【兄者を尋ねて一千里】五つの関所を破るウォンテッド関羽


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

関羽

 

関羽(かんう)といえば忠義の男。その生き様に世の男たちは魅了されます。

主君への絶対的な忠誠心、数々の敵を薙ぎ払うその強さ…。

 

特に『三国志演義』での彼の活躍には本当にうっとりしてしまいますよね。

今回はそんな関羽の数ある名エピソードの1つである千里行を紹介します。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:関羽の名言にはどんなモノがあるの?

関連記事: 武神と恐れられていた関羽は結婚していたの?


曹操軍の捕虜になる関羽

関羽と曹操

 

桃園で死の時を同じくしようと誓いを結んだ劉備(りゅうび)・関羽・張飛(ちょうひ)

以来、3人はいつでもどこでも一緒でした。

 

3娘1みたいなものだったのでしょうか。

いいえ、そんな小娘たちの戯れと一緒にしてはいけませんね。

苦楽を共にしてきた3人の間には、

我々が推し量るには余りあるほどの絆があったことでしょう。

 

しかし、ある時、そんな3人に最大のピンチが訪れます。

曹操(そうそう)配下の車冑(しゃちゅう)を討って徐州を自分のものだと宣言した劉備。

劉備

 

味方もどんどん増えて気が大きくなった劉備は、曹操が派遣してきた武将たちに

「お前たちのようなのが100人束になってかかってきたところで、

この私を止めることはできない。まぁ、曹操自身が来たならば、話は別だがな。」

などとうそぶきます。

 

曹操は袁紹(えんしょう)と対立を深めており、そちらの対応に夢中。

劉備は曹操が来るはずはないと思っていたのです

 

しかし、そんな劉備の前に曹操が直々にお出まし。

驚いた劉備は袁紹の元へ遁走。このとき関羽は曹操軍に捕まってしまったのでした。


曹操からのラブコール

曹操

 

曹操に捕まった関羽ですが、捕虜であったにもかかわらず、上げ膳据え膳状態。

曹操は名将・関羽が欲しくて欲しくてたまらなかったのです

 

曹操からありとあらゆる宝物を送られた関羽。

しかし、その全てを突き返します。

関羽は未だ安否のわからない劉備のことで頭がいっぱいだったのです。

主君の無事を祈りながら静かに過ごす関羽。

ストイックな関羽にますます惚れ込む曹操。

 

曹操はついに関羽に名馬・赤兎馬(せきとば)を差し出します

関羽もこれには大喜び。

これで関羽も曹操軍になびくかと思いきや、それとこれとは別だと言うつれない関羽。

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
袁術祭り

 

曹操への恩を返して去る

涙目な曹操

 

それでも曹操への恩義を感じていた関羽は、何かの折に恩に報いようと考えます。

その機会は意外と早く訪れます。

曹操と袁紹との間に戦が勃発したのです。

曹操軍は緒戦で袁紹軍の顔良相手に苦戦を強いられます。

顔良

 

顔良(がんりょう)さえどうにかすれば…。

爪を噛む曹操に関羽が申し出ます。

「曹操殿。私があの顔良という男を討ち取って見せましょう。」

 

曹操はその申し出に大喜び。

勇んで出陣した関羽は、一撃で顔良をしとめ、ついでに文醜(ぶんしゅう)も討ち取って見せます。

大きな歓声が上がり、一気に士気が上がる曹操軍。

関羽は一瞬で曹操軍の不利な戦況を覆して見せたのでした。

関羽

 

しかし、この戦いの最中、

関羽は劉備が袁紹の元に逃げ延びていることを耳にします。

関羽は劉備無事の一報に安堵。

早速主君の元に帰ろうと支度を始めます。


駄々っ子・曹操

関羽と曹操

 

立つ鳥跡を濁さずということで、

世話になった曹操に挨拶をしようと出向く関羽。

しかし、曹操は扉を固く閉ざして出てきません。

 

いやいやいやいや~!

関羽帰っちゃダメぇ!

関羽はずっと家にいるのぉ!

曹操軍に入るのぉ!

 

遊び足りないと泣きながら友達を引き留める子どものように

駄々をこねる曹操。

義理堅い関羽のことだ。

挨拶ができないうちは出ていけないだろう。

と考えたのですね。

関羽と赤兎馬

 

しかし、一刻も早く劉備の元に帰りたい関羽は

扉の前で丁寧に非礼を詫び、手紙をしたためた上で

曹操にもらった赤兎馬にまたがり、野を駆けていったのでした。


  

 

5つの関所を強行突破

赤兎馬と関羽

 

流石に大人げないと思ったのか、曹操も関羽に追手をつけませんでした。

さらば、関羽…

しかしこのとき、曹操は大事なことをすっかり忘れていたのでした。

 

関羽はまず、東嶺関を通ろうとします。

しかしここで関守に止められます。

「通行手形を見せてください」

通行手形…?

なんじゃそりゃ。

しばし続く両者の押し問答。

船を奪う関羽

 

しかし、関羽はいら立ちを募らせ、ついに関守を青龍刀でバッサリ。

強引に関所を突破してしまいました。

その後も関羽は追手を振り切りながら洛陽、沂水関、滎陽、黄河を突破。

 

立ちふさがる夏侯惇

夏侯惇

 

黄河を渡り切って一息ついた関羽の目の前に立ちふさがったのは、

なんと曹操軍の名将・夏侯惇(かこうとん)でした。

両者は一騎打ちの死闘を繰り広げますが、どうにも勝負がつきません

両者が肩で息をしはじめた頃、曹操からの使者が到着します。

曹操

 

通行手形を渡すのを忘れていたのはこの私・曹操の落ち度だ。

関羽がわけもわからず兵たちを傷つけてしまうのも仕方のないこと。

関羽のことは見逃すように。

 

曹操からの伝言を聞いた夏侯惇は仕方なく矛を収めました。

こうして、関羽はようやく劉備の元に帰ることができたのでした。

それにしても、敵を薙ぎ払いながらたった一人で関所を5つも破るとは…

本当に関羽というのは恐ろしい男ですね。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

元記事:関羽千里行って有名だけど何なの?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:周倉(しゅうそう)と関羽はどんな関係だったの?三国志の上司と部下事情

関連記事:関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!前篇

 

リアリズムと悪の教科書
君主論


 

関連記事

  1. はじめての変

    曹操が遺言で見せた女性への愛情

    西暦220年、三国志の風雲児、曹操(そうそ…

  2. 曹操VS孫権 R2
  3. 部下の兵士に褒美(お金)を分け与える曹真
  4. 野望が膨らむ鍾会
  5. 劉備 婿

    デザイン担当:よりぶりん

    劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その1

    劉備に荊州を取られてしまった周瑜(しゅうゆ…

  6. はじめての三国志 画像準備中

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP