姜維はなぜ蜀を守りきれなかったのか?兵法を託された天水の麒麟児の誤算


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孔明と姜維

 

姜維(きょうい)は蜀の末期の武将で、小説「三国志演義」では諸葛亮(しょかつりょう)の後継者として大活躍をします。

 

北伐したくてたまらない姜維

 

史実でも蜀の貴重な軍事が得意な武将として北伐に赴きますが、結局は蜀は滅びてしまいます。どうして姜維は蜀を守りきることが出来なかったのでしょうか?

 

蜀の姜維

 

先ずは姜維の人生から探っていきましょう。

 

初めは魏に仕えるも、蜀に降伏

姜維

 

姜維は天水地方に生まれます。元々は「天水の四姓」と呼ばれる豪族の出身でした。父は異民族討伐に従事していましたが、戦死してしまい、母の手で育てられています。

 

降参する姜維

 

後に魏に仕えることになり、諸葛亮の北伐に対応することになります。その北伐の際、周囲の地域が次々に蜀に降伏してしまい、姜維も上司の武将から裏切りを疑われます。

 

魏から蜀に下る姜維

 

そのため、城に帰ることが出来なくなり、やむを得ず蜀に降伏し、仕えることになります。

 

諸葛亮に高く評価され、蜀軍の軍事を担うが国は衰退

姜維と孔明

 

姜維はその才能を諸葛亮に高く評価され、彼と共に北伐に従軍することになります。諸葛亮の死後も蜀で軍事を担い、大規模な北伐を計画します。

 

費禕

 

しかし、蜀の実権を握る「費禕(ひい)」は「内政と人材育成が先」と大規模な北伐に反対し、姜維には大軍を預けませんでした。姜維が念願の北伐に繰り出すのは費禕が亡くなった後でした。

 

すぐに戦争したがる姜維

 

連年北伐を繰りかえし、ある程度の戦果を上げますが、魏を脅かせるまでには至らず、蜀の国力は衰退していきます。そこに魏軍が来襲。

 

鄧艾(トウ艾)と一緒に木を切り蜀に前進する鄧忠(トウ忠)

 

姜維は剣閣(けんかく)で魏軍を食い止めますが、鄧艾(とうがい)が前人未到のルートで蜀に到達し、蜀は滅亡します。

 

鍾会を説得する姜維

 

その後は鍾会(しょうかい)と共に反乱を計画(後述)しますが、失敗し、妻子ともに殺されてしまいます。

 

無残な最期を遂げた姜維と鍾会

 

姜維は奮闘しますが、結局は蜀は滅びてしまいました。なぜなのでしょうか?

 

関連記事:永安攻防戦とは?姜維とは別の所で蜀を守った羅憲

関連記事:姜維とはどんな人?鍾会の乱を利用し蜀復興を目論んだ忠臣

 

蜀漢の滅亡

 

姜維が防衛に失敗した理由1:賛同者が少なかった

姜維の心中

 

諸葛亮に評価されたため、軍事を担う事になりますが荊州(けいしゅう)出身と益州(えきしゅう)出身の武将が多い蜀にとって姜維は外様でした。

 

蔣琬(しょうえん)

 

ただ、諸葛亮の後を継いだ「蔣琬(しょうえん)」は北伐推進派だったため、姜維は重用されます。

 

姜維怨嗟の声

 

しかし、蔣琬の死後は北伐推進派は少なくなり、姜維は孤立します。北伐もあまりに反対派が多く、結局は断念することになります。また、朝廷内の人々とも関係がうまくいかず、成都に戻ることはあまりありませんでした。

 

関連記事:蔣琬は諸葛亮がいなければ死んでいたってマジ!?

関連記事:蔣琬と費禕の二人がいなければ三国志の歴史が大きく変わっていた!?

 

姜維が防衛に失敗した理由2:連年の北伐

行軍する兵士達b(モブ)

 

諸葛亮も北伐を何度も敢行しましたが、姜維は西暦で253年から257年までなんと5年連続で北伐を実行しています。これは完全に国力を無視した戦いで、結果問わず蜀の人民は疲弊していきました。

 

豆から兵士を作り出す栽培マンな仙人孔明

 

諸葛亮の後継者である蔣琬、費禕はある程度守りの姿勢を取り、国力を保ちましたがそれもフイにしてしまいました。

 

関連記事:関羽は馬超を敵視したのではなく利用した?関羽の荊州統治と北伐戦略

関連記事:街亭の戦いで蜀が勝っていたら?電撃作戦を狙っていた北伐【if三国志】

 

北伐の真実に迫る

北伐

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
みうらひろし

みうらひろし

歴史が好きになったきっかけはテレビの再放送で観た人形劇の三国志でした。そこから歴史、時代小説にはまり現在に至ります。日本史ももちろん好きですよ。推しの小説家は伊東潤さんと北方謙三さん。 好きな歴史人物: 呂蒙、鄧艾、長宗我部盛親 何か一言: 中国で三国志グッツを買おうとしたら「これは日本人しか買わないよ!」と(日本語で)言われたのが思い出です。

-姜維
-, , ,