魏延
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

どうして蜀は人材難に陥ったのか?

過労死する諸葛孔明



孔明

 

魏呉蜀(ぎごしょく)の三国でもっとも小さかった蜀、特に諸葛孔明(しょかつこうめい)の没後には、

彼を上回る宰相が登場する事もなく、姜維(きょうい)の健闘も空しく滅亡に向かっていきます。

このような蜀の状況を人材不足が原因と分析するのは簡単ですが、それなら

同じく、魏よりは小さい呉も人材不足に陥った筈ですが、そんな声は聴きません。

そこで、はじめての三国志では、どうして呉ではなく蜀で人材不足が深刻な状況に

陥ったのかを考えてみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【出身州別】三国志キャラの性格診断 第四回:幽州(ゆうしゅう)、益州(えきしゅう)、交州(こうしゅう)編

関連記事:姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長続きした?

 

 

蜀の人材難の原因1 ガチガチの官僚機構

孔明と劉備

 

魏に比較しては、小さい呉では人材不足が表面化せず、蜀で顕著な理由は、

諸葛孔明が確立した蜀のガチガチな官僚機構が挙げられます。

諸葛亮はシステマチックな人物であり天才を必要とせず、優秀な官僚を歯車に

国政を充実させていく官僚機構を築き上げました。

 

これにより、蜀は社会の隅々まで統制され、国力に不釣り合いな、

五度の北伐を可能にしましたが、同時に独創的な人材が出現するのを防ぎ

決められた事を決められた通りに行う官僚が優秀な人材と規定されます。

孔明

 

孔明にしても好んだのは典型的な能吏であり、癖が強く独創的な

魏延(ぎえん)劉封(りゅうほう)廖立(りょうりつ)李厳(りげん)劉琰(りゅうたん)楊儀(ようぎ)は遠ざけられたり処刑されたりしています。

「自分で考える人間は危ないから要らない、TOPが考えた事を忠実に遂行せよ」

蜀の人材登用の基本は、そういう事だったのでしょう。

 

逆に呉は、最初から最期まで豪族の連合政権であり、

諸将は同時に土地の支配者であり、君主権に対して抵抗する力を持ちました。

平均的な人材は出ませんでしたがバラエティ豊かな人材は出現し

終盤まで魏に対して対抗しうる力を持ちえたのでした。

 

 

蜀の人材難の原因2 ポストが少なくキャリアが積めない

陳平

 

蜀は面積こそ広大ですが、中国と呼べるのは胃のような領地の上の20%であり

その南に広がるのは異民族が住む広大な無人の土地でした。

後漢の時代には、700万を数えたという人口も戦乱の中で100万前後まで

大幅に低下しており、非常に人口が希薄だったのです。

 

蜀は9つの郡と3つの属国から構成されていましたが、その数は

三国中で一番少なく、人材がいてもポストを与えてキャリアを積ませるのが

難しい状態にありました。

 

また、諸葛亮以来、荊州由来の人士が益州豪族を抑える権力構造なので

土着の益州人士が県令は兎も角、その上の太守のポストを得るのは

定員の問題でかなり難しかったでしょう。

関羽

 

荊州南郡が失陥しなければ、荊州人士を振り分ける事でポストも増えたでしょうが

すでに関羽(かんう)が討たれて、南郡は魏呉で分割された事は周知の通りです。

 

優秀な人材でも、まず仕事をさせなくては分かりませんから、

与えるポストが少ないのは、人材の育成にとても不利になります。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

蜀の人材難の原因3 あまり戦争をしてないので実戦経験に乏しい

 

蜀は孔明がガチガチの官僚機構を築き上げ、同時に外戚が権力と結びつく事を

排除する為に呉懿(ごい)のような人材を冷遇したので建国から滅亡まで、

政権を揺るがすようなクーデターはありませんでした。

孔明と呉懿

 

同時に北伐のような大きな戦争も、孔明の慎重な用兵のお陰で

壊滅的な被害を受けず兵力を温存し続ける事が出来ました。

何より、秦嶺山脈があり漢中を抑えた事で外から攻められる事が余りなく

寿春三叛のようなクーデターばっかりの魏や、頻繁に魏と合肥を巡って争った

呉に比べて、対外戦争が少ないのも特徴でした。

蜀漢の外戚・呉懿(ごい)は有能なのに地味で実は孔明に敬遠されていた?

 

北伐を除けば、魏の曹爽(そうそう)の実績づくりの為の興勢(こうせい)の役位ではないでしょうか?

 

しかし、それは同時に戦争に従軍した経験豊かな名将が乏しくなる

というような問題も起こす事になります。

蜀では異民族反乱は頻繁で、張嶷(ちょうぎょく)、馬忠のような異民族対策のプロは出てきますが

同じ漢民族同士で会戦を行える人材と言えば、姜維(きょうい)王平張翼(ちょうよく)夏侯覇など

数える程しかいなくなりました。

劉禅

 

平和は結構な事ですが、戦が無くなると名将はいなくなるのは当然であり

おまけに末期には、頻繁に戦っている姜維の軍勢と成都の関係も悪くなり

剣閣を迂回した鄧艾(とうがい)の軍勢が成都に迫ると、劉禅(りゅうぜん)があっさり降伏するなど

全く戦慣れしていないヘボヘボな末路を迎えます。

 

蜀の人材難の原因4 夷陵の敗戦

劉備

 

蜀が最も経験豊富だったのは、劉備の入蜀から8年位の間でしょう。

劉璋との闘いは2年間にも及び、入蜀に関係して従軍した荊州人士に、

十分な戦歴を積ませる事に貢献しました。

 

あまり重要視されませんが、馮習(ふうしゅう)張南(ちょうなん)傅彤(ふとう)のような将軍は、

この入蜀の時に十分なキャリアを積んだと考えられるのです。

しかし、この3名は西暦222年の夷陵(いりょう)の戦いで敗れて戦死しました。

得難い2年の戦役で鍛えられた将軍達が、ここで戦死したのは

人材育成の面から考えても大きな痛手でした。

馬超

 

彼らが生きていれば、馬謖の実戦投入を遅らせ

街亭の戦略ミスも防げたかも知れず、

北伐の風向きも変わったかも知れません。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

蜀の衰退の理由を考えると、現代の組織の衰退と重なる部分があります。

独創的な人材を入れず、小利口な能吏だけを入れる。

新規開拓をせず従来の分野だけを固守、血族だけで重要ポストを独占し

広く一般から人材を育てる事をしない。

やがて、有能な一部の社員が会社を離れていき、ノウハウの伝達が難しくなり

没落の道を辿っていくという所なのかも知れません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:厳畯は魯粛の後任だった!知られざる実話

関連記事:末っ子は努力が足りない!?馬謖の素性を探る

 

北伐の真実に迫る

北伐  

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 騎射の術に長けた騎馬兵士 羽林騎(うりんき)とは何?董卓を輩出した近衛部隊を分かりやすく解…
  2. 三国時代にも「ザ・たっち」は存在した?後漢時代に存在した双子につ…
  3. はじさんが曹操を丸裸に!素顔は?身長は?曹操を徹底追及!
  4. 司馬懿と公孫淵 【はじめての孫子】第9回:其の疾きことは風の如く、其の徐なること…
  5. 孫皓と張俊 びっくり!三国時代の文化は日本に近かった?
  6. 蜀の皇帝に即位した劉備 劉備は本当に大器だったの?三国志演義の主役を斬る
  7. うち結婚しないから!自ら両耳と鼻を切り落とした夏侯令女が烈女すぎ…
  8. 実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム45
  2. キングダム
  3. 袁紹の妃 劉氏
  4. 郭嘉スマホケース
  5. 島津斉彬
  6. 曹操VSかく

おすすめ記事

  1. 後藤象二郎とはどんな人?大政奉還の立役者でもある土佐三伯の1人 後藤象二郎
  2. 【PR】三国志は壮大なミステリー 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  3. 関羽も食べた巨大ビスケット「博望鍋盔」の由来とお家で作れる豚まんレシピ 酔っ払う関羽
  4. キングダム599話ネタバレ予想「藺相如の二つ目の遺言を大予想」 キングダム54巻amazon
  5. 馬謖が山上に布陣しなければ第一次北伐は成功したの? 山頂に陣を敷いた馬謖
  6. 明智光秀の好物は○○だった?意外にもグルメ家だった明智光秀 明智光秀 麒麟がくる

三國志雑学

  1. 周瑜はナルシスト
  2. 黄月英
  3. スキッパーキ犬
  4. 公孫サン(公孫瓚)
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 漢の顔良(がんりょう)
  2. 魏の文官・李孚(りふ)
  3. 法正と劉備
  4. 司馬徽
  5. 劉禅

おすすめ記事

長州藩はどうしてああなってしまったのか?3つの理由 曹操軍 【有料記事】三国志の軍隊のマニアックな規律を紹介 【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側 賈詡 賈詡と陸遜を徹底比較!あなたはどっちの天才軍師を起用する? 三国時代にはもうハンバーガーが食べられていた!?驚きの食文化をご紹介 周瑜と孫策 孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介! 袁術 【無職の力恐るべし】漢帝国をぶち壊したのは清流派官僚とニートの袁術だった!? 本多忠勝 本多忠勝の身長はどれくらい?愛用の蜻蛉切や黒糸威胴丸具足から身長推測

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP