張遼の魅力とは?古代中国の歴史家からの高い評価を得た理由




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

魏の武将をまとめた趙嚴(ちょうげん)

 

突然ですが、三国志の登場人物で誰が一番好きでしょうか?

 

四輪車に乗る孔明

 

このように聞いてみると曹操(そうそう)劉備(りゅうび)諸葛亮(しょかつりょう)などなど様々な英傑たちの名が挙がると思います。

 

敵を相手にして奮闘する張遼

 

しかし、筆者は三国志の登場人物のうち、張遼(ちょうりょう)を最も推したいと思います。なぜ筆者が数ある英傑たちよりも張遼が好きなのか、張遼の魅力とはなんなのか、この記事で解説していきたいと思います。




張遼の魅力その1:三国志屈指の武勇

高順と張遼

 

三国志には「名将」「猛将」というべき武将たちがそれこそ綺羅星(きらぼし)のごとく登場します。しかし、そんな三国志の名将たちの中でも、張遼の武勇とその功績は他の名将・猛将たちに一切引けを取るものではありません。

 

kawausoと呂布と張遼

 

張遼は元々呂布(りょふ)の部下として各地を転戦しており、呂布配下の将軍たちの中でも際立った働きを見せていました。

 

曹操に捕らわれる高順、呂布、陳宮

 

曹操が呂布を捕えた際には、呂布・陳宮(ちんきゅう)高順(こうじゅん)らを処刑した一方、張遼は自らの配下に加え、何と昇進までさせています。つまり、張遼の武勇には敵の曹操までも惚れ込んだほどなのです。

 

張遼の猛攻に泣きながら逃げる孫権

 

張遼の最大の武勲といえば合肥(がっぴ)の戦いでしょう。張遼が呉との国境であった合肥を守っていたところ、孫権(そんけん)の大軍が攻め寄せてきます。張遼はわずかな兵で真っ向から迎え撃ち、呉軍に大損害を与えて撤退させます。そして、張遼が生きているうちは、孫権率いる呉軍が魏との国境を侵すことはありませんでした。

 

愛馬に乗り敵を粉砕する張遼

 

こうした張遼の強さはあまり知られていませんが、一見地味でありながら、魏のために大きな業績を挙げたその姿はまさに「いぶし銀」の活躍といえるでしょう。

 

関連記事:張遼の逸話から分かる合肥の鬼神!ウルトラハイパー武将を考察

関連記事:陸遜も参戦した合肥の戦い(第四次戦役 234年)を分かりやすく解説

 

【微笑みの合肥班長・満寵】
満寵




張遼の魅力その2:思慮分別ある猛将

三国志演義_書類

 

張遼は強いだけの猪武者ではありません。きちんと思慮分別を備えた名将といえるのです。特に三国志演義(さんごくしえんぎ)では、張遼のそうした剛毅なシーンが数多く描かれています。

 

呂布のラストウォー 処刑される呂布

 

例えば、呂布が曹操に捕らえられた際、呂布は曹操に対して

「俺とお主が組めば天下を取れる」と命乞いをします。

 

それに対し、呂布と同じく捕らえられていた張遼は、この期に及んで命乞いをする呂布を「覚悟を決めよ」と一喝し、呂布が処刑されてからは死を覚悟して曹操を罵倒します。

 

関羽の降伏を説得しにいく張遼

 

こうした張遼の堂々とした態度に感服した曹操は、張遼と親交のあった関羽(かんう)のとりなしもあり、張遼を解放し、自らの家臣としたのです。

 

関連記事:呂布の部下・陳宮は曹操を助けてはいなかった?魏晋世語のウソとは?

関連記事:呂布って本当に強いの?正史を見ると意外な呂布の戦績

 

【天下無双の豪傑・呂布の放浪記】
呂布

 

張遼の魅力その3:関羽との友情

泣く子も張遼

 

曹操に命を助けられた張遼は、呂布配下時代に親友となり、自らの命の恩人でもある関羽の命を助けるのです。

 

劉備とはぐれて心配する関羽

 

関羽の義兄である劉備が曹操に敗れ、関羽が守っていた劉備の妻子が曹操に捕らえられ、義兄の劉備も行方不明となったことで、関羽は死を覚悟して最後の戦いに打って出ようとします。

 

曹操から赤兎馬をプレゼントされる関羽

 

しかし、士を好む曹操は何とかして関羽を部下に加えたいと思っていました。そこで、関羽を説得する任を買って出たのが張遼でした。張遼は関羽に会い、理路整然と関羽を説得します。

 

関羽が大好きすぎる曹操

 

張遼の説く道理に感じ入った関羽はついに曹操への降伏を決断するのです。こうして、張遼は親友であった関羽の命を救うと同時に、主である曹操のために関羽を降伏させるという大きな功績を挙げたのです。つまり、張遼はただ強いだけの武将ではなく、道理をわきまえた堂々たる好人物であり、こうした点も張遼の大きな魅力の一つとなっています。

 

関連記事:関羽が華容道で曹操を斬ると劉備は滅亡していた?

関連記事:龐統が生きていたら関羽の寿命は縮んでいた?

 

【関羽はなぜ神となったのか】
関帝廟

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  2. 敵を相手にして奮闘する張遼
  3. 取り残された部下を助けに行く張遼
  4. 太史慈
  5. 病気になった兵士
  6. 愛馬に乗る張遼

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP