水滸伝はピカレスク小説なお話?ピカレスク・ロマンと四大奇書を考察


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)

 

水滸伝(すいこでん)、は三国志演義(さんごくしえんぎ)と並ぶ作品とはよく言われますが、その作風は三国志演義とはだいぶ趣の違うものでもあります。そして水滸伝は良く「ピカレスクロマン」もしくは「ピカレスク小説」とも言われることがありますね。

 

宋江 水滸伝

 

そこで今回は水滸伝を三国志演義と比較しつつ、このピカレスクロマンについても少しばかりお話したいと思います。

 

 

ピカレスクロマンについて

 

まずはピカレスクロマンについて、ざっくりと説明しましょう。

 

ピカレスクロマンとは、16世紀から17世紀のスペインで流行った小説の形式のことです。この形式の小説を、ピカレスク小説、と呼んだりもします。主にピカレスク小説では

 

  • 社会的には認められない立場の主人公
  • 悪いことをするけどそれは生きるため
  • 悪役だけどやることは結果的に正義の味方

 

つまり、悪役主人公ですが、単なる悪役ではなく、義賊だったり、(政治的に)巨大な悪に立ち向かったりする存在として描かれることが多いです。日本人ならお馴染み「ルパン三世(るぱんざさぁ〜ど♪)」を想像して頂けると分かりやすいですかね。

 

関連記事:スペインが没落した本当の理由が深すぎた!

関連記事:死者45万人!恐怖のスペイン風邪に日本はどう対処した?

 

まるっと世界史 特集バナー

 

 

ピカレスクロマンの背景

西洋が好きな霊帝

 

このピカレスクロマン、生まれには背景があります。15世紀、スペインには騎士道小説が広まりました。騎士道小説は主に「清く正しく強い騎士」が主人公であり、その騎士が「様々な冒険をする」「美しいレディと出会う」「レディ、もしくは善良な住民がドラゴンとかに苦しめられる」「勇敢な騎士はもちろん戦う」「悪は滅びた!」「王様から褒められる」というような、現代で言うファンタジー、ヒロイック、ラブロマンス小説の原型とも言える内容でした。

 

そこに理想の騎士の姿がいれば、現実にはそんなこと有り得ない……そんな思想も生まれてくる訳で。ある種の現実を直視させる、皮肉めいた存在としてピカレスクロマンの存在が生まれてきたのだと思います。

 

関連記事:近親婚を繰り返した欧州貴族スペイン・ハプスブルク家の末路は?

関連記事:ルネサンスについて圧倒的に分かりやすく解説するよ!【大人の学び直し】

 

ゆるい都市伝説WEB 特集バナー

 

水滸伝

水滸伝って何? 書類や本

 

さて水滸伝、このピカレスクロマンであると良く言われますが、的を射ていると言って良いでしょう。めちゃくちゃざっくりと言うと水滸伝は「義賊を名乗る山賊が悪党(政治的腐敗の原因たる悪官僚たち)を倒す物語です。

 

登場人物たちは元々は役人をやっていたり、質屋をやっていたり、関羽(かんう)の子孫だったり(※自称)しますが、最終的には梁山泊(りょうざんぱく)という場所に集まることになります。彼らは奸臣(かんしん)らによって無実の罪とは言え罪人に貶められた者もおり、腐敗政治をどうにかするべく立ち上がる……ということで、ほぼピカレスクロマンの形式に当てはまっていると言えるでしょう。

 

関連記事:「水滸伝」林冲のモデルは張飛と蜀のとある天才軍師を混ぜていた?

関連記事:水滸伝と三国志演義の面白い共通点と相違点を考察

 

ながら世界史

 

三国志演義

三国志演義_書類

 

では三国志演義はというと、ピカレスクロマンの形式には当てはまりません。

 

悪役の曹操、正義の味方の劉備

 

まず劉備(りゅうび)は最初こそ身分は低いものの、蓋を開ければ漢王朝の血縁関係者と認められます。そして三国志演義では「悪」として曹操(そうそう)が存在しており、これと敵対する劉備は基本的に善性の人として描かれています。

 

二刀流の劉備

 

敢えて言うならば「悪いことやっているように見えるけど漢王朝のためだから劉備は悪くないよ!」という点がピカレスクロマン……とは言えなくもないですが、三国志演義はどっちかというと忠義が主軸としたストーリーではないでしょうか。

 

関連記事:悪役曹操の性格は意外にも「努力の人?」この凄まじい勉強量を見よ!

関連記事:新解釈・三國志の疑問点!曹操は何で悪役なの?

 

全訳三国志演義

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-水滸伝
-