【衝撃】反董卓連合軍が壊滅したのは内輪もめが原因ではない




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

孔明のテントがある野外のシーン

 

『新解釈・三國志』でも登場しそうな反董卓連合軍。群雄割拠の時代に活躍する、曹操(そうそう)劉備(りゅうび)関羽(かんう)張飛(ちょうひ)呂布(りょふ)孫堅(そんけん)袁紹(えんしょう)袁術(えんじゅつ)のようなスター級の武将たちが同じ陣営に属して暴君董卓に挑むという戦いです。

 

炎上する城a(モブ)

 

史実ではこの戦い、董卓が洛陽を焼き討ちして長安に遷都し、モチベーションが低下した連合軍内部で内輪もめが起き自然崩壊したと説明されています。しかし、本当はもっと深刻でシンプルな事が原因で空中分解したようなのです。




無計画だった反董卓連合軍

進軍する兵士a(モブ用)

 

反董卓連合軍は十数万の大軍を集めましたが、内実は勢いだけで集まった寄合所帯(よりあいじょたい)で、どうやら数さえ集めれば董卓が恐れ入ると考えていた節もあり、特に補給が疎かでした。

 

行軍する兵士達a(モブ)

 

後世の私達から見ると、当時の群雄の軍勢は大陸を自在に移動できたイメージですが、そんな事が出来るようになったのは、群雄割拠の時代になったからであり、それ以前には、郡や県の軍隊が自身の領域を出る事はありません。

兵糧を運ぶ兵士

 

遠征は異民族討伐などに限られるので、当時の諸侯は補給などに頓着していなかったのです。当然、食料が尽きると周辺から略奪して間に合わせていました。




曹操の記録

曹操

 

反董卓連合軍のお寒い現状は、実際に従軍していた曹操によって記録されています。ちょっと紹介してみましょう。

 

イナゴに畑を荒らされ食料不足

 

飢饉と動乱が起きてから食糧は全く不足するようになった。諸軍は同時に(董卓に対し)挙兵したが、年間の食糧を調達する計画もなく、飢えれば略奪し、飽食すれば余剰(よじょう)を捨てるだけであったので、すぐにバラバラになって流浪し、敵もいないのに自滅するものが大勢いた。

 

空腹の三国志の兵士(兵糧)

 

袁紹が河北にいた時には、将兵は桑の実を主な食料にし、袁術が長江と淮水の間にいた時は(がま)とニナ(貝)を採取して補給した。民衆はお互いに人肉を喰いあい、州里も人はまばらになった。

 

棗祇(そうし)食料・兵糧担当

 

このように曹操は反董卓連合軍には、補給という概念が無かった事を暴露しています。年間の食糧消費が幾らになるかもわからず、食料が尽きたら奪い取り、腹いっぱい食ったら、食料を捨ててしまうカオスな状態が続いたのです。

 

ほとんど北斗の拳のジード状態ですね。Your Shock!

 

画像と数値で知る新感覚!三国志検索
はじめての三国志データベース

 

反董卓連合軍は飢えに耐えきれず崩壊した

敗北し倒れている兵士達a(モブ)

 

十数万の軍勢が洛陽に攻め込むでもなく、幾つかの駐屯地に分散して宴会にうつつを抜かし続ければ、あっという間に周辺の都市からは食糧が消え、住民が消えるのは火を見るより明らかでしょう。

 

兵糧(食料)を管理する任峻

 

そうなれば、曹操が記したように董卓と戦うどころではなくなり、敵もいないのに飢えて自滅する軍が出てくるのは当然です。そもそも反董卓連合軍は、董卓が洛陽に籠城している限りは、最終的には自滅するしかない行き当たりばったりの存在だったのです。

 

関連記事:【初心者向け】反董卓連合軍はどこに布陣していたの?

関連記事:あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由

 

董卓はどうだったのか?

董卓

 

一方の董卓はどうだったのでしょうか?

 

元々、異民族相手の戦いで遠征する事があった董卓は兵站(へいたん)について、多少の知識があったのか、献帝と重臣を長安に移動させつつ、自身は洛陽にいて王匡(おうきょう)を撃破したり、徐栄(じょえい)を派遣して曹操や鮑信(ほうしん)孫堅(そんけん)を撃破したりしています。

 

李傕・郭汜祭り

 

洛陽と長安では直線距離でも400キロ弱ありますから、その日のうちに往復できる距離ではありません。そのため、兵站はあったのではないかと推測しますが、董卓配下の李傕(りかく)郭汜(かくし)は補給関係なく、ヒャッハー略奪を繰り返しているので正直な所よく分かりません。

 

公孫サン(公孫瓚)

 

董卓は、自分用に郿城と呼ばれる小さな、しかし城壁だけは長安と同じ高さがある城塞を築城しその中に一族で30年分は食える食糧を貯えていたようです。公孫瓚(こうそんさん)易京(えきけい)を連想させますが、少なくとも自分の一族が餓えないだけの備えはしていたという事でしょうか。

 

関連記事:城とは違う?勝敗を左右した塢(う)とはどんな砦なのか?

関連記事:みんな演義に騙された?董卓の長安遷都と洛陽炎上には嘘がある!

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 楊彪を司空に任命させる董卓
  2. 孔子と儒教
  3. 関羽の降伏を説得しにいく張遼
  4. 戦死 霊柩車 槥(エイ車)
  5. 法正
  6. 空腹の三国志の兵士(兵糧)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP