関羽が魏に仕えてたら曹操は死んでいた?関羽は魏で飼い殺される?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

関羽に惚れる曹操

 

関羽(かんう)曹操(そうそう)に降ったエピソードは有名です。

 

顔良と関羽

 

特に三国志演義ではそこから義理や忠義を重んじて曹操ではなく、漢に降るなどの3つの条件を取り付けたり、官渡(かんと)顔良(がんりょう)文醜(ぶんしゅう)を斬って曹操に恩を返す、五関六将を破って劉備(りゅうび)の元へ帰ると関羽の見せ場とも言えるシーンが満載。

 

大きすぎる関羽像

 

しかし、ここでついつい考えてしまうのが異なる結末です。例えばゲームなどでは関羽が曹操の元へ留まったらというifシナリオがありますが、今回はそれに習って関羽が曹操の元に残ったら魏はどうなっていたのかを考えてみたいと思います。




関羽と曹操の最強タッグ

関羽が大好きすぎる曹操 ver2

 

曹操といえば異常なほど関羽に惚れ込んだ人物。関羽が投降した後も偏将軍や漢寿亭候(かんじゅていこう)の爵位を授けていますし、様々な恩賞を与えて劉備の元に返さないように画策したほどです。

 

劉備とはぐれて心配する関羽

 

恐らく関羽が劉備の元へ帰らなかったとしたら非常に喜んで重宝したことでしょう。人を使うのが上手かった曹操と早い段階で劉備の独立部隊として働いていた万能な関羽が組めば正に鬼に金棒。

 

とはいえ、武将一人の力で大きく歴史が変わるとは考えられません。せめていくつかの戦の結果が変わったくらいではないでしょうか。

 

あるいは劉備が荊州(けいしゅう)を領有できない、あるいは益州(えきしゅう)を獲得した後すぐに孫権(そんけん)が荊州を奪うなど勢力図には多少の変化があったかもしれません。しかし、これは関羽がおとなしく曹操に従っていた場合の話です。

 

関連記事:美髯公とは何?ヒゲを見るだけで三国志がわかる!男のシンボル『ヒゲ』はどこから来てどこへ行くのか。

関連記事:恩賜の御衣ってなに?三国志や源氏物語にも出てくるエピソードを紹介




関羽は曹操を恨んでいた?

激怒する関羽

 

実は関羽は曹操を恨んでいた可能性があります。

 

曹操に命乞いをする呂布と反対する劉備

 

なぜなら、劉備と曹操が呂布(りょふ)を攻め滅ぼした際、関羽は呂布の配下だった秦宜禄(しんぎろく)の妻の杜氏(とし)を娶りたいと曹操に願い出て許可を得たものの、後に杜氏の美しさに惹かれた曹操が約束を反故にして自らの側室としているためです。

 

貂蝉を奪い合う曹操と関羽

 

一度は娶っていいと許可をもらったことを考えても関羽は面目を潰されているわけで、少なからず恨みはあったでしょう。そんな恋敵がいくら高待遇で誘ってきても留まるはずがありません。

 

また、曹操は後に杜氏との間に子供を何人も儲けていますが、曹操の元に留まれば嫌でもそういった話が入ってきます。ましてや関羽が曹操に降ったのは、呂布を滅ぼした2年後と時間もそれほど経過していません。

 

はじめてのプロ野球 関羽

 

そのため、関羽が何かしらの理由で完全に曹操に降ったとしても、どこかのタイミングで不満が爆発して曹操を殺すことを画策したはずです。それが成功するかは別にしても曹操やその配下たちは大いに動揺するでしょうし、それに乗じて他の勢力が攻めてくる可能性もあるので、関羽と曹操が仲良く手を組むようなことは起きなかったと筆者は考えています。

 

関連記事:関羽もメロメロ(死語)武神の心を掴んだ杜夫人は人妻!

関連記事:関羽、曹操に取りあいをされた人妻 杜夫人

 

【熱き戦いの記憶をコンパクト化】
三国志主要戦図一覧

 

もしも曹操が魏の武将だったら

皇帝に就任した曹丕

 

関羽が曹操に降り、そのまま魏の武将となっていたらどうなっていたのでしょうか。魏を建国するのが史実通り曹丕(そうひ)であるならば、おそらく関羽はお払い箱になっていたでしょう。

 

関羽が大好きすぎる曹操

 

そもそも魏は人材が豊富で、戦に長けた人物も内政が得意な人物も数え切れないほどいます。関羽は曹操に見込まれただけで、万人が評価していたわけではありません。

 

関羽

 

そうなると曹操の死後は当然冷遇されるはずです。仮に貴族などで後ろ盾があるならそれなりの役職には就けたと思いますが、それもない関羽は恐らく飼い殺されて終わりでしょう。

 

結局のところ、関羽は劉備の配下として三国にとっての要地である荊州を任されていたからこそ曹操も孫権も驚異に感じていただけで、そういった状況が伴わなければ一般レベルか、それより少し上くらいの評価しかなかったのです。

 

関連記事:意外と義兄弟と離れ離れの時期が長かった関雲長のぼっち履歴をご紹介

関連記事:蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!?

 

関羽が孫権に降っていたら

関羽に無視される孫権

 

三国志演義では襄陽(じょうよう)での敗戦後、関羽は孫権軍の捕虜になります。その際に孫権は関羽を懐柔できないかと画策をしていますが、仮にこれが成功していたらどうなっていたでしょうか。

 

関羽を油断させる陸遜

 

恐らく関羽は呂蒙(りょもう)陸遜(りくそん)らと共に再び荊州の守備をすることになったはずです。曹操は関羽を驚異と感じているので、北への備えとして使う分には十分な効果を発揮します。

 

夷陵の戦いで負ける劉備

 

また、劉備に対しての牽制としても有効です。関羽自身も特別な感情があるので、劉備軍とはまともに戦えなかったと思いますが、劉備も同様なのであえて荊州を攻めることはしないように思います。

 

そして孫権軍は荊州と合肥(ごうひ)方面から同時に魏領内に侵攻。ただ、結局は国力で大きく遅れを取っているので、呉の領土が多少広がったとしても大局には響かなかったでしょう。

 

関連記事:三国志時代にタイムスリップしたらあなたはどこに仕えたい?魏?呉?それとも蜀?

関連記事:ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭をしていた!

 

三国志ライターTKのひとりごと

TK(ライター)

 

劉曄は関羽に対して小国である蜀にとって唯一の名将という評価を下しています。ポジティブに捉えれば関羽は蜀の中で一番凄い人物であったと考えられますが、大国である魏からすれば関羽程度は掃いて捨てるほどいるとも取れるのではないでしょうか。

 

神様になった関羽(関帝廟ver1)

 

そう考えると関羽は魏に仕えたとしても頭角を表すことはできず、現在のように神格化されることもなかったはずです。関羽の魅力とはあくまでも弱小勢力だった劉備のもとにいてこそ光るものであり、だからこそ曹操や孫権など他勢力が価値を感じたというのが筆者の見解です。

 

みなさんはどうお考えになるでしょうか。

 

関連記事:何で曹操はあれだけ関羽を愛していたのに配下から逃がしたの?

関連記事:もし赤壁の戦いで曹操が死んだら歴史はどうなっていたの?

 

【樊城をめぐる劉備・曹操・孫権の軍事衝突】
樊城の戦い特集

 




関連記事

  1. 夷陵の戦いで負ける劉備
  2. はじめてのプロ野球 関羽
  3. 荊州争奪戦
  4. 諸葛喬
  5. 蔣琬(しょうえん)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

三国志って何?




PAGE TOP