曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?

2016年6月3日


 

曹操

 

三国時代は(ぎ)・蜀(ご)・呉(しょく)がしのぎを削った時代です。

この時代は敵の国に勝つため、戦いで役に立つ物や日常生活に役立つ物など

様々な物が発明されたり、研究されたりしておりました。

曹操(そうそう)も色々なものを作ったり、研究した一人です。

今回は彼が研究したものや作ったものをピックアップしてみました。

 

献帝に「九醞春酒法」を上奏

お酒 三国志 曹操

 

曹操は戦においてめっぽう強かったですが、

それ以外にも彼は色々な物を後世に残してくれました。

彼のおかげで後世に残った物として有名な物に

「九醞春酒法(きゅううんしゅんしゅほう)」があります。

これはどのような法なのでしょうか。

 

現在の日本の酒造法の先駆け!?

張飛にお酒 だめだよ

 

この「九醞春酒法」を開発したのは県令であった郭芝(かくし)という人物です。

曹操はこの郭芝が行っていた九醞春酒法で作った酒と製造方法を献帝に献上しています。

曹操が上奏した九醞春酒法を私なりに訳してみます。

九醞春酒法は「麹30斤と水5石を使って12月に麹を清めて解凍。

その後きれいに酒カスをとり、3日に一度発酵させ、

9回ほど発酵させれば美味しいお酒ができますゆえ、陛下も試してみてください。

また9回発酵させても苦くて飲めない場合は、

もう一度だけ発酵させると甘くて飲みやすくなります。」とざっくり訳してみました。

この郭芝が作った「九醞春酒法」は、

現在の日本酒の酒造法である「段仕込み」の原型になっているそうです。

皆さん日本酒を飲む機会がありましたら、曹操のことを思い出してみてください。

 

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

関連記事;お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

 

孫子の兵法書を編纂

孫子の兵法 曹操

 

曹操は三国志の君主の中でも一番といっていいほどに戦上手です。

彼は戦や政治の多忙な中、時間を見つけて孫子の研究を行っておりました。

彼は「官渡の戦い」に勝利した後から孫子の編集を手掛け、

赤壁の戦いが始まる直前に完成します。

この曹操編纂の孫子の名を「魏武帝註孫子(ぎぶていちゅうそんし)」といい、

今日皆さんが読んだことがあり普及されている孫子は、実は曹操が書いたものです。

 

なぜ曹操は孫子の編集をしたのか

ビル・ゲイツ

 

曹操はなぜ孫子の編集を行ったのでしょうか。

それは魏の領土が広大になったことが原因として挙げられます。

曹操は官渡の戦いに勝利したことで領有することとなった領地は、

兗・予・徐・司・幷・冀・青・幽・雍の九つの州を領地としておりました。

曹操が各地の現場や細かい政治の判断をいちいち指示するには、

時間と手間がかかります。

そのため彼は各地に駐屯している現場の将軍達や高級幹部が、

自己判断できるように教育することを目的として孫子に註をつけて編纂し、

教科書として配布します。

 

関連記事:現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について

関連記事:『うしおととら』の獣の槍の元ネタは孫子の時代にあった?古代中国の名剣・干将と莫邪

関連記事:【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書

関連記事:海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 番外編】

 

文学史に名を残した英雄

曹操 詩

 

曹操は文学史にも名を残しております。

彼は軍事や政治に多忙な中文学に勤しみ、

詩の上手い配下や自分の息子である曹丕や曹植らと共に建安文学を立ち上げます。

また彼の詩は「文選」と呼ばれる詩を集めた本に記載されております。

 

関連記事:曹操の詩の世界を体験してみよう

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

関連記事:三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生

 

宝剣も製造する

曹操 ガラス

 

曹操は五振りの宝剣を作ります。

この宝剣の名を「百辟刀(ひゃくへきとう)」といい、

何回も繰り返し鉄を叩き上げた宝剣で、

この宝剣を作るために三年もの時間をかけて完成。

刀の文様に凝っており龍・虎・熊・鳥・雀の五種類が刻まれております。

曹操は宝剣が完成すると、曹丕には龍の宝剣。曹植には虎の宝剣。

 

曹幹

 

曹熊(そうゆう)には熊の宝剣をそれぞれ与えます。

残りの二振りは曹操自ら持つことになります。

曹植は曹操から宝剣をもらった事がかなり嬉しかったらしく、

「寶刀賦(ほうとうふ)」と呼ばれる詩を作っております。

 

関連記事:宝刀・七星剣(しちせいけん)?なにそれ?おいしいの?伝家の宝刀を分かりやすく解説!

関連記事:意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い

関連記事:【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR)

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

曹操は軍事や政治でも後世に残る素晴らしい実績を残しております。

しかしそれ以外にも興味を持ったものは徹底的に掘り下げていき、

自らの探求欲を満足させています。

また彼は囲碁も得意で、

囲碁の名人と戦っても引けを取らないほどの腕前であったそうです。

これで背が高ければ、完璧でしたね。

「今回の三国志のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじさんでお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~」

 

関連記事:はじさんが曹操を丸裸に!素顔は?身長は?曹操を徹底追及!

関連記事:まるでルイージマンション?曹操の自宅は、お化け屋敷だった!!英雄のお屋敷を徹底紹介!

関連記事:【初心者向け】本田圭佑が憧れている曹操(そうそう)という人はどんな人だったの?

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はじめての三国志

「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした 歴史エンタメメディアです。
(®登録商標:第5800679号)

-三国志の雑学, 執筆者:黒田廉
-, , , ,