成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!

2015年8月12日


はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

ネズミが李斯の運命を変えた(1P目)

 

李斯、呂不偉(りょふい)の推挙で秦に仕官する

呂不韋

 

学びを終えた李斯は、秦に入り当時大勢の食客を抱えていた呂不偉に採用されます。法家の知識に優れた李斯は、呂不偉に重宝される事になったのです。

 

関連記事:衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家

 

李斯、嫪毐(ろうあい)・呂不偉の禍で追放されそうになる

嫪毐 ろうあい

 

その後、呂不偉の引き立てで秦王政に会った李斯は、金銭で六国の切り崩しを図る事を提言して注目され、実際に各国に入り将軍と王族の離間工作を計り成功します。ところが紀元前237年、他所者の嫪毐(ろうあい)が反乱を起した事で、秦の中で、外国籍の家臣の不信感が増大して追放運動が起きました。呂不偉も処分され、楚の出身である李斯も追放されかけます。

 

関連記事:嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせる

 

李斯、諫逐客書を提出し、行き過ぎを諌める

李斯

 

しかし、ここで李斯は哀れみを請うのではなく一転して攻めに出ました。諫逐客書(かんちくきゃくしょ)という書を出して、これまでいかに秦が他所者を厚遇した為に発展してきたかを理路整然と説明してきたのです。秦王政は、李斯の態度に感心し、追放令を撤回すると共に、これまで以上に李斯を重く用いるようになります。

 

李斯焦る、秦王政が韓非を呼び寄せる

韓非 キングダム

ようやく秦王の心を掴んだ李斯ですが、この頃、政は、韓非子(かんぴし)という法家の理論書に夢中になります。

 

「余は、この本を書いた人物に会えたなら死んでも悔いはない」韓非子を読み終えた政は、感激し口々にこのような事を言いました。

 

たまたま、韓非を知っている家臣がいて、韓非は韓の王族であると言ったので政は、韓に使いを遣り韓非子を呼び出します。李斯はこれを聴いて危機感を持ちました。韓非は、荀子の所で学んでいた頃の同門で学力においては、李斯が全く及ばない程の天才だったからです。

 

関連記事:武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物

関連記事:諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる?

関連記事:劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

関連記事:キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?

 

李斯、讒言によって韓非を毒殺

 

ところが、韓非には吃音があり人前では碌にしゃべれない人でした。書のような雄弁な人物をイメージしていた政は「あれ?」とガッカリし韓非をしばらく秦に留めておきます。これは李斯にとってチャンスでした、すかさず李斯は政に対して韓非の悪口を吹きこみます。政は、これを真に受け韓非子を獄に繋いでしまいます。李斯は、さらに讒言して、とうとう韓非に毒を与えて自殺させました。

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-はじめての変
-, , ,