春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

はじめての変

意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?

この記事の所要時間: 323

曹萌

 

曹操(そうそう)は、大金持ちの曹嵩(そうすう)を父として育ち、

青年期までは何不自由ない暮らしを送っていました。

 

そのようなバックボーンを知っていると、その後も、優雅な暮らしをしていたように

思いますが、意外にも曹操には実は貧乏症だったのでは?という疑惑があります。

 

桁外れの金持ちだった曹操の父、防衛大臣の位を金で買う

宦官集合 

 

曹操の父の曹嵩は、宦官として大出世した曹騰(そうとう)の養子になった人です。

彼は、宦官(かんがん)の孫という息子のハンディを少しでも軽くしようと、

大尉(たいい)という防衛大臣の位を金で買い半年間だけ在職しました。

 

その買収金額は1億万銭、今の金額だと330億円にもなります。

こんな大金をポンと出せる金持ちの息子なのですから、少年から

青年期の曹操が何不自由ない生活を送れたのは容易に想像できます。

 

関連記事:人々の鑑になった良い宦官達

関連記事:後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰?

 

お金持ちのボンボンの筈が、THREE KINGDOMで見せた貧乏症

三国志 Three Kingdoms 前篇 DVD-BOX (限定2万セット)

 

ところが、ドラマ、THREE KINGDOMの第12話の

「呂布、小沛に留まる」で、曹操は金持ちのボンボンらしからぬ行動をしています。

 

徐州に劉備を攻めようとしていた曹操、そこに荀彧(じゅんいく)がやってきて

兗州(えんしゅう)に呂布(りょふ)が入ってきた事を告げます。

食事中の曹操は「何だと!」と激怒して飯椀をひっくり返しますが、

冷静になると、こぼれた飯粒をしっかり拾い、また食べているのです。

 

これは、どうした事でしょう、金持ちのボンボンだった曹操に何が起きたのでしょうか?

 

関連記事:荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説

関連記事:孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した?

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

 

曹瞞伝にも出てくる曹操の貧乏症

笑う曹操

 

曹操の貧乏症を思わせる部分は、曹瞞(そうまん)伝という書物にも出てきます。

その中での曹操は、笑い上戸の小さいおっさんであり、音楽を愛好し、

ヒマさえあれば詩を書きつけ、一秒もじっとしていない人だったようですが、

その中に、曹操は腰に大小の袋を下げて、色々の小物を入れていた

というような記述が出てきます。

 

この複数の袋を持つというのは往年の刑事ドラマ、刑事コロンボの主人公の

コロンボ警部も同じですが、何か役に立ちそうな物を中々捨てられず、

手元に置いておきたいという貧乏症の性格に由来しています。

 

コロンボ警部は、殺人現場で得た証拠品やメモや小物を所構わずに、

トレンチコートのポケットに放り込んでしまいます。

後で、それをどこへやったか?と探すのがドラマの味になっていますが、

それは兎も角、曹操も、そのような色々なものを捨てずに持っておくという

貧乏症の癖があったように見受けられるのです。

 

関連記事:実は笑い上戸のちっこいオッサン? 『曹瞞伝』に見る曹操像

 

曹操を貧乏症にした兗州の貧しさ

曹操02

 

曹操が、貧乏症になってしまったのは、初めて領有した兗州の貧しさと

無縁ではありません。

元々は中央に近い、豊かな地域だった兗州ですが、後漢の度重なる戦乱を

直撃で受けて、田畑は荒れ果て人口は流出していました。

 

そこを手に入れた曹操は、ほとんど慢性的に兵糧不足に苦しみ、

徐州戦のように一方的に勝っていても兵糧が不足して退却するという事や、

呂布との戦いでも記録的な蝗(いなご)の害に襲われ兵糧不足から

停戦するという事も度々発生していました。

 

また、兵糧不足から、兵士の不満が高まると食糧係に罪を着せて、

処刑するなど喰い物に関係する逸話が多いのも特徴です。

 

関連記事:曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」

 

食糧不足から来る飢えの恐怖が曹操を貧乏症にした

袁紹 曹操

 

袁紹(えんしょう)との官渡の戦いだって一番の敵は兵糧の不足だった程です。

食糧が枯渇した曹操は、もっぱら袁紹軍の補給隊を襲い食糧を繋ぐような始末でした。

 

袁紹から投降した許攸(きょゆう)が曹操軍の兵糧の量を聞いた所

曹操は当初虚勢を張り「1年間は持つ」と言いましたが、

許攸に嘘を見抜かれたので、「ここ1カ月も危ない」と白状しています。

 

このような状態は、屯田制が軌道に乗るようになると大きく改善しますが、

飢えの恐怖を心に刻みつけた曹操は、こぼした飯さえ拾って食べるという

元ボンボンらしからぬ貧乏症の性格になってしまったのです。

 

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何?

関連記事:曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ?

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

貧乏症はいわゆるケチとは違います、ケチは自他共に金銭をケチる人ですが、

曹操は、必要な時には、大金を散じているからです。

ただ、自分個人に関する事に関しては、生涯貧乏症が抜けなかったようです。

曹操は遺言で葬儀は軽くして、宝飾品は墓に入れるなと言いますが、

おそらく普段から、不必要なぜいたく品は手元に置かなかったのでしょう。

 

今日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれてる記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

西郷隆盛 ゆるキャラ

 

よく読まれている記事:劉備と西郷隆盛の共通点って何?

 

劉備 人望

 

よく読まれてる記事:ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期

 

三顧の礼 ゆるキャラ 孔明

 

よく読まれてる記事:諸葛孔明の庵を3回尋ねる劉備、これが三顧の礼

 

劉備 食客

 

よく読まれてる記事:天運を掴んだ曹操の食客に落ちぶれる劉備


人間ドッグ
 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

 

関連記事

  1. 周宣(しゅうせん)とはどんな人?夢を占わせれば、九割の精度を誇っ…
  2. キングダムの史上最悪の宦官、趙高(ちょうこう)はどうやって浮き上…
  3. 43話:孫策、後事を孫権に託して病没する
  4. 秦国六大将軍、胡傷(こしょう)は王翦の師匠だった!?
  5. こんなに厳しい!三国志の時代の宴会のマナーが超複雑
  6. キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実…
  7. 【第1話】戦え!于禁文則ん「鮑信との出会い」
  8. 麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってきたのか?
  2. 荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀彧の遠孫
  3. 楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しちゃうよ?
  4. 何で武田晴信は長尾景虎との対決を避け続けたの?
  5. 東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1
  6. キングダム 楚の宰相、春申君の最後が残念すぎる

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る 曹彰(そうしょう)とはどんな人?勉強嫌いだが、武を磨いて将来を期待された曹操の4男 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【1/16〜1/22】 【龐煖の死】対趙攻略戦を地図で解説&大胆キングダム予想! 三国志の劉備が愛した4人の妻を紹介 【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁 超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第4部

おすすめ記事

  1. 漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの?
  2. 【コラボ企画】はじめての三国志 x レキシズル 3月25日開催決定
  3. 大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!?
  4. 三国志演義と正史・汴水の戦いを比較
  5. 後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語
  6. 9話:張角が太平道信者を増やした方法
  7. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計
  8. 【難問】三国志好きは解きたくなる!なぞなぞ・クイズ集

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP