陥陣営の異名を取った生粋の軍人「高順」はいかにして呂布軍の名将になったのか?

2022年4月17日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

成廉、魏越、呂布

 

呂布軍(りょふぐん)というと皆さん誰を思い浮かべるでしょうか?

 

呂布に従う陳宮

 

その勇猛さ天にも(とどろ)く・呂布曹操(そうそう)に惜しまれながらも、最期は呂布に仕えたまま終えた陳宮(ちんきゅう)

 

敵を相手にして奮闘する張遼

 

後の暴れっぷりが凄くて三国志演義(さんごくしえんぎ)の方であれでも活躍を削られている張遼(ちょうりょう)

 

赤兎馬と呂布

 

え?赤兎馬(せきとば)?うん今回は馬ではなく人の方で……ということで。実はもっともっと評価されるべき呂布軍の名将、高順(こうじゅん)のお話をしましょうか。

 

 

呂布配下・高順

高順

 

高順は呂布の配下武将、といってもその地位は中々に高いものです。なんと出てきた時には既に都督(ととく)の地位であり、後に中郎将(ちゅうろうしょう)の地位に付きます。

 

高順

 

この中郎将の地位は色々な種類があるのですが、主に皇帝の周辺を守る重要な役割であり、信任された人物でないと着くことはできないボディーガードのような立場、というと分かりやすいでしょうか。

 

ともあれ、高順はそれほど呂布軍において高い位置にいたのです。……実はそこに至るまでどんなことをしていたのかは不明なのですが。

 

関連記事:高順が鎮圧した郝萌の反乱の真の首謀者は袁紹・張楊だった?

関連記事:【陥陣営】高順が呂布に疎んじられた理由は性格の不一致だった

 

呂布対項羽

 

 

 

高順、活躍しています

郝萌(かくぼう)と曹性をボコボコにする高順

 

そんな高順を語るとなると、彼の通り名を紹介せずにはいられません。その呼び名は「陥陣営(かんじんえい)」。これは高順が攻撃した敵の陣は必ず撃破される、ということから付けられた名前です。この事から呂布や張遼にも引けを取らない猛将であることが窺い知れるでしょう。

 

方天画戟を持つ呂布

 

呂布軍というと呂布の凄まじい強さ、そしてそれにも劣らぬ後の張遼の凄まじすぎた強さにばかり目を奪われますが、決して高順もそれに劣っていた訳ではないのです。

 

関連記事:高順(こうじゅん)ってどんな人?張遼と双壁を為す呂布軍の名将

関連記事:【張遼ファン必見】なぜ張遼はこんなにカッコいいのか?

 

張遼

 

 

高順は活躍しているのですが

 

また高順は義に厚い性格であり、清廉潔白な人柄であったとか。それが分かるのが「高順は酒を一切飲まず、贈り物も受け取らなかった」というお話。贈り物とは恐らく賄賂の類と判断すると、高順の潔白さも分かりますね。あとお酒飲まないのはいいね!ね!(誰かを見つめながら)

 

そんな高順は196年6月には、呂布の部下が反乱を起こした際にこれを迅速に鎮圧。二年後の劉備(りゅうび)との戦いでは沛城(はいじょう)を攻め落して劉備の妻子を捕え、救援の夏候惇(かこうとん)を追い払うなどしっかりとした働きを見せています。

 

関連記事:夏侯惇の逸話は豪快だけじゃない?隻眼将軍の逸話を探る!

関連記事:華麗なる夏侯惇の一騎打ちの記録とは?血気盛んな隻眼将軍の戦績

 

夏侯惇

 

寡黙だった高順

高順が呂布に疎んじられた理由

 

呂布はこの高順の働き、その忠誠を評価していますが、しかして呂布の高順への扱いは良いとは言えません。ある時、呂布は高順の精兵を取り上げ、魏続に渡してしまいました。この魏続は呂布と親戚関係にありますから、何とも縁故的なものを感じます。

 

高順が呂布に疎んじられた理由

 

この後で戦いが起こったので呂布は魏続の兵を高順に与えて戦わせています。それでも高順は呂布に怨みを抱くことなく、従い続けました。まあその一方で陳宮とは仲が悪かったみたいですけれど。そしてこれが後で効いてくるんですけど。

 

関連記事:「張遼と陳宮と呂布陣営」呂布陣営の強さと弱点に迫る

関連記事:英雄たちの死んだ理由を「正史三国志」準拠で考察

 

呂布

 

 

高順の最期

高順が呂布に疎んじられた理由

 

ある時、呂布は曹操に追い詰められて下ヒで籠城を行います。この時に呂布は陳宮、高順に城を防衛させ、自ら出陣して曹操軍の補給路を断とうとします。ここでこれに異を唱えるたと言われるのが呂布の妻、厳氏(げんし)。厳氏は陳宮と高順が仲が悪いことを指摘し、結局この作戦を呂布は取りやめました。

 

曹操に捕らわれる高順、呂布、陳宮

 

結果、呂布は敗北し、陳宮、高順両名も捕縛されて曹操の前に引き出されます。呂布は最期は曹操に自分を配下として引き入れるよう言うも劉備の進言で却下され、

 

高順が呂布に疎んじられた理由07 高順

 

陳宮は曹操に惜しまれながらも決して振り返らず、そして高順は最期まで呂布の配下として、三人は歴史から消えたのでした。この高順の最期は三国志演義でも同じく、最期まで呂布への忠義を貫いての退場となっています。

 

関連記事:曹操に仕え、呂布に仕えた陳宮、軍師の「最期のとき」と生き様に迫る

関連記事:『三国志演義』の被害者!?「演義」と「正史」の張遼像に迫る

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-