朝まで三国志悪
北伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

張遼の一騎打ちは本当なの?史実の一騎打ちを紹介

この記事の所要時間: 250




 

魏の名将として知られる張遼(ちょうりょう)

張遼は合肥の戦い(ごうひのたたかい)で

孫権(そんけん)を討ち取る寸前まで追い詰めた伝説的な活躍をした武将です。

張遼は軍勢を指揮した戦での活躍は三国志最強クラスですが、

個人の武に関しては果たしてどれほどの強さを持った武将なのでしょうか。

今回は張遼の一騎打ちについてご紹介しましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:張遼の愛馬の名前は?蒼天航路でも大活躍した黒捷

関連記事:合肥の英雄・張遼も曹操並の人材集めに必死だった!?

一騎打ちは本当に史実であったの?

 

そもそも論ですが、敵の将と味方の将軍が戦場で、一騎打ちなど行う事ができたのでしょうか。

普通に考えたら、一騎打ちで勝てばメリットがいっぱいでウハウハですが、

負ければ軍勢は大混乱でそのまま戦が敗北する可能性もあり、

最悪な状況に陥るでしょう。

そのためあまり一騎打ちを行うメリットが無い様な気がします。

果たして史実では一騎打ちが行われていたのでしょうか。

正史三国志・魏書張遼伝を見てみましょう。

すると張遼が敵将と一騎打ちをして討ち取った記載はありませんでした。

三国志の時代には張遼伝のように一騎打ちなど行っていなかったのか。

そんな心配をされているはじめての三国志の読者がいると思いますが、

そんなことありません。

正史三国志蜀書・関羽伝に記述している一騎打ち

 

曹操の元に避難していた関羽(かんう)

正史三国志蜀書・関羽伝に顔良(がんりょう)を大軍の中で刺殺して討ち取ったと記載があり、

しっかりと一騎打ちで顔良を討ち取っています。

このように一騎打ちは三国志の時代にも行われていましたが、

三国無双や三国志のアニメのようにそこらへんで

一騎打ちが頻繁に行われていたワケではなかったのかもしれません。

しかし三国志演義(さんごくしえんぎ)では張遼も一騎打ちで色々な武将と対決をしていました。

 

 三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

張遼と一騎打ちをした武将と戦績

 

三国志演義の張遼は色々な武将と一騎打ちをしていますが、

どの武将と一騎打ちをし、戦績を挙げていたのかご紹介しましょう。

張遼は三国志演義で楽進(がくしん)夏侯惇(かこうとん)

袁尚(えんしょう)凌統(りょうとう)などの武将と激闘を繰り広げています。

張遼の戦績は生涯で6回程一騎打ちを行い4勝1敗一分けとなっており、

それなりの戦績を残しています。

しかし三国志演義では張遼よりもはるかに強い武将達がいました。

 

 

その武将の名前は蜀の五虎将軍(ごこしょうぐん)の趙雲(ちょううん)です。

趙雲は生涯で33回も一騎打ちを行い、その中で姜維(きょうい)に負けた一回だけ。

他は勝利もしくは痛み分けで引き分けて、三国志演義に登場する武将の中で、

一騎打ちで1番の戦績を挙げています。

一騎打ちランキングを付けるなら、趙雲が個人の武で三国志演義最強の武将になるでしょう。

 

関連記事:張遼ってイケメンだったの?【張遼好き必見】

関連記事:張遼に子孫はいたの?やっぱり子供たちも最強?

 

正史三国志の中で一騎打ち最強の武将は誰か!?

 

正史三国志には一騎打ちの記載がほとんどありません。

しかし一応一騎打ちが行われた記載が少しだけあります。

それは呂布(りょふ)vs郭汜 (かくし)

孫策(そんさく)vs太史慈(たいしじ)

馬超(ばちょう)vs閻行(えんこう)

関羽vs顔良だけです。

そのためこの四回の一騎打ちの中から最強を決めるのであれば、

レンの主観ですが、関羽もしくは閻行ではないでしょうか。

まず呂布と郭汜の一騎打ちは郭汜が一方的に呂布に追い詰められて、

もう少しで郭汜が討ち取られる所を部下に助けてもらいなんとか命拾いします。

もう少し強い武将だったら呂布が一番強いのかもしれませんが、

郭汜が相手ではちょっと自慢できないような気がするので

一騎打ち最強から外れてもらいました・・・・。

孫策と太史慈の一騎打ちは互いの力らが拮抗し、

途中でお互いの軍勢が援護しに来たこともあり、引き分けでした。

そのためどちらが強いのかわからない状態です。

そして馬超と閻行の一騎打ちですが、

閻行が一方的に馬超をボコボコにしている描写が描かれ、自分より格上の武将を倒しています。

また関羽と顔良の一騎打ちは袁紹軍の二枚看板と言われた

顔良を当時格下だった関羽が一撃で討ち取っています。

そのためレンは閻行と関羽が正史の中で一騎打ち最強だと思うのですが、

みなさんどのように思いますか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は三国志の一騎打ち事情についてご紹介しました。

残念ながら一騎打ちが史実ではあまりにも数が少ないのが実情でした。

ゲームやアニメのような敵将同士が名乗りを上げて、

戦場の真ん中で一騎打ちを繰り広げるている姿はほとんどなく、

遭遇戦に近い状態だったのかもしれませんね。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志魏書 今鷹真訳など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【魏の五虎将】俺たちだって五虎将だ!張遼編

関連記事:遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説

 

北伐の真実に迫る

 

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食…
  2. 【韓信の恩返し】受けた恩はしっかりと恩で返す器の大きい韓信
  3. 後漢の人材難極まる!火薬庫涼州の刺史がボンクラ揃い
  4. 文化の違いを理解すれば三国志がより分かる!日本と中国では、こうい…
  5. 曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝
  6. 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第2回】
  7. 秦王政はなんで始皇帝と名乗り始めたの?
  8. 三国時代の船はどうなっていたの?三国志の海戦は目的別に船が用いら…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 末っ子は努力が足りない!?馬謖の素性を探る
  2. 【初めての戦国史】武田家を継いだ晴信に新たな試練が訪れる
  3. 三国志の著者・陳寿のミステリー 後編:三国志はどうやって完成したの?
  4. 【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!?
  5. 武田信玄の最強の敵!?武田家を揺るがす大事件を勃発させた武田義信
  6. 楊端和(ようたんわ)の最期は壮絶な戦死?キングダムの女将軍の死を大胆予想

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【戦国四君・孟嘗君の逸話】五月五日の子に生まれた子は捨てよ!!父が信じた迷信が原因で悲劇が訪れる 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介 楊戯(ようぎ)とはどんな人?季漢輔臣賛を記して蜀の臣下を褒め称えた政治家 キングダムに乗り遅れた人必見!!戦国時代をざっくりと紹介しちゃいます! 【北伐】幻の「長安挟撃作戦」魏延はすでに演習済みだった? 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断 夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した勇将 【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!

おすすめ記事

  1. 宦官VS外戚の争い 第二ラウンド
  2. 蜀の武将・張達(ちょうたつ)と范彊(はんきょう)に同情の余地はあるの?
  3. 【ネタバレ注意】キングダム546話「大炎の地」ネタバレ&レビュー
  4. 正当防衛なのに・・孫家に恨まれ続けて殺された黄祖(こうそ)
  5. 十日神話とは何?古の殷の時代の伝説では太陽が10個もあった!?
  6. 110話:関羽の悲報に復讐に燃える劉備
  7. 袁術が評価される日も近い?スーパー袁術の凄い所7連発!!
  8. 【第二回 放置少女】これはやりすぎじゃね?新しく加わった黄月英はネコだった!?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“水滸伝"
PAGE TOP