于禁が兵糧を運んだのは罰ゲームだった? 陳蘭・梅成の乱が影響していた?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

于禁

 

魏の五虎将軍の一人である于禁(うきん)、沈着冷静で部下に(なつ)かれない程、法に厳格で曹操(そうそう)の絶大な信頼を得ていた于禁。

 

于禁を虐める曹丕

 

于禁は、襄樊(じょうはん)の戦いの長雨でうっかり関羽(かんう)に降伏したせいでそれまでの信頼を失い、曹丕(そうひ)侮辱(ぶじょく)され失意の生涯を閉じたと言われています。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

しかし、正史三国志を見てみると、于禁のうっかりは襄陽の戦いだけではないようです。

 

戦え于禁

 

今回は、于禁が罰ゲームで兵糧を運んだ陳蘭(ちんらん)梅成(ばいせい)の乱を考えます。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:于禁の憤死の原因を考察

関連記事:于禁はどこで自分の土下座画を見たのか?


赤壁直後に発生した陳蘭・梅成の乱

三国志のモブ 反乱

 

陳蘭・梅成の乱の乱というと馴染みがない人も多いと思います。

 

朝まで三国志2017-80 kawauso、禰衡

 

それはそうでしょう、今、kawausoが命名したからです。

 

kawausoさん

 

というのも、この反乱にはこれという名称がついていないので呼びにくく便宜上(べんぎじょう)、このように呼ぶ事にします。陳蘭・梅成の乱は、西暦209年、赤壁の戦いで曹操が敗北した隙を突いて揚州の灊山(せいざん)という山岳地帯で自治を許されていた陳蘭と梅成が曹操に反旗を翻した事件を指します。

 

陳蘭

 

陳蘭とは、元々袁術の配下で袁術の没落で見切りをつけ雷薄(らいはく)と共に独立。その後、盧江(ろこう)太守の李術(りじゅつ)が揚州刺史の厳象(げんしょう)を殺して周辺地域が混乱した隙を突き長江・淮河(わいが)一帯で暴れ回りました。しかし、曹操が派遣した新任の刺史の劉馥(りゅうふく)が合肥に赴任して入城すると雷薄は降伏し一定の自治を任されました。(陳蘭の動向は不明)

魏曹操と魏軍と呉軍

 

ところが日和見の山賊気質は変わらず赤壁で曹操が破れると性懲(しょうこ)りもなく再び(そむ)きます。

ここで、于禁が大きなチョンボをしてしまうのです。


大甘、降伏した陳蘭を許してしまう于禁

于禁

 

さて、陳蘭と梅成が反乱を起こすと、曹操は臧霸(ぞうは)と于禁に梅成を討伐させ、張遼(ちょうりょう)張郃(ちょうこう)に陳蘭を攻撃させました。梅成は、臧霸と于禁がやってくると軍勢三千人を率いて降伏しました。ここで、于禁が大甘(おおあま)な対応をしてしまいます。梅成の「降伏します」という言葉を信じて軍を帰還させてしまったのです。

 

これは、不公平な対応でした。かつて于禁は旧友の昌豨(しょうき)が曹操に反乱した時は、包囲してから降ったものは許さないという軍律を厳格に適用して自らの手で昌豨を斬っていたのです。今回の梅成は包囲する前に降ったのかも知れませんが、状況次第で叛く山賊を口約束で開放してしまったのは痛恨のミスでした。

黒山賊

 

案の定、于禁と臧霸が撤退すると梅成と三千人の手下はまた叛き、灊山(せいざん)に立て籠もっていた陳蘭に合流します。

于禁は法の権化らしくない判断の甘さから、張遼と張郃の仕事を増やしてしまったのです。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1


戦争を長引かせた罰として食糧補給を担当

兵糧を運ぶ兵士

 

張遼と張郃からすれば、「お前、何してくれてんねん!」という話です。真面目に灊山を攻略しようとしていたのに、于禁のせいで倒さないといけない賊が三千名も増えてしまったのです。正史三国志の于禁伝と張遼伝を見てみると、どうやら賊が増えたせいで魏軍には深刻な食糧不足が生じたようです。

祁山、街亭

 

また陳蘭と梅成が立て籠もる灊山は、高い山が連なる氐の根拠地で道も狭くようやく人が一人通れるような狭い道が続いているだけでした。

食糧に乏しく兵力は少ないので、前線では戦いを困難視していました。

愛馬に乗り敵を粉砕する張遼

 

その為、失態を侵した于禁は、前線で戦い続ける張遼と張郃に懸命に食糧を運搬して、その戦いをサポートする事になります。

張遼は、狭い隘路を勇気をもって踏破し、灊山の麓に陣を敷いて何とか、陳蘭と梅成の首を獲る事に成功しています。

 

曹操

 

この時に曹操は、

「天山に登り、断崖絶壁を踏破して、陳蘭、梅成を斬ったのは張遼の手柄」と張遼を激賞していますが、于禁に対する賛辞はありません。

ただ于禁の食邑だけは、二百戸加算して千二百にしているので、恐らく食料輸送の手腕が評価されたのでしょう。


張遼に指揮された臧霸、別人のような活躍

藏覇(臧覇)

 

もっとも、これだけだと于禁と臧霸は同罪の感じがします。しかし、この後、臧霸は張遼の指揮で陳蘭と梅成を救援しようとした呉の韓当(かんとう)を迎撃して何度も破り、さらに数万の兵を率いて軍船でやってきた孫権(そんけん)も攻撃しこれを水際で破って大勢の溺死者を出させるなど活躍しました。

 

藏覇(臧覇)と孫権

 

注意すべきは、元々于禁と共に動いていた臧霸が次には、なぜか張遼の指揮下に入り、大活躍している点です。

これも于禁がチョンボしたお陰で、曹操が于禁から臧霸の指揮権を剥奪し、これを張遼に与えたと考えると無理なく話が繋がるように感じます。

 

于禁の指揮にはムラがあったのでは?

于禁

 

こうして見ると、冷静沈着で軍規の権化のように見える于禁は、本当は気分屋な部分があり、戦いの精度にもムラがあったのではないかと感じます。

また、昌豨は殺しておきながら梅成は逃がしてしまった背景には、やはり旧友の昌豨を軍律を盾に殺してしまった事への悔恨(かいこん)があったように感じます。

 

杓子定規(しゃくしじょうぎ)ではなく、人を信じてみようと梅成を見逃した結果、まんまと(そむ)かれてバカを見たという話で于禁は、個人としてはお人よしの部分があったのではないかと思います。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

そう言えば、襄樊の戦いで関羽に降伏した後の于禁も、呉の虞翻(ぐほん)に散々罵倒(ばとう)された結果、魏に還って曹丕に面会した頃には白髪になって憔悴(しょうすい)仕切り、行動を後悔して泣いていたという描写がなされています。

 

kawauso

 

とても、法の権化のような冷徹な于禁のイメージと重なりません。だとすると本来の于禁は、気にしんぼで情の厚い人であったのが、その欠点を補うべく法律の遵守に拘ったのではないかという疑問が浮かんできます。

 

読者の皆さんは、本当の所はどっちだと思いますか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:于禁の死因を考察!後世の史家が曹丕を貶めるために創作されたから評価が低い?

関連記事:史実の于禁はどんな評価されていたの?現代に通じる于禁の話

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2

 

関連記事

  1. 張昭 VS 孫権
  2. 袁術
  3. 裏切りは許さぬ 曹操
  4. 孔融と曹操
  5. 曹操
  6. ロボ関羽

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP