39話:桃園三兄弟、バラバラに、、関羽は曹操に捕らわれる


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

旅馬 三国志

 

曹操(そうそう)の命令で朱霊(しゅれい)と共に、袁術(えんじゅつ)軍を撃破した劉備(りゅうび)は、軍を徐州の下邳(かひ)に駐屯させます。

 

袁術

 

やがて袁術(えんじゅつ)が死んだ事を知ると、劉備(りゅうび)は曹操(そうそう)に反旗を翻し、曹操(そうそう)の配下である徐州刺史車冑(しゃちゅう)を打ち破り独立を宣言しました。

 

前回記事:38話:名門に生まれた策略家 袁術の非業の最期


劉備(りゅうび)は曹操(そうそう)に挑むために仲間を増やす

劉備と曹操

劉備(りゅうび)は、関羽(かんう)に下邳の守りを任せると、自身は軍を移動させて、小沛に帰還します。劉備(りゅうび)が曹操(そうそう)に反旗を翻すと、これに呼応して東海郡太守の昌覇(しょうは)も反旗を翻し、オセロのように徐州全域が劉備についてその兵力は数万人に到達しました。

 

三国志の主人公の劉備

 

さらに劉備(りゅうび)は、曹操(そうそう)を牽制する為に孫乾(そんかん)を使者にして、袁紹(えんしょう)に使いをさせ、これと同盟を結びます。いやはや、見事な手際です、劉備(りゅうび)は伊達に戦に負けていた訳ではなくそこから、必勝の体勢を構築していたのでしょう。


曹操(そうそう)は劉備(りゅうび)を討伐に乗り出す

裏切りは許さぬ 曹操

 

曹操(そうそう)は、劉岱(りゅうたい)、王忠(おうちゅう)の二人を討伐に送り込みますが、劉備(りゅうび)軍はこれを難なく撃破します。ここで、曹操(そうそう)は自ら出撃を決意し、許昌から兵を出します。

 

袁術と袁紹

 

この時に諸将から、「劉備を攻めている間に、袁紹が背後を襲ってきたらどうしますか?」と出陣を危ぶむ声が出ましたが曹操(そうそう)は一笑に付します。

 

「袁紹は、むやみに野心だけはデカイが、決断力がない、、今回だって、動きはしないさ」

 

後継者を決めずにダラダラする袁紹

 

曹操(そうそう)の読みは正確で、劉備(りゅうび)が期待していた袁紹(えんしょう)の援軍はありませんでした。曹操(そうそう)の本隊は、鉄の団結を誇る歴戦の強者、青州兵です。数万とは言え、烏合の衆である劉備(りゅうび)軍では到底太刀打ちできません。


曹操(そうそう)は劉備軍(りゅうびぐん)をフルボッコ

曹操 油断

 

曹操(そうそう)と劉備(りゅうび)の初対決は、曹操(そうそう)の大勝利に終わり、劉備(りゅうび)軍は壊滅、、情けない事に劉備(りゅうび)は、家族の安否も確認できないまま袁紹(えんしょう)の下へと逃げ去るのが精一杯でした。

 

仕事をしないと連絡がきたため龐統を説教しにいく張飛

 

結局、張飛(ちょうひ)、関羽(かんう)ともはぐれ、桃園三兄弟はちりちりばらばらに分断されてしまうのです。


曹操(そうそう)は関羽(かんう)を捕虜にする

曹操は関羽をGET

 

下邳を守っていた関羽(かんう)は、劉備(りゅうび)の妻子を保護したまま、曹操(そうそう)の捕虜になってしまいます。

 

張飛の男気人生

 

張飛(ちょうひ)は曹操(そうそう)の追手を振り切り、芒碭(ぼうとう)山に逃げて山賊稼業に身を落とす羽目になってしまったのです。さあ、これからどうなる、、桃園三兄弟、、請うご期待。

 

次回記事:40話:義将関羽が曹操に出した降伏の3つの条件

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 馬謖を斬り悲しむ孔明
  2. 曹操が黄巾党が仲間に!
  3. 張角と通じていた宦官
  4. 殷の大様
  5. 張遼 カカロットーーーー!

    全訳三国志演義

    100話:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める

    劉備(りゅうび)の提案に乗った孫権(そんけん)は、10…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP