神にまでなった超人気者、関羽の評価を考察してみた

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

関羽の評価(1P目)




その気風

正史三国志を執筆する陳寿

 

関羽は三国志の著者、陳寿(ちんじゅ)においてこのように評価されています。

 

赤兎馬を乗り回す関羽

 

「関羽は一人で万の兵に匹敵すると賞賛され、当世における勇猛な家臣であり、国士の気風をもっていた。しかしその一方で剛情で自信を持ち過ぎており、それによって身を滅ぼした」

 

文句を手紙に書く関羽

 

特に三国志演義では義に満ちた人物と言われる関羽ですが、名士を軽んじたり、黄忠(こうちゅう)と同格になった際には「あんな老人と一緒にするな!」と怒ったりと、やや傲慢とも言える性格が見られるのも特徴です。

 

関連記事:関羽の武力ばかりに目が行くが、他能力はどうだったの?関羽の能力を考察

関連記事:関羽が財神?軍神がどうして商売の神様になったのか調べてみよう




関羽の欠点

関羽と仲がよくない糜芳

 

そしてその関羽の性格、欠点が如実に表れてしまったのが荊州統治でしょう。関羽は糜芳(びほう)たちを軽んじ、孫権からの婚姻の打診を無礼な態度で拒否しています。はっきり言ってしまうとこれはかなりの失態です。

 

関羽に無視される孫権

 

そもそもの魏、呉、蜀の関係として、呉と蜀は手を組まないと魏を相手にするのは難しいほど魏は力を付けていました。

 

父・関羽とともに亡くなる関平

 

その手を組まなければならない相手に対しての態度ではなく、その態度から樊城(はんじょう)を始まりとした敗北から関羽は命を落とし、蜀は荊州という最大の要を失い、果てに劉備の夷陵(いりょう)の戦いを招くことになりました。

 

関羽の救援要請をシカトする劉封

 

全てが全て関羽のせいではありませんが、事ここに至るまでの関羽の失態が一切ないとは言えないでしょう。

 

関連記事:関羽の死に関わってしまった糜芳の顛末!正当な評価されている?

関連記事:痛恨の裏切り!樊城の戦いで関羽を裏切った糜芳と傅士仁に迫る!

 

【樊城をめぐる劉備・曹操・孫権の軍事衝突】
樊城の戦い特集




関羽の評価

はじめてのプロ野球 関羽

 

さてここまでまとめると「文武両道だけど性格に難があった」というのが筆者の関羽の評価のまとめでしょうか。しかし筆者は関羽のことが嫌いな訳ではありません。

 

敗れる関羽雲長

 

荊州統治にしても関羽の失態ですが、同時にこれは蜀という国自体のどうしようもない欠点だとも思っています。荊州統治は難しい局面でありながら、関羽の補佐を完ぺきにこなせるだけの人間を送ることもできていないから起こったと思っています。

 

徐庶がいなくなり寂しがる劉備

 

つまり人材の致命的な不足です。もしかしたら関羽自身もそれを分かっていて、気負い過ぎた所もあったのかもしれません。関羽の失態もあったけれど、それだけで関羽の全てを否定できるような要素ではありません。むしろこの荊州統治の失敗こそが、個人的には関羽の魅力だと思っています。

 

関連記事:蜀と呉が兵力差以上に魏に勝てない本当の理由

関連記事:魏呉蜀の国力差ってどれくらいなの?三国パワーバランスを考察

関連記事:荊州はどれだけ重要な土地だったの?関羽の死から始まる蜀の崩壊を考察

 

「あばたもえくぼ」

碁をうつ関羽

 

どんな人間でも、欠点はあります。文武に優れ、忠義に溢れた関羽であっても、欠点はありました。しかしそれは同時に関羽が人であった証であり、魅力だと思います。

 

関羽が大好きすぎる曹操

 

完璧な人がミスをすると、何だか親近感を抱くような……関羽の荊州統治は失態でもありますが、同時に関羽という人物に「深み」を与えている出来事だと思います。

 

関羽の青銅像

 

人材不足を理解していた、武人という生き方が身につきすぎ、魏や呉に対して侮られてはならないと気負い過ぎていた……三国鼎立(さんごくていりつ)ではなく、劉備一人の天下をただひたすらに追い求めていた。

 

三国志を語るセンさん

 

そう考えると、欠点すら魅力に見えてきませんか?

だからこそ関羽はその死後、神にまでなったのではないかと、そう思うのです。

 

関連記事:関羽の魅力は劉備以上?敵国から異民族までをも魅了した男の実態

関連記事:台湾には関羽の像がたくさんある?種類豊富な関羽像を紹介

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

確かに関羽は三国志演義でその活躍が誇張されています。三国志演義から三国志を見ると、何だか苦々しく感じることもあるでしょう。

 

蜀志(蜀書)_書類

 

しかし正史の記録をみても、十分素晴らしい活躍をした武人です。

 

センさんが三国志沼にドボン a

 

関羽だけに留まらず、色々な武将たちを色々な角度から見つつ、そして長所短所も清濁併せ呑んでみていかなければならないな……と思いつつ、より深い三国志沼にハマる筆者でした。とぷん。

 

参考文献:蜀書関羽伝 費詩伝

 

関連記事:張飛はすごい神だった!関羽に劣らず張飛の神格化もスゴイ件!

関連記事:関羽の実績が少ない理由は美髯公の性格が最悪だったから?

関連記事:樊城の戦いから関羽の凄さを知る!史実でも関羽は凄かった

 

【義に生きた武人・関羽】
関羽

 




< 1

2

関連記事

  1. 曹操から赤兎馬をプレゼントされる関羽
  2. 青龍偃月刀を持つ関羽
  3. 大きすぎる関羽像
  4. 暴れる関羽
  5. 関羽と関索
  6. 顔が赤い関羽

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP