三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【母は偉大なり】三国志の英雄を支えた偉大な母たちを紹介!

孫堅の妻
この記事の所要時間: 69




呉夫人

 

三国志の時代では、主に男性が兵として戦っています。

これは当たり前と言えば当たり前ですが、三国時代において女性はどうしていたのでしょうか?

戦乱の世なのだから、多くの女性や子供は戦争の犠牲者となっていたことでしょう。

そうした戦乱の中でも、強く生きてきた女性たちがいます。

今回はそうした女性たちの中でも、有名人物の「母親」を御紹介します。




三国時代の母親達

孫堅の妻

 

歴史に名を残すような女性達は、いずれも有名武将の妻や親族ですが、

それだけでは名前しか残っていません。

今回は名前に関わらず、功績を重視して有名人物の

「母親」をピックアップしました。

中には、名前すら記録されずに「○○の母」等と記録されている人物もいますが、

そのような人物も含めてご紹介します。




劉禅の養母 麋夫人

劉備と4人の妻

 

劉備(りゅうび)の妻は何人かいますが、ここでは麋夫人(びふじん)のことを指しています。

麋夫人(びふじん)は長坂の戦いにおいて、趙雲(ちょううん)とはぐれてしまい、

劉備(りゅうび)の子、阿斗(あと)を抱えて、曹軍の中に置き去りにされてしまいました。

その時、敵軍の真っただ中を駆けてきた趙雲(ちょううん)によって保護されます。

しかし、ここで問題が生じます。

 

趙雲(ちょううん)「私が来たからには安心です。さあ、早く馬にお乗りください。」

麋夫人(びふじん)「私が馬に乗ったらあなたはどうやって敵軍の中を逃げるのですか。

私がいては足手まといです。

でも、この子は後継ぎとして必ず必要となるでしょう。

この子だけでも逃がしてください(井戸に身を投げる)」

 

趙雲 長坂の戦い

 

趙雲(ちょううん)「奥方様あぁぁぁ!!! ・・・何ということだ。

こうなっては、阿斗(あと)様だけでも我が君の元に届けなくては。」

 

阿斗(あと)の実の母親は甘夫人(かんふじん)なので、

阿斗(あと)は麋夫人(びふじん)の実の子ではないのですが、それでも自らの命を顧みず救うという感動のシーンです。

この時の彼女の功績がいなければ、

阿斗(あと)つまり劉禅(りゅうぜん)の命は無く、歴史は変わっていたかもしれません。

この場合、劉封(りゅうほう)が跡継ぎになるのでしょうか。

 

関連記事:実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗

関連記事:かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生

関連記事:小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた

 

姜叙の母が我が子に一喝!

馬超仲間入り

 

潼関の戦いにて、曹軍に敗れた馬超(ばちょう)はその後、

涼州の魏軍の領土を攻め取っていきます。

涼州刺史の韋康(いこう)は冀城を守っていましたが、馬超から冀城を守りきれないと判断し、

部下の楊阜(ようふ)の再三に渡る諫めも聞かず、馬超(ばちょう)に降伏してしまいました。

しかし、その後韋康(いこう)は馬超(ばちょう)に殺されてしまいました。

しかし、楊阜(ようふ)は生かされ、重用されることとなりました。

楊阜(ようふ)はそんな状況に納得しているわけは無く暇を貰い、

歴城に出向き従兄弟にあたる姜叙(きょうじょ)の母に、思いの丈を吐き出しました。

 

楊阜(ようふ)「主は私の諫めを聞かず、命を落としてしまった。

私は主を諫められなかったばかりか、その死に際に御供することすら叶わなかった。

何と情けない。姜叙(きょうじょ)は歴城にいながら、なぜ指を加えてみているのか。」

 

姜叙(きょうじょ)の母「なんと嘆かわしい・・・。

姜叙(きょうじょ)!こっちいらっしゃい!!!」

 

姜叙(きょうじょ)「どうしたの? ママン。」

 

姜叙(きょうじょ)の母「こんなところで何ぼさっとしてんの!

逆賊の馬超(ばちょう)を何で野放しにしているの!!」

 

姜叙(きょうじょ)「いやぁ、でも、だって・・・ほらっ

戦になったらママにだって迷惑がかかるしさ」

 

姜叙(きょうじょ)の母「何女々しいこと言ってんの! 誰でも一度は死ぬものよ!

忠義のために死んでこそ、良き死に方というものです!!!

そんなくだらない理由なら、この場で私の命を絶って心残りのないようにしてあげます!!!」

 

これを聞いた姜叙(きょうじょ)は渋々ながら、楊阜(ようふ)に協力することにしました。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 陳登 【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ち…
  2. 孔明 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?前編
  3. 賈詡 賈詡と陸遜を徹底比較!あなたはどっちの天才軍師を起用する?
  4. 新年 劉備 曹操 孔明 【三国志時代の正月風景】英雄達も正月くらいはのんびりしていたの?…
  5. photo credit: Cycle: VIII via photopin (license) 【はじめての孫子】第10回:九変の利に通ずる者は、兵を用うること…
  6. photo credit: Thorny via photopin (license) 賈逵(かき)ってどんな人?地味で目立たないが、居ないと困る魏の将…
  7. photo credit: Romantic via photopin (license) 劉巴(りゅうは)とはどんな人?天下に名声を轟かせた名士であるが、…
  8. photo credit: FallTree via photopin (license) まだまだあるよ!諸子百家シリーズ 陰陽家・農家・小説家

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 韓信と鍾離昧
  2. 賈詡
  3. 李斯 ネズミ
  4. Centuria hoka
  5. はじめての三国志週間5月
  6. photo credit: Glorious peacock feathers via photopin (license)
  7. ㈱三国志 劉備 孔明
  8. 馬鈞
  9. 石川克世 三国志
  10. 三国志 麻雀

おすすめ記事

  1. 【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【後半】 韓信vs孔明12 韓信
  2. 【新事実】漢の時代の市場はヤンキーの溜まり場だった! ヤンキー
  3. 蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの? 劉禅
  4. 三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操 人材マニア 曹操
  5. 【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情 爆笑三国志
  6. 【シミルボン】戦だけが能じゃない?三国志の英雄達を詩で比較してみたよ! 蔣琬と姜維と王平

三國志雑学

  1. うしおととら
  2. 劉備とサンタクロース
  3. 曹宇
  4. 政
  5. 周瑜 孫策

ピックアップ記事

  1. 基礎知識 馬謖03
  2. 孔明
  3. はじめての三国志・週間まとめ
  4. 基礎知識 馬謖03
  5. 鍾会
  6. 孟達 司馬懿
  7. 五虎大将軍 趙雲
  8. はじめての三国志

おすすめ記事

曹操 鶏肋 楊修(ようしゅう)とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲劇の秀才 貂蝉 【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見! 週間まとめ 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/14〜11/20】 photo credit: I love it when you dress in blue! via photopin (license) 老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた 最弱武将 張飛 張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち 魯粛 天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった? 江戸 1185(いいはこ)になった?三国時代の幕府って何? 暗殺計画自慢の董承07 秦慶童 【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったWanted

おすすめ記事

  1. 知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント 兵馬俑 kawauso
  2. 【ドラゴンブレイド番外】古代ローマ版曹操?カエサルの生涯が凄すぎる ドラゴンブレイド 引用
  3. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見どころ紹介 おんな城主01 直虎
  4. 誰かに話したくなる!三国志にまつわる都市伝説『後漢・魏・呉・晋の●●●』 曹丕
  5. 8話:社会不安を利用し急速に拡大した太平道、当時の人が宗教に頼った理由とは? 張角歴史の表舞台に登場(マジックショウ)
  6. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?前編 孔明
  7. 群雄の名言から知る三国志の世界【小覇王孫策の名言】 孫策
  8. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.1 陸遜

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP