ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

荀攸は官渡の戦いの真の立役者はだった!正史『三国志』から発覚!?

荀攸


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

荀攸

 

荀攸(じゅんゆう)曹操(そうそう)軍師です。後漢(25年~220年)から三国時代(220年~280年)にかけて多くの知識人を輩出した豫州潁川郡の名門「荀氏」の出身です。

 

荀攸と荀彧

 

親族には荀彧(じゅんいく)がいます。荀彧より年長ですが、家系図では従子(おい)という扱いになっています。

 

荀攸と曹操

 

荀攸荀彧がいるためなのか、どうしても影が薄い印象があります。ただし、史実の彼は曹操に助言をして活躍をしています。そこで今回は正史『三国志』をもとに荀攸の生涯について解説します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「荀攸 正史三国志
「荀攸 官渡の戦い」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:荀攸は魏王就任に賛成していた?荀攸の思惑と魏王就任賛成の理由

関連記事:曹操が呂布に勝てたのは荀攸のとある進言のおかげで攻略できた


曹操に仕える荀攸

献帝を保護する曹操

 

荀攸が曹操の軍師となったのは曹操が献帝(けんてい)を保護した建安元年(196年)ごろです。曹操は以前から荀攸の名前は知っていたので、呼んで話し合ってみたところ才能があると分かり荀彧と鐘繇(しょうよう)に向かって「荀攸の才能は本物だ。私と彼が事を計れば、天下に何の憂いがあるだろうか」と言いました。

 

荀攸

 

余談ですが鐘繇は荀彧と荀攸の親族です。荀彧と荀攸の故郷である豫州潁川郡は、知識人同士での婚姻関係が当たり前のように行われていました。荀攸の出仕はおそらく荀彧と鐘繇のツテと考えられます。

 

張繍

 

さて、出仕した荀攸の最初の仕事は建安3年(198年)の張繍(ちょうしゅう
)
征伐です。この時期、南陽の張繍と荊州の劉表(りゅうひょう)は手を握っており強敵でした。

 

兵糧を運ぶ兵士

 

その時荀攸は、「張繍劉表は助け合っているから強いのです。しかし、張繍は兵糧を劉表に頼っています。もし劉表がそれを出来なくなったら、勝手に仲違いします」とコメント。さらに荀攸は出陣を見合わせて、張繍を味方に引き入れることも提案します。確かにこれなら曹操軍に無駄な被害が出ることがありません。

 

荀攸と曹操

 

だが曹操はその意見を無視して出陣を決行します。やはり荀攸に才能があると言っても、戦もしたことがない人から言われるのは曹操もムッときたのではないでしょうか?

 

さて、出陣の結果は・・・・・・残念ながら敗北に終わりました。

「君の意見を聞かなかったのが間違いだった」と帰ってきた曹操は荀攸に謝罪しました。この時から、曹操は荀攸の提案は素直に受け入れます。


顔良討伐

官渡の戦い 騎馬兵

 

建安5年(200年)に曹操と袁紹(えんしょう)は天下の覇権を争います。まずは前哨戦として白馬で戦いました。白馬に駐屯していた曹操軍の劉延(りゅうえん)袁紹軍の顔良(がんりょう)郭図(かくと
)
淳于瓊(じゅんうけい)に包囲されます。戦いの前の会議で敗北ムードが曹操軍にはただよっていました。

 

荀攸

 

ところが荀攸は慌てません。「我々は兵力が少ないので、まともにぶつかっても勝てないのは分かります。ここは袁紹軍を分散させましょう」と提案します

 

漢の顔良(がんりょう)

 

顔良(がんりょう)は手強いが偏狭であることから総大将として不向きでした。そのため補佐役として郭図淳于瓊がついていたのです。

 

于禁

 

曹操は于禁(うきん)楽進(がくしん)に命じると郭図淳于瓊の相手をさせて、顔良から離してしまいます。おかげで顔良は孤立して、ポツンとなってしまいました。そのスキに曹操軍の先鋒である張遼関羽が顔良を斬り捨てました。顔良討伐となると、関羽の功績が目立ちますが裏では荀攸の活躍があったのです。


許攸を信じた荀攸

荀攸

 

さてその後、曹操と袁紹は官渡で戦うことになりましたが決着がつかずに膠着状態となりました。それどころか、曹操軍の兵糧があと1か月も持たない状況に陥って曹操は絶体絶命のピンチ!

 

許攸 兵糧のありか教えますひひひ

 

そんな時に袁紹配下の許攸が投降してきました。許攸(きょゆう
)
はかつて袁紹と一緒に、「奔走の友」(ピンチの時に駆け付ける仲間)の盟約を結ぶほどの仲でした。

 

だが性格が良いとは言えません。特に金銭面に関しては異常な執着心があり、その点は袁術(えんじゅつ)からも指摘を受けていました。許攸は金銭面では汚職をしていたらしく、そこを袁紹配下の審配に突かれてしまいます。袁紹に対して言い訳が出来ないと悟った許攸は急いで曹操のもとに向かったのです。普通に考えたら許攸が悪いのは一目瞭然。

 

棗祇(そうし)食料・兵糧担当

 

許攸は袁紹軍の兵糧が烏巣に集結していることを曹操に密告して、そこを襲撃することを提案しました。ところが、曹操軍の将軍のほとんどが許攸の性格を知っていたので彼の話を信じません。

 

荀攸

 

しかし、荀攸は信じてあげました。その理由について正史は何も記していませんが、おそらく表情や動作からウソでないと思ったのでしょう。荀攸と許攸を信じた曹操は烏巣に行くと確かに兵糧庫があったので奇襲を仕掛けます。

 

兵糧不足に苦しむ袁紹

 

この奇襲により官渡の戦いは、ほぼ決着がついて曹操軍の勝利に終わりました。官渡の戦いは許攸の投降に注目が行きますが、彼を受け入れた荀攸にも注目しなければいけません。


三国志ライター 晃の独り言 社会人の鑑である荀攸

三国志ライター 晃

 

荀攸はその後も曹操に従っていきますが、建安19年(214年)に58年の生涯を閉じました。曹操は荀攸のことを話すたびに涙を流したそうです。

 

荀攸

 

荀攸は社会人としてのマナーをしっかりと心得ている人物でした。かつて、親族が冀州平定のことについて尋ねた時に、自分の功績のことについて全く話さずに、はぐらかしました。

 

このため彼の発言や功績について詳細に知っている者は、親族や従軍した兵士でさえもいなかったようです。昨今、勤務している会社の内容を知人に暴露したり、ネットにさらしたりする行為が目立ちますが、荀攸のような人物を見習うべきかもしれません。

 

はじめての三国志では、コメント欄を解放しています。

荀攸が好き、または官渡の戦いの真の立役者別にいると思う人はコメントをください!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:荀攸の逸話がとってもすごい件

関連記事:荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?曹操と生涯仲良し綺麗事を言わない荀彧の甥

 

【三国志の時代の流れを決定付けた重要な戦い】
官渡の戦い特集

 

 

晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 孔明 【諸葛亮孔明に学ぶ学習方法】夏休みの宿題にも応用できる?
  2. 甘寧 裏切る ゆるキャラ 三国志の時代にもいた遊侠(ゆうきょう)とはどんな人達のこと?
  3. 曹操 五胡十六国 曹操の同化推進政策がマイノリティ人口問題を引き起こした!?
  4. よかミカンさん はじめての三国志ライター 【妄想】はじ三 SPA RESORT三国湯 in 沖縄
  5. どもっていても秀逸な政策と卓抜な戦術を提案した鄧艾に迫る
  6. 曹操にコテンパにされる袁紹 官渡決戦は寛治vs猛政統治モデルの激突だった!
  7. 陳羣 陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の…
  8. 曹仁 曹仁を数々の逸話から読み取る!曹仁の人柄を紹介

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 陳寿 三国志
  2. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  3. 玄宗皇帝
  4. 曹操
  5. 服部半蔵
  6. 張飛にお酒はだめだよ
  7. 旅 三国志
  8. 曹操 詩

おすすめ記事

  1. 賈詡の智謀に敗れた馬超。「潼関の戦い」を分かりやすく解説 ボロボロになった馬超
  2. 【センゴク】浅井・朝倉の滅亡と羽柴秀吉の出世を徹底分析 豊臣秀吉 戦国時代2
  3. 劉備の養子・劉封(りゅうほう)はなぜ殺されねばならなかったの? 関羽が殺されキレる劉備
  4. 西夏の末裔・チャン族はどんな服飾をしていた?西夏滅亡もざっくり解説 西夏の服飾(女性)
  5. やる気ゼロ!三国志の軍隊が弱すぎた理由 兵士と禰衡
  6. 蝗害とは?中国を悩ました災害があまりにも深刻。バッタを飲み込んだ皇帝も! イナゴに畑を荒らされ食料不足

三國志雑学

  1. 愛馬に乗る張遼
  2. 于禁
  3. 織田信長
  4. 呉の孫権
  5. 苛ついている曹操


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志 象兵
  2. 攻め寄せる蒙古兵(モンゴル)
  3. 十常侍(宦官)
  4. 司馬懿と曹操
  5. 宦官

おすすめ記事

曹操50万の兵 孔明の罠初登場(笑)新野で曹操軍を翻弄 織田信長 織田信長を支えた津島神社の門前町・津島とは? はじめての三国志 はじめての三国志開設2周年のご挨拶 kawausoとおとぼけ キングダム最新621話ネタバレ予想vol2「王翦はどんな反撃をするのか?」 関羽と趙雲を捨てて荊州に逃げる劉備 【三国志平話】ひどい!劉備が恩人の趙雲を裏切って逃走 腐れ儒者気質な孔融 来敏(らいびん)とはどんな人?孔明が魏延よりも苦手だった学者 李典 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第二回 冀州(きしゅう)、兗州(えんしゅう)、徐州(じょしゅう)編 三国志時代のひざまくら 俺の膝はお前に預けた!三国時代に大流行男同士のひざまくら

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP