夏侯淵・夏侯惇・夏侯覇の夏侯トリオの活躍がマジやべぇ!!

2018年8月1日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

三国志カード

 

曹操(そうそう)を挙兵当時から支えてきた夏侯淵(かこうえん)夏侯惇(かこうとん)

そして三国志後期に活躍した夏侯覇(かこうは)

彼ら三人は三国志の中でもかなり有名人で知っている方は多いと思います。

そこで今回はこの夏侯トリオの活躍を紹介したいと思います。

 

関連記事:魏の夏侯惇・許褚・龐徳の息子達は優秀だった?気になる将軍たちの息子事情

関連記事:蒼天航路では王?正史三国志よりも活躍していた夏侯淵をご紹介

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



夏侯淵率いる軍勢の速さは魏軍一!!

夏侯惇

 

曹操の挙兵時から支えてきた夏侯淵。

彼は最古参の武将の割にはあまりぱっとした活躍を戦場でしていません。

それはなぜか。

 

曹操は彼を主戦場で活躍させるよりも拡大した領土の反乱分子や

賊徒を討伐させることを夏侯淵に任せていました。

そのため夏侯淵は張遼(ちょうりょう)曹仁(そうじん)らの将軍達が活躍したような戦に

あまり参加するとはありませんでした。

 

しかし夏侯淵は敵を急襲する戦を得意としています。

なぜ夏侯淵は敵を急襲する戦を得意としたのか。

それは夏侯淵の軍勢が速さを重んじていたからです。

 

夏侯淵率いる軍勢はとてつもない速さで移動することを得意としており、

三日で三百里程をかけ通していたそうです。

現在で言うと120キロ程の距離を三日で到着することができたそうです。

もっとイメージしやすくすると夏侯淵の軍勢は東京から銚子までを

三日で到着することができるそうです(約東京~銚子までがだいたい120キロ)。

マジでやばくないですか。

 

歩きの歩兵と騎兵だけで120キロの距離を三日で到着することなんて、

現代人には確実に無理だと言えます。

夏侯淵率いる軍勢がとんでも無い速さを持っていたのがお分かりになったと思います。

そしてこの速さを持った夏侯淵率いる軍だからこそ敵軍を急襲することができ、

魏軍一の速さを誇っていたと言えます。

 

戦は下手だけど司令官向きの夏侯惇

夏侯惇

 

夏侯惇は夏侯淵のような速さを持った軍勢を率いていたわけではありません。

また張郃(ちょうこう)徐晃(じょこう)のように戦がうまいわけでもありません。

更に張遼(ちょうりょう)のような武力を持っている人でもありません。

 

え!?夏侯惇イイ所ないじゃんと思われるかもしれません。

しかし夏侯惇には誰にも真似できない能力があります。

それは人を率いる力を持った将軍です。

 

夏侯惇は曹操が遠征に行っている間、

重要な拠点の司令官や軍勢を率いて戦っていることが多くあります。

例えば曹操が徐州へ遠征に行っている時に呂布(りょふ)が反乱を起こして

兗州のほぼ全域を手に入れた時がありました。

この時夏侯惇は軍勢を率いて兗州の少ない曹操の領土を守りきることに成功しています。

 

他にも夏侯惇は孫権(そんけん)の抑えとして軍を率いていたこともあります。

このように多くの将軍を率いる統率力に優れていた司令官向きの将軍と言えるのでしょう。

また彼は政治にも目配りできる将軍で旱魃で民衆の食料が無くなりかけたとき、

堤を作るため自ら土を運んで労働していたそうです。

このように将軍を率いる統率力や政治力を発揮した夏侯惇の活躍も

かなりやばいと思いませんか。

 

夷陵の戦い

 

軍事においても活躍し、人を見る目を持っていた夏侯覇

人を見る目を持っていた夏侯覇

 

夏侯覇は夏侯淵の息子で蜀に復讐しようと考えて、修練を積んでいたそうです。

しかし司馬懿(しばい)のクーデター後に自らの命の危険性を知って、

蜀へ降伏して蜀の将軍として活躍することになります。

魏軍の将軍時代にも夏侯一族の中で戦の才能はピカイチでしたが、

蜀へ移っても彼の戦の才能は錆びれることはありませんでした。

蜀の大将軍・姜維は北伐を行う際は夏侯覇を参加させて、一緒に闘っていたそうです。

そんな夏侯覇は戦の才能にも秀でていましたが、人を見る目も持っていました。

張嶷

 

夏侯覇はある時、蜀の将軍・張嶷(ちょうぎょく)と仲良くなろうと色々と話しかけたそうです。

しかし張嶷は「あまり君のことを知らないから、少しづつ仲良くなっていこう」と言って

急に仲良くなることを拒否してしまいます。

 

夏侯覇は張嶷の言葉にちょっとショックを受けてしまいますが、

この話のどこが彼の人を見る目があるのでしょうか。

それは夏侯覇は蜀に降伏してから日が浅く、

一人一人の将軍がどれくらいの力量を持っているか知らない状態でした。

 

夏侯覇は蜀へ降って日が浅いながらも、

人をしっかりと見ていた事が上記の張嶷との絡みで分かると思います。

陳寿(ちんじゅ)も正史三国志の評価で「古の武将に匹敵するほどの将軍」と張嶷を評価しており、

夏侯覇も人を見る目をしっかりと持った将軍であることの証左と言えるのではないのでしょうか。

   

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は夏侯トリオの夏侯淵・夏侯惇・夏侯覇の三人を紹介しましたが、

この三人の他にも夏侯一族には優秀な人材がたくさんいます。

例えば夏侯玄(かこうげん)は夏侯一族の中でも優秀な文官として活躍し、

夏侯尚も一軍を率いて戦で活躍した人でした。

多くの優秀な人材を輩出することになった夏侯一族で、

魏の政権の中でも重きをなした一族でした。

 

関連記事:夏侯覇は郭淮とチョー仲が悪かったから蜀へ逃げたってホント!?

関連記事:【シミルボン】真面目そうな夏侯惇がやってしまったロックな行動の理由とは

 

帝政ローマvs三国志

 
 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso編集長

kawauso編集長

kawauso編集長です。 はじ三の中の人です。 様々なトピックを立てますが 盛り上がらない時には ごめんね。 大体、咬まないので 気軽にからんでもらえると 嬉しいです。

-三国志の雑学
-, , ,