広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由

この記事の所要時間: 330




袁術と袁紹の喧嘩

 

古来から中国の文化は関東と関西に分かれます。

関西は将を出だし、関東は相を出だすと云われている通り、軍事面で圧倒的に優れていたのは関西でした。

文武両道という言葉がありますが、中国は武より文を重んじる国です。

よって政治を関東が引っ張り、関西がそれに同調するというのが一般的な流れになります。

いろいろな側面がありますが、董卓とこの関東諸連合の戦いは、実は関西VS関東の戦いです。




三国志演義の虚構

反董卓軍010

 

三国志演義ではこの反董卓連合を「十八路諸侯」と呼んでいます。

しかし実際には連合に参加していない人物の名前も見られます。

馬超(ばちょう)陶謙(とうけん)、孔融(こうゆう)、公孫瓚(こうそんさん)などがそれにあげられます。

特に馬超は関西の人間です。関東に与するわけがありません。

この時代に名を馳せた有名な将軍に皇甫嵩(こうほすう)という人物がいましたが、

関西の出身で、董卓側についています。

また、三国志演義ではこの十八路諸侯が陳留に集結したとしていますが、

実際はかなりばらけて陣を敷いています。

陳留の酸棗(さんそう)に駐在していたのはリーダー格の張邈、

弟の張超、曹操、鮑信、橋瑁、袁遺、劉岱の七名です。

袁紹(えんしょう)は黄河の北にいましたし、袁術(えんじゅつ)孫堅(そんけん)は南にいました。




清流派の集団

孫堅

 

関東の反董卓連合の正体は、董卓によって用いられるようになった清流派知識人の集団です。

その筆頭が八厨に数えられた張邈でしょう。

関東軍は理想や志こそ高くても、軍事面において関西軍より未熟であり、

また、まとまりを欠いていました。

実際に戦闘したのは曹操、袁術、孫堅、王匡だけであると云われています。

他は連日宴会を開き、日和見状態だったそうです。

特に袁術配下の孫堅の強さは抜き出ており、

董卓の勇将・華雄(かゆう)を討ち取ったことで有名です。

董卓もこことだけは和睦を結びたがっていたようです。

 

関連記事:これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう)

関連記事:呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選

関連記事:董卓はどうしてデブになったの?真面目に考察してみた

 

兵糧切れ

孫堅

 

袁術が孫堅の活躍に嫉妬し、前線に兵糧を輸送しなかったことで孫堅が敗れたことになっています。

また兵糧を巡る争いでは、劉岱が橋瑁を討っています。完全な内部分裂です。

 

空腹の兵士

 

このように関東軍は絶えず兵糧の問題に悩まされていました。

やがて兵糧が尽きて一年ほどで連合軍は自然消滅してしまいます。

持久戦をすれば董卓が折れると予想していたのでしょうが、

退却しなければならなくなったのは関東連合軍の方でした。

 

関連記事:地味だけど超大事!三国志の時代の食糧貯蔵庫とはどんなもの?

関連記事:棗祇(そうし)とはどんな人?新しい兵糧収入法を考え曹操の覇業を支えた功臣

関連記事:偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?

 

長安への遷都

朝まで三国志 董卓

 

関東連合軍の敗北を決定づけたのは、董卓が洛陽から都を西の長安に移したことです。

このことで献帝は完全に関西の領土に連れて行かれることになります。

兵糧の問題を抱えており、兵站を延ばすことのできない関東連合軍は動きが取れなくなります。

危機を感じた曹操は必死にこれを追撃しますが寡兵のために敗れます。

袁紹は献帝の救出を諦めて、幽州の劉虞を新帝に立てると云い出す始末です。

この状況では誰も長安までの長距離の進軍はできなかったのではないでしょうか。

董卓の見事な作戦勝ちです。

 

関連記事:1800年前の古代中国に鉄軌道跡を発見、燃料不足解消か?長安から漢中までの鉄軌道

関連記事:洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓

関連記事:菫卓が死んだ後、長安はどうなったの?

 

結論

曹操 魏王

 

このように考えていくと、反董卓連合に勝ち目があったとは到底思えません。

仮に曹操がリーダーとなり、全軍が一丸となれていれば話は違ったかもしれませんが、

このときの曹操は兵を他人から借りるほど小さな勢力でした。

諸侯を率いることなど夢物語です。

董卓は関東諸侯の思惑がちぐはぐであることを見抜いていたでしょうし、

主力である袁紹と袁術の仲が悪いことも把握していたことでしょう。

戦わずしても勝てるとまで踏んでいたに違いありません。

反董卓連合は負けるべくして負けたと云えます。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

この戦いの一番の見せ場は、董卓側の華雄軍VS袁術側の孫堅軍の戦いでしょう。

「陽人の戦い」と呼ばれている激戦です。

ここでの敗北だけは董卓も予想外だったに違いありません。

袁術軍だけは関東軍のなかでは特異だったのかもしれません。

軍事面で関西に対抗できる唯一の勢力だったのではないでしょうか。

 


よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:ろひもと理穂

ろひもと理穂

■自己紹介:

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。

 

■好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

 

■何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介
  2. 【江陵攻防戦】名将・曹仁が見せた粘り腰が周瑜に致命的な一撃を加え…
  3. 馬鈞(ばきん)とはどんな人?諸葛亮を凌駕する魏の天才発明家
  4. 諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱…
  5. 十常侍ってなんぞや?
  6. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編
  7. すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選
  8. 【袁術の戦いを振り返る】徐州・豫州の戦いには人間ドラマが盛り沢山…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【センゴク】明智光秀へ「ありがとう」と感謝しなくてはならない大名達を紹介
  2. 曹操に仕える前の龐徳って何してたの?地方の役人として後漢王朝に仕えていた男の人生
  3. 王昭儀列伝|曹操に最も寵愛された女性
  4. 黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河
  5. 68話:劉表死す、そして偽の遺言書で劉琮が後継者に
  6. 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察 曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加していた! 【最終回 幻想少女】ここまで攻略プレイした感想を正直にお伝えします 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド 的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死 蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの? 【お知らせ】新企画第1弾「はじめての三国志メモリーズ」をリリースします キングダム 511話 ネタバレ予想:王翦はどこへ消えたのか?

おすすめ記事

  1. もうやってられない! 三国志の時代ではどのような理由で主を変えてたの?
  2. 崔琰(さいえん)は曹操に仕える前はいったい何をしていたの?
  3. 実は大激戦だった!劉備の蜀獲りを地図で見ると意外なこともわかる!
  4. 甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)
  5. 【新サービス】はじめての三国志メモリーズを始めました
  6. 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3
  7. 張紘(ちょうこう)とはどんな人?張昭と共に孫策・孫権を支えた補佐役
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【10/17〜10/23】

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP