蔣欽が地味になったのは複数の武将とキャラがカブったせいだった?

2022年5月3日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

蔣欽

 

呉の武将の一人に、蔣欽(しょうきん)がいますね。しかしこの蒋欽、あの呉の武将たちの中でもかなり優秀な武将でありながら、どこか注目されない、もっというと有名さにかける武将であるのではないか、と思います。

 

献帝(はてな)

 

いったいそれはどうしてでしょうか?

 

もちろん様々な要因はあるでしょうが、今回はこの理由について、筆者の考えを述べさせて頂こうと思うので、どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

合肥で活躍し孫権を救い出した蔣欽

 

さて早速、蒋欽の活躍をざっと見返してみましょう。まず不服住民の反乱を見事に鎮圧しました。合肥(がっぴ)の戦いで、窮地に陥った孫権(そんけん)を必死に救い出しました。

 

孫権を華麗に救出する蔣欽

 

徐盛(じょせい)とのやり取りではかつての出来事に遺恨を残さず、私怨を持たずに対応して徐盛から心服されています。

 

孫権から学問を身に着けろと言われる呂蒙

 

呂蒙(りょもう)と一緒に孫権から勉強しろ、と言われて一生懸命勉強、後に褒め称えられました。関羽(かんう)の討伐にも参加、見事勝利。ざっと軽く見ただけでこれだけあります。

 

関連記事:呂蒙と同時期に最期を迎えた蒋欽とは何者?

関連記事:三国志の武将も勉強嫌いだったけど勉強したら進化を遂げた蒋欽と呂蒙に迫る!!

 

呉の武将

 

 

 

学問好きで懐が広い蒋欽

孫権から呂蒙と勉強しろと言われる蔣欽

 

筆者が蒋欽で特筆するべきだと思うのは、その性格です。やや苛烈な印象が強い呉の武将たちの中でも、過去に遺恨があってもその私怨を持たず、優秀な人物はきちんと評価するべきだと孫権に言ったという徐盛ともエピソード、

 

この事からかなり蒋欽は瀟洒(しょうしゃ)な人物だと思います。そういった性格以外の面でも武働きとしていくつもの功績も挙げていますね。

 

ではなぜ蒋欽はそこまで注目されていないのか?

これを一つ一つ見ていきましょう。

 

関連記事:【張遼ファン必見】なぜ張遼はこんなにカッコいいのか?

関連記事:NHKの名作「人形劇三国志」面白いけど呂蒙の扱いが酷い?

 

呂布対項羽

 

 

孫権救出で周泰とカブる

周泰に斬られる沙摩柯

 

一つ目は周泰(しゅうたい)です。周泰は蒋欽と共に孫策の配下に加わったとされる人物であり、孫権を窮地から救ったというエピソードは有名でしょう。これは孫権が酒宴の際に服を脱がせ、その傷の一つ一つを解説したというはた迷惑な心温まるエピソードでも知られる話です。

 

周泰(しゅうたい)の全身の傷を解説する孫権

 

これが、よりによって合肥の戦いで孫権を助けた蒋欽の話とかぶっていますね。この件で周泰に一歩、後れを取ったように思います。

 

関連記事:孫権が周泰に頭巾を与えた事を深読みする

関連記事:アルハラ孫権にとって身体に刻まれた12の輝く傷が酒の肴!周泰を考察

 

君主論

 

 

 

勉強エピソードで呂蒙とカブる

字が読めなくてバカにされる呂蒙

 

更にもう一つは、呂蒙です。呂蒙も元々頭がよろしくなく、蒋欽と共に勉強して孫権に褒められました。ただし呂蒙はこのエピソードについて魯粛(ろしゅく)を驚かす、呉下(ごか)阿蒙(あもう)、男子三日〜等々のエピソードに知られるように、かなり注目されています。

 

呂蒙が賢くなり驚く魯粛

 

一方でこの一件に蒋欽も含まれていることを忘れている人も多くいるでしょう。呂蒙と一緒のはずのエピソードで呂蒙ばかり目立っている、これも理由の一つでしょう。

 

関連記事:関羽を討った呂蒙は能力はあったの?本当に有能だったのか?

関連記事:「男子、三日会わざれば刮目して見よ」は三国志の呂蒙が語源?

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック

 

 

蒋欽だけ関羽に呪われていない

京劇の関羽

 

さてこちらの理由は前述したように、呂蒙と一緒のエピソードです。実は蒋欽も関羽討伐に参加しています。つまり呂蒙と一緒なんですね。

 

関羽の呪いで殺される呂蒙

 

しかし三国志演義では呂蒙は関羽の呪いで死んだとされるのに、一緒に参戦した蒋欽はノータッチ。これもある種で呂蒙の割を喰ったとも言えますが、他にも何人も関羽の呪いでバタバタ死んでいくはずなのに蒋欽だけハブらなくても良いんじゃないでしょうか……?

 

関連記事:もし関羽が呉に降伏していたら世界史はどうなった?救われたかもしれない命の数は数億人?

関連記事:関羽を張遼や甘寧と取り替えたらトンデモナイ事態に!「三国志とりかへばや物語」

 

一騎打ち

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-