれません(え!?貂蝉戦わないの!?とか)

 

 

貂蝉をついにMAXまで成長させる寸前まできました。

500万円あればレベル70になるのですが・・・。




三国志のゲームとしてどうだったのか

 

実際にまだ登場していないキャラがいて気になりますね。

1番見たかったのはやっぱり何度も話題にあげていた曹操でしょうか(結局会えずじまい・・・)。

曹操のアニメーションの映像も気になりますし、スキルがどんな感じになるのかも興味がありますね。

こちらの想像をいい意味で裏切ってくれるゲームですからね

(死神みたいなのを操るスキルとか、分身とかあります)。

曹操以外では、弓系の武将になるだろう「黄忠」や「夏侯淵」、

「太史慈」あたりの登場も今後の楽しみです。

蜀の武将で揃えるとコンボ発生!とか能力値アップ!とか欲しい。

劉備、関羽、張飛が揃うと凄い合体スキルとか発動して欲しい。

呂布と貂蝉が対戦したら呂布がめちゃめちゃ弱くなって欲しい。

とか勝手な要望がどんどんでてきますね。

 

 

「神・孫堅」をゲットできませんでしたが援軍には来てくれました。

しかし「神・姜維」は見れず・・・残念!

 

幻想少女の攻略記事のまとめ

 

三国志といってももっぱら読書ばかりの私としては、

やっぱり三国志のキャラが動いて、声を出してくれるのは躍動感があって嬉しいですね。

二頭身キャラも可愛かった。

イケメンキャラはかっこよかったし(趙雲が強すぎて、やや趙雲恐怖症になっていますが)、

女の子キャラはみんな可愛かったですね。

さすがは幻想少女。一番のお勧めは貂蝉です。

(ずっと一緒に戦っていると気持ちが入りますね)

このキャラ設定でぜひ人気投票をやってみてほしいですね。

まだまだ登場していないキャラがいるし、発展していくシステムがあるので、

きっともっと面白くなってくれることでしょう。

 

 

ちなみにこれが私の陣営です。

「凌統」を入れたり外したりした以外はずっとこのメンバーでしたね。

自分的には関羽のスキルが一番好きだったな

(オーソドックスな全体攻撃でしたが、それが決まった瞬間が気持ちいい)

 

私もまだまだこの「幻想少女」というゲームをやりこみたいですし、

さらにどう面白くなっていくのか興味津々です。

きっと皆さんと会うことがあるでしょう(闘技場とか、ギルドとか)ぜひ仲良くしてやってください。

(その時には主役が外れているかもしれませんが・・・)

幻想少女のゲーム中継はここで終了ですが、

「はじめての三国志」のお話は今後も紹介していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

(こんなゲームの中継をしてほしい!という要望がありましたら、はじめての三国志のアンケートまで)

 

アンケートはこちら

 

ダウンロードはコチラはこちら




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 策で生き続けた賈詡は最終的にどこまで出世したの?
  2. 2分で分かる合肥の戦い その2 孫権の度胸の良さとは!?
  3. 【軍師連盟】司馬懿は軍師?それとも将軍?司馬懿は武将として出世し…
  4. 王元姫(おうげんき)とはどんな人?司馬昭の妻となる道理を重んじる…
  5. 三国志の結末(最後)ってどうなるの?
  6. 呉と倭は外交交渉をしていたの?日本を目指した衛温と諸葛直
  7. 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第4回】
  8. 天才軍師・諸葛亮孔明抜きの劉備はどこまで健闘できるの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/31〜11/6】
  3. 72話:劉琦の恩返し、劉備江夏城へ入る
  4. 「わしの樊噲じゃ」盗賊達を震え上がらせ、曹操の命を救った許褚の武勇とは?
  5. 地味だけど超大事!三国志の時代の食糧貯蔵庫とはどんなもの?
  6. 漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介! 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占いと衰退した理由 三国志時代の軍備・軍事ってどんなのがあるの? 孫策が生きていたら三国志はどうなったの? 鄒忌(すうき)とはどんな人?ある楽器の腕前で宰相まで成り上がった斉のナルシスト宰相 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/3〜4/10】 【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!

おすすめ記事

  1. 2分で分かる合肥の戦い その1 はじまりの裏側
  2. 合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは?
  3. 呉起(ごき)とはどんな人?各国を渡り鳥のように移った天才兵法家
  4. ゴルゴ13もびっくり!三国志のスナイパー武将・龐徳・太史慈・呂布
  5. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチが作ったものだった!?(HMR)
  6. 陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の政治家
  7. そうか!曹叡が豹変したのは、孔明が死んだからではなかった!
  8. 【センゴク祭り】織田家のトップに就任してから9年の歳月をかけた尾張統一

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP