呂布の最期、下邳の戦い。もう一度呂布という武将を見直そう


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

赤兎馬にまたがる呂布

 

皆さんは三国志(さんごくし)の武将の一人である呂布(りょふ)に付いて、どのようなイメージを持っていますか?

 

張燕をボコボコにする呂布

 

豪傑、猛将、そして裏切り……そういったイメージを抱いていることと思います。そこで今回はそんな呂布のイメージを、呂布の最後の戦いとなった下邳の戦い(かひのたたかい)と共に見直していきましょう。

 

自称・皇帝
当記事は、
「呂布 最後」
「下邳の戦い 呂布」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【呂布の娘】呂玲綺は貂蝉の娘なの?

関連記事:方天画戟とはどんな武器?呂布が使ったものは12キロもあった!

 


 

下邳の戦いについて軽く触れてみる

呂布と劉備

 

呂布は董卓(とうたく)から離反した後は行く当てを失くし、徐州(じょしゅう)にいた劉備(りゅうび)を頼りました。しかし頼りにした劉備を裏切り、下ヒを奪います。

 

騙し合う呂布と袁術

 

この裏切りについて、後漢書(ごかんしょ)の呂布伝では袁術(えんじゅつ)から言われて行った、とされています。

 

劉備と曹操

 

さて呂布に本拠地を奪われた劉備は落ち延び、曹操(そうそう)を頼ります。

 

呂布 VS 曹操

 

劉備を保護した曹操は大軍を率いて呂布と対決。

 

呂布を水攻めする曹操

 

この際に呂布軍にいた陳宮(ちんきゅう)はいくつもの策を呂布に提案しますが、呂布は陳宮の策を聞き入れずに戦い、連敗。その後、下ヒで籠城戦を行うことになります。このため、この戦いを下邳の戦いと言うのです。

 


 

呂布のイメージである「裏切り」はどこから来た?

董卓を倒す呂布

 

呂布のイメージには「裏切り」が多いと思われます。このイメージはどこから来たのでしょうか?

 

丁原(ていげん)

 

まず呂布は丁原(ていげん)という人物に仕えていました。

 

呂布に殺害される丁原(ていげん)

 

丁原は董卓と反目し合うようになり、董卓は呂布をそそのかして裏切りを行わせます。

 

貂蝉と呂布

 

その後、呂布は董卓の侍女と密通してしまい、露見を恐れるあまり董卓を裏切りました。

 

連幹の計 呂布 貂蝉

 

そして行き場を失った自分を受け入れた劉備を最終的に裏切ることになります。この行動の連続が、呂布を裏切りの武将としてイメージを定着させてしまったと思います。

 

勉強が嫌いで武を極める丁原(ていげん)

 

更に三国志演義(さんごくしえんぎ)では丁原は人格者で呂布の義父、ということにされてしまっているので、その丁原を裏切ったことで呂布のイメージが悪化してしまいますね。ですがこれは演義の創作部分であり、実際には丁原は義父ではなく、そして丁原自身の性格も粗野な人物で学問は全くできなかった人物、とされています。

 

董卓

 

演義では董卓の専横を許さない忠義のある人、と書かれているのでこれによって呂布のイメージが悪くなってしまう一因を作ってしまっているのです。

 

呂布のあっけない最後

 

しかし呂布が三度もの裏切りをしたのは事実、決して呂布が忠義心に溢れた人物であるというつもりはありません。ただ呂布は裏切りを好んだ、という訳ではなく、やや目先の利益だけを判断材料として行動してしまう傾向があるのです。それが丁原、董卓、劉備を裏切った理由として筆者は考え、そしてそれが呂布の性格を形作っていると思うのです。


 

下ヒの戦いの呂布の最期

成廉、魏越、呂布

 

さて、呂布の最期に戻りましょう。曹操と真っ向勝負に敗北した呂布は、下ヒの城で籠城戦を行います。

 

荀攸と曹操

 

しかしここで活躍するのは曹操配下の荀攸(じゅんゆう)郭嘉(かくか)の二名。

 

曹操から水攻めを受ける呂布

 

彼らの策によって曹操は下ヒ城を水攻めします。水攻めの強さは皆さんご存知のこと、あの万夫不当の守将である曹仁(そうじん)ですら関羽(かんう)の水攻めによって樊城(はんじょう)を捨てるか否かというところまで追いつめられるほどです。

 

合肥の戦いの満寵

 

そんな悲惨な状況に追い込まれた下ヒに、樊城の満寵(まんちょう)のような存在はいませんでした。

 

漢呂布の怒りを買う侯成(こうせい)

 

侯成(こうせい)らが裏切りを起こし、陳宮を捕まえて曹操に投降。

 

呂布

 

それを知った呂布もまた、張遼(ちょうりょう)たちと共に投降しました。


  

 

呂布の「最期」をもう一度振り返ってみる

曹操に命乞いをする呂布と反対する劉備

 

さて投降して捕縛された呂布は曹操に自分を味方にしないかと売り込みますが、ここで劉備が反対。過去の裏切りを羅列されて迷っていた曹操もそれに同意。

呂布は「一番信用ならないのは劉備だ」と主張するもそのまま縛り首にされてしまいます。

 

曹操に捕らわれる高順、呂布、陳宮

 

この時に陳宮の方は助命を拒んで縛り首になったことで、まるで呂布が最期まで悪あがきをする人物のように取られてしまうこともありますが、実は後漢書呂布伝ではこのようなシーンがあります。

 

高順が呂布に疎んじられた理由07 高順

 

曹操に包囲をされ、もはやこれまでと悟った呂布。彼は部下を呼んで自分の首を取り、それを手土産に曹操に降伏せよと伝えます。しかし呂布を慕う部下たちは首を取ることができず、最終的に彼らと共に投降しました。

 

成廉、魏越、呂布

 

裏切りを重ね、最期にあがいた呂布ですが、その一方で自分の運命を悟り、更に部下に慕われているという一場面もあるのです。このシーンも踏まえて、呂布という人物をもう一度見返すと……不思議とただ裏切りを重ねた不誠実な武将にだけは感じないと思います。

 

三国志ライター センの独り言

三国志ライター セン f

 

呂布は無双ではあるが考え無し、裏切りを繰り返すなどのイメージを抱かれています。

 

呂布に従う陳宮

 

しかしその一方で最期まで付いてきてくれた配下が首を取ることを拒絶するなど、慕われているシーンもあります。呂布だけでなく三国志の武将たちには色々なイメージがあると思いますが、インパクトの強いシーンだけで判断せず、色々なシーンを踏まえてその武将を見直すとまた、その人物に深みと魅力を感じることができますね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:呂布の凄さをいろんな角度から考察!彼が「やらかした」その時歴史が動いた!

関連記事:呂布はどんな人柄をしていたの?実は臆病で優柔不断な将軍だった?

 

【天下無双の豪傑・呂布の放浪記】
呂布

 

 

関連記事

  1. 朱然に後を引き継ぐ呂蒙
  2. 先読み袁術
  3. 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士
  4. 劉備の黒歴史
  5. 黄蓋、赤壁の戦いでうっかり河ポチャ




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP