広告募集
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

孫権の妻たちは意外と知られてない?

この記事の所要時間: 40

大喬 小喬 三国志当時のファッションとは!

呉の女性といえば、誰もが思い浮かべるのは

美人姉妹、二喬(にきょう)として知られる

大喬(だいきょう)、小喬(しょうきょう)だと思われます。

大喬は孫策(そんさく)の妻に、

小喬は周瑜(しゅうゆ)の妻になりました。

 

また、孫権(そんけん)の妹で劉備(りゅうび)の妻になった

孫夫人(孫尚香)も有名です。

 

しかし、呉の君主である孫権の妻については

意外と知られていないのではないでしょうか。

 

今回は、孫権の妻についてまとめてみました。

 

 

 

謝夫人(しゃふじん)

謝夫人 孫権の妻

謝夫人は、孫権の最初の妻です。

会稽郡の出身で、『後漢書』を書いた謝承の姉。

孫権の母親、呉夫人が「ぜひ息子の嫁に!」と選んだ女性です。

呉夫人のお眼鏡にかなったということは、きっと家柄もよく教養もある人

だったのでしょう。

 

しかし、やはり母親が選んだ人ということは、

孫権の意思はそこになく……。

寵愛はやがて薄れてしまいます。

 

そのうち、家臣らが徐(じょ)夫人を皇后にと言い出したので、

謝夫人は「認めません!」と強く反発します。

結果を見届けず、失意のうちに亡くなってしまいます。

 

 

徐夫人(じょふじん)

三国志 音楽

 

徐夫人は、孫堅の妹の孫です。叔母の孫ということで

孫権とは親戚筋にあたります。

呉郡の出身で、最初に陸尚(りくしょう)と結婚します。

 

陸尚に先立たれた後、呉郡に住んでいたときに孫権と出会って妻となり、

長男孫登(そんとう)の母代りになり、しっかりと養育をしました。

 

孫登が太子となったために、徐夫人の立場は強くなりますが、

謝夫人が「あんな女を目上として敬うなんてムリ!」と反発しました。

 

おまけに、とても嫉妬深い性格をしていたことで

孫権は彼女を寵愛することはなく、

拠点を移したときに離縁されて、呉郡に取り残されてしまいます。

 

孫権は帝位についた後も、彼女を皇后にすることを拒んだので、

徐夫人もまた失意のうちに、病を得て亡くなります。

 

 

歩夫人(ほふじん)

三国志 川

 

歩夫人は、孫権に最も寵愛されましたが、側室でした。

徐州臨淮郡の出身で、

孫魯班(そんろはん)、孫魯育(そんろいく)の姉妹を生みました。

 

嫉妬をまったくしない人で、

後宮に住む他の女性たちにも優しく接したため、

孫権からとても大切にされました。

 

孫権は歩夫人を皇后にしたいと望みますが、

家臣らは、孫登の養母、徐夫人を皇后にと言って対立し、

そのまま十年以上が経ってしまいます。

 

しかし、実質的には彼女が皇后扱いをされていて、

周りからは「皇后さま」と呼ばれていました。

死後、孫権から正式に皇后位を追号されます。

 

王夫人(おうふじん)

隆中(りゅうちゅう) 真冬

 

王夫人は王盧九の娘で、徐州琅邪郡の出身です。

 

孫権の三男、孫和(そんか)を生みます。

孫和が皇太子に立てられたことで、立場が強くなると

後宮の女性たちをみんな追い出してしまいます。

 

そのため、歩夫人の娘、孫魯班に恨まれ、

散々仕返しをされたあと、失意のうちに亡くなります。

 

死後、孫皓より皇后位を追号されます。

 

 

王夫人(おうふじん)

三国志 ヒカリ

 

こちらの王夫人は、孫和の生母の王夫人とは別の人で、

荊州南陽郡の出身の女性です。

 

孫権の六男、孫休(そんきゅう)を生みますが、

孫和が皇太子になると、その母の王夫人から後宮を追い出され、

公安の地で、さみしい思いをしながら亡くなりました。

 

死後、孫休により皇后位を追号されます。

 

 

潘夫人(はんふじん)

水攻め 写真

 

潘夫人は、会稽郡句章の出身で、

孫権の七男、孫亮(そんりょう)の母です。

 

役人だった父親が、法に触れて死刑になったため、

姉と一緒に奴隷となり、織室で織物をしていました。

 

織室で孫権に見初められて後宮入りし、孫亮を生みます。

孫亮が皇太子になったため、251年に皇后になりました。

孫権の妻たちの中で、唯一生きている間に皇后になった人です。

 

しかし、ものすごく性格が悪く、

袁(えん)夫人など、数多くの妃を罠に陥れて殺害しました。

 

さらに、孫権が危篤になった時には

「よし、わたくしが実権を握っちゃうわよ!」

と喜び勇んで歴史書を調べて、計画を立てたりします。

 

しかし、この性格の悪さが災いします。

官女たちから憎まれ、

寝ているところを襲われて、官女たちからくびり殺されてしまいます。

そうとう恨まれていたのでしょう。

 

 

袁夫人(えんふじん)

袁術 伝説 ゆるキャラ

「わし、みんなの期待に応えて皇帝になる!」

と勝手に宣言し、皇帝を自称した袁術(えんじゅつ)の娘です。

 

さぞかし性格も「イタタタ……」な娘さんかと思いきや、

とても礼儀正しくまっすぐな女性だったといいます。

 

歩夫人が亡くなった後、孫権は彼女を皇后にしようと思ったくらい

大切にされていました。

 

袁夫人は、自分に子供がいないことを理由に、皇后になるのを断ります。

皇帝位を名乗った父親と正反対です!

 

たいへん美しい女性だったために、潘夫人から恨まれ、

讒言により殺されてしまいます。

 

 

謝姫(しゃき)

そんろは 孫魯班

 

 

孫権の側室で、四男孫覇(そんは)をうみます。

孫晧が皇帝になったときに、後宮を追い出されてしまいます。

 

 

 

仲姫(ちゅうき)

太陽 三国志 写真

 

 

孫権の側室で、五男孫奮(そんふん)を生みます。

 

 

 

趙夫人(ちょうふじん)

三国志 テクスチャ

 

 

趙達(ちょうたつ)の妹で、書画と刺繍を得意としました。

『三国志』には登場しません。

 

もともと虞韙(ぐい)の妻で、夫に先立たれて未亡人となったところ、

孫権に見初められて妻となりました。

 

 

 

おまけ・孫母(そんぼ)

三国志 海

 

 

孫権の妻ではありませんが、長男孫登(そんとう)の母です。

身分が低かったために後宮入りできなかったそうです。

 

子供の孫登は、徐夫人に養育されます。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

かぼちゃ 孫権

 

よく読まれてる記事:本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権

 

影の薄い孫権

 

よく読まれてる記事:何でこんなに孫権は地味なの?

 

北条氏康 ゆるキャラ 三国志

 

よく読まれてる記事:孫権と同じ三代目で地味な北条氏康

呂壱と孫権

 

よく読まれてる記事:終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ

 

はじめての三国志 アンケートのお願い

曹操 ゆるキャラ

 

サイトが見づらい、この武将をもっと取り扱ってほしいなど要望がありましたらこちら

 

 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

 

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

■好きなこと(趣味):

本屋さんをはしごすること

 

■好きな三国志の人物:

孫策と周瑜

 

■幸せを感じる瞬間

自分の書いた文章に素敵なイラストを描いてもらったとき

 

■出没場所

動物園

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. 三国志の時代にも可愛い巫女が存在した!?李傕や劉禅もハマった巫女…
  2. 三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだっ…
  3. 魏の三代目皇帝・曹芳(そうほう)就任により魏は滅びの道を歩んだ?…
  4. 84話:龐統登場と同時に左遷(笑)
  5. 姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長…
  6. 【孫武の名言】「将、軍に在りては君命をも受けざるところにあり」っ…
  7. 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?
  8. 中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 史書から見る曹操の評価がベタ褒めすぎてやばいってホント?
  2. あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由
  3. 暴漢・董卓は後漢王朝を安定させようと努力していた!
  4. 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?
  5. なぜ袁紹は小勢力の曹操に敗北してしまったの?原因は名士だった!?
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【1/30〜2/5】

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

東方明珠のへなちょこ長安旅行記 その4 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに? 終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ 卑弥呼の謎!曹爽と卑弥呼には関係があった!? 朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶力抜群の呉の指揮官 【軍師連盟】晩年の司馬懿には欠点はなかったの? 范増(はんぞう)とはどんな人?項羽軍の頭脳として活躍した老軍師 120話:司馬懿失脚の隙を狙い孔明は北伐に踏み切る

おすすめ記事

  1. 『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわざ
  2. 出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具
  3. はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホープ
  4. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロであり陳寿も認めた忠義と信義【後編】
  5. 楊修(ようしゅう)とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲劇の秀才
  6. 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」
  7. 123話:馬謖痛恨のミス!!泣いて馬謖を斬る孔明
  8. 李靖(りせい)とはどんな人?曹操と孔明の二人から学んだ初唐の名将

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP