陸遜はイケメンだった?三國無双でも人気武将にランクインされてる理由


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

陸遜(りくそん)といえば「火計」を用いて、

劉備(りゅうび)が率いる蜀の主力を撃退した「夷陵の戦い」が有名です。

そのイメージが強いからなのか、

三國無双シリーズでの陸遜のコスチュームは基本的に真っ赤です。

表情は爽やかで、知性を感じさせるイケメンぶりですね。

やはり「陸遜=イケメン」というのが三国志の共通認識でしょうか。

これを崩すとまさに陸遜ファンの怒りを「烈火」の如く爆発させ、

「炎上」させる危険性があります。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:図解でよくわかる夷陵の戦いと趙雲の重要性


陸遜は本当にイケメンだったの?

 

陸遜は、本当はブサイクでした。

 

なんてことをいうと怒りの矛先が

「はじ三」に向けられるので、絶対に口にできませんね。

 

陸遜は間違いなく「イケメン」です!

 

 

前回もお伝えしましたが、そのように「三国志演義」に記されています。

美しい玉のようだったそうです。長身で美肌、容姿端麗。

さすが孫策の娘を妻に迎えただけのことはあります。

 

「呉の貴公子」

 

それが呉の名将・陸遜なのです。


三國無双の陸遜が人気な理由

 

大人気アクションゲームの「三國無双」での陸遜の設定を、

少しだけ確認してみましょう。

 

「呉を代表する軍師」的な存在の陸遜ですが、三國無双では武器を持って戦場で大活躍しています。

身長は171cmの細身で、髪はショートカット。

涼し気で大きな瞳、色白の肌。表情はかなり幼いですね。

それもそのはず、なんと17歳という設定です。

三国志演義では180cmを超える長身と記されていますが、

三國無双ではまだ成長途中なので171cmなのでしょう。

 

三國無双が三国志を知る入り口になっている方たちは、

「陸遜=誠実で、清潔で、童顔で、可愛くて強い青年」というイメージが強いのかもしれません。

ここから陸遜人気に火がついたようです。

火をつけるのは陸遜の十八番ですね。


三国志でイケメンだった人は誰?

 

そんな陸遜に対抗できる容姿の英雄はいるのでしょうか?

 

三国志の登場人物で考えると、

「美周郎」とまで呼ばれた「周瑜(しゅうゆ)」は最強のライバルになりそうです。

三國無双ではサラサラの長髪と透き通るような肌が特徴です。

これぞ正統派ビジュアル系といった感じですね。

他の三国志関連の作品を含め、

周瑜のこのイメージはなかなか覆らないのではないでしょうか。

周瑜と断金の交わりを結んだ「孫策」もまた美男子だったようで、

「三国志正史」呉書には「策為人、美姿顔、好笑語・・・」とあります。

三國無双ではかなり武骨な感じで登場しています。

 

 

三國無双では、天水の麒麟児「姜維(きょうい)」も人気がありますね。

180cmの青年で、槍の使い手として活躍しています。

どうやら陸遜並みの人気を誇っているようです。

三國無双シリーズでは、一時期だけ登場しなかったようですが、

ファンの熱い要望に応えて復活を果たしています。

 

 

姜維とは対称的に、

三國無双の「呂蒙(りょもう)」は無精ひげでワイルドな

雰囲気をかもしだしていますが、人気キャラです。

 

チョイ悪オヤジっぽいですが、20代の設定のようですね。

陸遜の師匠という設定も呂蒙人気に一役買っているような気がします。

もちろん呂蒙は実際の三国志の中でも高い評価を受けている名将です。

勉強家で、努力家であった点も認められている要因かもしれません。

 

関連記事:そうだったの?呂蒙が後を託したのは陸遜では無かった!

関係性:趙雲は本当に英雄?趙雲はイケメンでかっこよかったの?


  

 

三国志ライターろひもと理穂のまとめ

 

三国志正史において君主以外で単独の伝が編纂されているのは、

諸葛孔明と陸遜くらいです。

それだけの実力と実績が陸遜にはあります。

 

夷陵の戦いでは、血気に逸る諸先輩方を制止ながら好機到来を待ち、

チャンスと見るや一気に攻めた指揮は圧巻です。

知略もさることながら、強い意志がないとできないことです。

 

私はそんな陸遜の「初志貫徹」「冷静沈着」「我慢強い点」をリスペクトしていますね。

それこそが真の漢のイケメンぶりではないでしょうか。

 

三国志に登場するその他のイケメンについて興味がある方は、

こちらで検索してみてください。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:何で陸遜は呉書の単独伝で記述されているのに蜀書の孔明の単独伝よりも地味なの?

関連記事:陸遜の死後、一族はどうなったの?呉の滅亡後、晋の散騎常侍に仕えた一族達

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 


 

関連記事

  1. 歴史書をつくる裴松之
  2. 曹操丞相えらいねんで!
  3. 城を守り抜く満寵
  4. 法正
  5. 遅れて来た孫権 英雄
  6. 龐統

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP