ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

蒼天航路で太史慈の出番が少ない2つの致命的な理由

蒼天航路


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

太史慈

 

青州の名士として孔子の子孫・孔融(こうゆう)から認められていた太史慈(たいしじ)太史慈は横山三国志の場合、孫策(そんさく)と一騎打ちを行うシーンが印象的です。

しかし太史慈蒼天航路で出番がほとんどありません。どうして太史慈は蒼天航路では出番が無いのか。

その理由を探ってみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:太史慈と劉備はあの有名人を助けたら人生が変わった!?

関連記事:蒼天航路のスタンスは三国志演義と同じ!?

 


 

そもそも蒼天航路に太史慈は登場していたの!?

蒼天航路

 

蒼天航路は三国志を題材にしたマンガです。蒼天航路の主人公は曹操で、彼を中心に三国志の物語が進んでいきます。

太史慈は曹操が主人公の漫画・蒼天航路に登場していたのでしょうか。太史慈も蒼天航路に登場しています。

 

彼は孫策と迫力ある一騎打ちを展開するシーンが、蒼天航路で描かれています。しかし太史慈は孫策と一騎打ちのシーン以降、ほとんど登場しなくなってしまいます。どうして太史慈は蒼天航路で登場する機会が少なくなってしまったのでしょうか。

 


 

太史慈が蒼天航路で登場シーンが少ない理由その1:派手さが足りないから!?

太史慈

 

太史慈が蒼天航路で登場シーンが少ない理由その1としては、太史慈に派手さが足りないからだと思います。太史慈は正史三国志では孫策の一騎打ち以降、活躍しますが、華々しい活躍ではなく、どちらかと言えば地味な活躍ばかりです。

 

蒼天航路は正史三国志をベースにしているため、正史三国志で華々しい活躍をしている武将のほうが登場シーンが多い傾向があります。孫呉の武将で言えば、呂蒙甘寧などが正史でも華々しい活躍をしているため登場シーンも多く振り分けられています。しかし太史慈は正史三国志ではあまり華々しい活躍をしていないため、蒼天航路での登場シーンも少なくなってしまったのではないのでしょうか。

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

太史慈が蒼天航路で登場シーンが少ない理由その2:曹操とあまり関わり合いがないから

魏の曹操孟徳

 

太史慈が蒼天航路で登場シーンが少ない理由その2としては、曹操と関わり合いがあまりない事が挙げられると思います。蒼天航路は曹操(そうそう)が主人公として活躍しているマンガで、彼と密接に関係している武将が多く取り上げられています。

 

例えば、赤壁の戦いで活躍した周瑜(しゅうゆ)は曹操軍に大打撃を与えたことでかなり大々的に取り上げられています。ほかにも呂布(りょふ)の部下であった陳宮(ちんきゅう)劉備(りゅうび)の配下・関羽(かんう)など、曹操と密接に関係のある武将が大きく取り上げられています。

 

しかし太史慈と曹操には上記の武将達の様に密接な関係がありません。太史慈は曹操と密接な関係を正史三国志で築くチャンスが無かったため、蒼天航路での登場シーンが少なくなったと言えるでしょう。

 

余談「蒼天航路で活躍している孫呉の武将たち」

解煩督 呉

 

ここで余談ですが蒼天航路で活躍している孫呉の武将たちを紹介したいと思います。蒼天航路で活躍している孫呉の武将といえば、赤壁の戦いで活躍した周瑜や合肥の戦いで活躍した呂蒙(りょもう)甘寧(かんねい)らが登場しています。

 

また周瑜甘寧らに知名度としては劣りますが、徐盛(じょ せい
)
らもかなりの活躍をしています。また文官では張昭(ちょう しょう
)
張紘(ちょうこう
)
などが活躍しています。

 

蒼天航路では三国志の武将が多く登場しますが、特徴的にキャラクターが描かれており、読んでいてこの「武将誰?」ってわからなくなることはありませんので、読んでいて苦痛にならないと思います。気になった方は是非読むべし!!

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は蒼天航路で太史慈の出番が少ない理由を考えてみました。太史慈だけが蒼天航路で登場するシーンが少ないのではなく、ほかの有名な孫呉の武将達もあまり登場しません。例えば陸遜です。

 

彼は孫呉の名将として三国志を知っている方なら一度は聞いたことのある武将だと思います。しかし蒼天航路では最終巻でちょこっと登場するだけです。

 

また孫呉の武将ではありませんが、蜀の諸葛孔明(しょかつこうめい)が大嫌いな魏延(ぎえん)もほとんど蒼天航路で登場しません。このように曹操とほとんどかかわりない武将達は登場シーンがかなり少なくなっている傾向があり、太史慈も曹操ともう少しつながりがあれば、登場シーンが増えていたかもしれませんね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:蒼天航路の郭嘉の名言が三国志好きには堪らない

関連記事:蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 車に乗る諸葛亮 演義で諸葛亮が分身の術を使っている!
  2. 戦え于禁 于禁はチキン?その評価の妥当性について考えてみた
  3. 孔子の弟子であり文学が得意な子夏 諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?知るともっと三国志が理解でき…
  4. 晋の陳寿 知っていたら自慢できる!正史三国志に足りない部分とは?
  5. 【ザ・犯罪】曹操軍に実在した墓泥棒組織 発丘中郎将・摸金校尉
  6. お互いに歌を交わす趙雲と劉備 【三国志平話】まるでベルばら!劉備と歌を交わしながら趙雲登場
  7. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる!05 蔡夫人、張允、蔡瑁、劉備 益州に侵攻した劉備にとって最も強敵だったのは誰?
  8. 夏侯惇 夏侯惇の性格は正史三国志と三国志演義では全然違う!その理由とは?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孫皓と張俊
  2. 韓信
  3. 女と金
  4. 宋銭 お金と紙幣
  5. 燃える本能寺
  6. 黒船(ミシシッピ号)
  7. 趙雲

おすすめ記事

  1. 馬超の一騎打ちの強さは正史と三国志演義じゃ全然違う? 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  2. 杜幾(とき)とはどんな人?魏の国内で素晴らしい統治をおこなった名行政官
  3. 聶栄(じょうえい)の弟の名を歴史に残すための執念がスゴイ!千里の道をいとわずやってきた聶栄 はじめての三国志 画像準備中
  4. 揚州の問題児?山越族とはどんな民族だったのか 暴れまわる異民族に困る梁習
  5. 関羽を倒さなかった黄忠に、よかミカンが異議アリ? 韓信
  6. 春目前!なのに夏特集?幻の夏王朝は存在したの? 夏

三國志雑学

  1. 劉備を警戒する陳羣
  2. 曹操と曹丕
  3. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  4. 魏三国時代の兵器(魏軍合体ロボ) 曹操


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉備と4人の妻
  2. 担がれる劉邦
  3. 幕末 大砲発射

おすすめ記事

プチャーチンと川路聖謨二人の外交官の友情と打算 【第1回 幻想少女】衝撃の三国志が誕生!これぞ三国志革命だ!! 黒田長政はすごい人?それとも親の七光りで出世した人? 劉備 危機一髪 92話:劉備を徹底的に追い詰める張任 何儀(かぎ) 何儀とはどんな人?黄巾の残党軍を率いて各地で暴れまわった黄巾賊 袁家をイジメる董卓 呂布が董卓を裏切らなかったら後漢王朝はどうなった!? 孔明 劉備の剣とハンコ 67話:孔明、博望坡で初陣を飾る。夏侯惇をフルボッコ 【歴史を変えた名言】この名言によって歴史は変わった「断じて行えば鬼神もこれを避く」

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP