【楚漢戦争】劉邦をイジメ、苦しめた、いじめっ子雍歯(ようし)


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

中国史最強の武将、項羽(こうう)を滅ぼし、漢の400年の天下を樹立した劉邦。

これを見ると劉邦(りゅうほう)は、昔から豪放磊落で親分肌の人物に見えますが、

実は、無名時代の劉邦をイジメて苦しめ、強い恨みを買った人がいました。

それが、天下のイジメっ子雍歯(ようし)です。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!


沛の実力者の息子、雍歯、無名の劉邦をいじめる

 

雍歯は劉邦の出身地の豊(ほう)に近い、沛(はい)の出身でしたが、

無一文の劉邦と違い実家は沛の豪族でした。

任侠の親分であった王陵(おうりょう)とも仲が良く王陵の子分だった劉邦を

何が気に食わないのか、度々イジメて喜んでいたようです。

 

この事で、劉邦は雍歯を苦手としており、同時に恨みを持っていました。

しかし、劉邦が沛から人夫を引き連れて、始皇帝の驪山陵の工事に向かい

途中で人夫に逃げられた事で開き直り山賊になってから、

二人の運命が変化する事になりました。


沛公となった劉邦に故郷 豊を任されるが・・

 

紀元前209年、劉邦と同じく、人夫を引率していた陳勝(ちんしょう)

長雨による洪水で河を渡る事が出来ず、期日通りに到着できない状況に陥りました。

こんな自然災害でも、秦の法律では引率者は死刑でしたので、バカバカしくなった

陳勝は、どうせ死ぬなら、暴れるだけ暴れて死んでやると友達の呉広(ごこう)と共に、

1000人の人夫と蜂起、それがどんどん大きくなり、100万という大軍になります。

これが中国史上最初の農民反乱、陳勝・呉広の乱になり秦の支配は大きく揺らぐのです。

 

沛の県令は、頼りにならない秦の援軍を待つより、陳勝に付こうと決意しますが、

部下の䔥何(しょうか)などの勧めもあり、地元で顔の広い山賊の劉邦を

沛に引き入れようと決意します。

途中で県令は心変わりしますが、すでに沛の人心を掴んでいた䔥何と

曹参(そうしん)により県令は民衆に殺され、劉邦は沛に入城して沛公になります。

ここで、雍歯は否応なく、イジメていた劉邦の部下になりました。

 

劉邦は雍歯に故郷の豊を任せるなど厚遇して度量のある事を見せます。

しかし、雍歯は内心、劉邦の下につくことを嫌がっていたので、

陳勝が派遣した将軍、周市(しゅうふつ)が降伏するように勧告すると、

豊の民衆を説得して、陳勝軍に付いて、劉邦を裏切ったのです。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

激怒した劉邦が豊を攻めるが雍歯に勝てず・・

 

劉邦は信じていた雍歯に裏切られた事で激怒します。

雍歯もそうですが、故郷の豊の人民が自分を裏切った事も衝撃でした。

悔し涙を流し、すぐに沛から軍を出して豊を攻めますが、

雍歯は戦が上手であり、幾ら頑張っても豊を陥落させる事が出来ません。

ようやく、秦嘉(しんか)によって擁立された景駒(けいく)の援助を受けて

勢力を拡大させた劉邦は豊を陥落させますが、雍歯は殺される事を恐れて

逃亡した後でした。


雍歯は武臣、陳余に仕え、また劉邦に降伏する

 

その後、雍歯は陳勝軍の武臣(ぶしん)に仕え、さらに武臣の死後には、

張耳(ちょうじ)陳余(ちんよ)に仕え、両者が仲違いすると陳余に付きます。

その陳余も、趙王として君臨していた頃、漢軍の大元帥、韓信(かんしん)による

背水の陣で敗れてしまい、処刑されてしまいました。

 

行くところが無くなった雍歯は降伏し、しれっと韓信の配下になります。

劉邦は怒り心頭でしたが、降伏した者を殺しては、他所者揃いの漢軍の

将兵に動揺が走りかねない事、また、雍歯が奮戦して手柄を立てた事から

処刑する口実がなく、渋々我慢しました。

 

関連記事:韓信が井陘口の戦いで使ったのは背水の陣だけではなかった!

関連記事:蕭何はなんで仲が悪かった曹参を後継者に任命したの?

 

劉邦 怒りを堪えて雍歯を列侯に封じる

 

やがて劉邦は宿敵の項羽を破り、紀元前202年に漢を建国します。

しかし、特に際立った功績を挙げた二十人を列侯に封じた所で、

論功行賞は大揉めに揉めてしまいます。

個性の強い、漢の将軍達は俺が一番を譲らず順番がつけられないのです。

そんなこんなで恩賞が決まらないので、劉邦の部下の間で不安が広がり

いっそ反乱を起こして、漢の天下をひっくり返そうと密談する部下が

出現していました。

 

張良(ちょうりょう)がその事を劉邦に告げると、

劉邦はいつもと同じく名案が浮かばず、

オロオロし、どうすればいいだろうとアドバイスを求めます。

 

すると張良は、

「陛下が普段、毛虫のように嫌っている将軍は誰ですか?

その男を列侯に封じれば、諸将の不満はきっと収まるでしょう」と回答。

 

そんな相手は考えるまでもなく、イジメっ子雍歯しかいませんでした。

劉邦は死ぬほど嫌でしたが、思い切り、什方(じゅうほう)侯(2,500戸)に封じます。

すると恩賞が決定しない事に不満を持っていた諸将も、

「毛虫のように嫌われている雍歯でさえ2500戸も貰えるのだ、

我々にだって貰えるに違いない」と安心し不満は消えたそうです。

 

イジメっ子雍歯は、最期の最期で、群臣の不満を解消してみせて、

劉邦の役に立った事になるのです。


  

 

楚漢戦争ライター kawausoの独り言

 

あの劉邦に苦手なイジメっ子がいたなんて意外な話ですね。

しかし、そんなイジメっ子でも、私情を捨てて、功績で評価した劉邦は

やはり天下を取る度量があると言えるでしょう。

ちなみに劉邦が天下を取った後、沛は劉邦が挙兵した土地として、

免税措置が取られましたが、出身地の豊は裏切ったという理由で、

何の特典もありませんでした。

ですが、雍歯を許した手前、豊だけ何もしないわけにもいかず

豊も沛と並んで免税措置が取られるようになったそうです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦

関連記事:樊噲(はんかい)とはどんな人?肉屋の主人から劉邦の親衛隊隊長として楚漢戦争を戦い抜いた豪傑

 

-古代中国の暮らしぶりがよくわかる-

 


 

関連記事

  1. 雨の中進軍する曹真
  2. はじめての変

    朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第6部

    朝まで三国志に登場後、延々と眠り続けた三国…

  3. 幕末 西郷糸子
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 馬謖を斬り悲しむ孔明
  6. 曹仁 三国志 ゆるキャラ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP