本当に三国志一のイケメン?周瑜のイケメン逸話の数々!

2022年7月7日


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

周瑜

 

周瑜(しゅうゆ)」と言えば孫権(そんけん)率いる「()」の代表的武将であり、「赤壁(せきへき)の戦い」などでの活躍で知られていますね。そんな周瑜、若くして亡くなったので、活躍の期間は限られていますが、いくつかの逸話を残しています。

 

周瑜の魅力

 

今回の記事ではそんな周瑜のプロフィールといくつかの逸話を紹介しましょう。

 

 

名家の出身だった周瑜

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)書類

 

周瑜は代々漢王朝(かんおうちょう)において高い地位を得ていた家系の出身です。父は洛陽(らくよう)の県令(県知事に相当)を務めていました。成人するとその風采は高く評価され、世間で名が知られていました。

 

こちらもCHECK

周瑜と孫策
断金の交わりとは?二人の絆はとても固い!孫策と周瑜の関係【断金之交】

続きを見る

 

呉の武将

 

 

孫策との出会い

袁術と周瑜と孫策

 

孫権の兄である「孫策(そんさく)」とは親友ともいえる間柄でした。その始まりは孫策の父「孫堅(そんけん)」の時代までさかのぼります。孫堅が黄巾(こうきん)族討伐のために挙兵した際、孫策は母とともに周瑜の故郷に移り住んだのです。その時周瑜の実家は自分の家の南側の邸宅を孫策一家に提供をしたのです。

 

呉の周瑜、孫策、程普

 

そこから周瑜と孫策は意気投合し、親友とも呼べる仲になりました。

 

孫策は周瑜の事を「周公瑾(しゅうこうきん)英儁(えいしゅん)異才、我と総角の(よしみ)、骨肉の分なり」すなわち「周瑜はとても優れている、私とは幼いころからとても仲が良く、まるで骨と肉を分けたようだ。」と絶賛しています。

 

こちらもCHECK

周瑜とkawauso
周瑜はどうして独立しなかったの?格下の孫家に仕えた周瑜の思惑

続きを見る

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

 

とんでもなくイケメンだった

周瑜

 

周瑜は今風にいうと「イケメン」だった、と言われています。幼いころから「周郎」(周若様)と言われ、その容貌も「長身で姿も良かった」と「三国志(さんごくし)」にも書かれています。

 

正史(せいし)「三国志」の中でここまで書かれている人は少なく、当時から容姿の良さは突出していたと考えられます。

 

 

こちらもCHECK

周瑜とkawauso
曹操はク〇!過激な周瑜の逸話

続きを見る

 

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル2

 

 

 

音楽も得意だった!

周瑜 周郎

 

意外な一面としては「音楽に通じていた」という所があります。正史「三国志」によると、「若いころから音楽に通じており、音楽を聴いているとたとえ酔っぱらっていてもその間違いを指摘することができた。」と記載されています。

 

世間の人は「音を間違えると、周瑜が振り向くぞ!」ということを歌っていたそうです。

 

よかミカンのブラック三国志入門

 

 

対立するものも心酔させてしまう

程普

 

周瑜は寛大で人に優しかったため、人望がありました。しかし、呉軍古参の「程普(ていふ)」とは折り合いが悪く、程普は若い周瑜を度々馬鹿にしていました。周瑜はそんな程普に対しても腰を低くして接したので、ついに程普も彼を認めるようになったそうです。

 

こちらもCHECK

程普
程普(ていふ)ってどんな人?孫家三代に仕え、数々の戦を戦った孫呉の重鎮

続きを見る

 

激動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

ビジネス三国志

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
みうらひろし

みうらひろし

歴史が好きになったきっかけはテレビの再放送で観た人形劇の三国志でした。そこから歴史、時代小説にはまり現在に至ります。日本史ももちろん好きですよ。推しの小説家は伊東潤さんと北方謙三さん。 好きな歴史人物: 呂蒙、鄧艾、長宗我部盛親 何か一言: 中国で三国志グッツを買おうとしたら「これは日本人しか買わないよ!」と(日本語で)言われたのが思い出です。

-三国志の雑学
-