よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【母は偉大なり】三国志の英雄を支えた偉大な母たちを紹介!

この記事の所要時間: 67




呉夫人

 

三国志の時代では、主に男性が兵として戦っています。

これは当たり前と言えば当たり前ですが、三国時代において女性はどうしていたのでしょうか?

戦乱の世なのだから、多くの女性や子供は戦争の犠牲者となっていたことでしょう。

そうした戦乱の中でも、強く生きてきた女性たちがいます。

今回はそうした女性たちの中でも、有名人物の「母親」を御紹介します。




三国時代の母親達

孫堅の妻

 

歴史に名を残すような女性達は、いずれも有名武将の妻や親族ですが、

それだけでは名前しか残っていません。

今回は名前に関わらず、功績を重視して有名人物の

「母親」をピックアップしました。

中には、名前すら記録されずに「○○の母」等と記録されている人物もいますが、

そのような人物も含めてご紹介します。




劉禅の養母 麋夫人

劉備と4人の妻

 

劉備(りゅうび)の妻は何人かいますが、ここでは麋夫人(びふじん)のことを指しています。

麋夫人(びふじん)は長坂の戦いにおいて、趙雲(ちょううん)とはぐれてしまい、

劉備(りゅうび)の子、阿斗(あと)を抱えて、曹軍の中に置き去りにされてしまいました。

その時、敵軍の真っただ中を駆けてきた趙雲(ちょううん)によって保護されます。

しかし、ここで問題が生じます。

 

趙雲(ちょううん)「私が来たからには安心です。さあ、早く馬にお乗りください。」

麋夫人(びふじん)「私が馬に乗ったらあなたはどうやって敵軍の中を逃げるのですか。

私がいては足手まといです。

でも、この子は後継ぎとして必ず必要となるでしょう。

この子だけでも逃がしてください(井戸に身を投げる)」

 

趙雲 長坂の戦い

 

趙雲(ちょううん)「奥方様あぁぁぁ!!! ・・・何ということだ。

こうなっては、阿斗(あと)様だけでも我が君の元に届けなくては。」

 

阿斗(あと)の実の母親は甘夫人(かんふじん)なので、

阿斗(あと)は麋夫人(びふじん)の実の子ではないのですが、それでも自らの命を顧みず救うという感動のシーンです。

この時の彼女の功績がいなければ、

阿斗(あと)つまり劉禅(りゅうぜん)の命は無く、歴史は変わっていたかもしれません。

この場合、劉封(りゅうほう)が跡継ぎになるのでしょうか。

 

関連記事:実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗

関連記事:かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生

関連記事:小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた

 

姜叙の母が我が子に一喝!

馬超仲間入り

 

潼関の戦いにて、曹軍に敗れた馬超(ばちょう)はその後、

涼州の魏軍の領土を攻め取っていきます。

涼州刺史の韋康(いこう)は冀城を守っていましたが、馬超から冀城を守りきれないと判断し、

部下の楊阜(ようふ)の再三に渡る諫めも聞かず、馬超(ばちょう)に降伏してしまいました。

しかし、その後韋康(いこう)は馬超(ばちょう)に殺されてしまいました。

しかし、楊阜(ようふ)は生かされ、重用されることとなりました。

楊阜(ようふ)はそんな状況に納得しているわけは無く暇を貰い、

歴城に出向き従兄弟にあたる姜叙(きょうじょ)の母に、思いの丈を吐き出しました。

 

楊阜(ようふ)「主は私の諫めを聞かず、命を落としてしまった。

私は主を諫められなかったばかりか、その死に際に御供することすら叶わなかった。

何と情けない。姜叙(きょうじょ)は歴城にいながら、なぜ指を加えてみているのか。」

 

姜叙(きょうじょ)の母「なんと嘆かわしい・・・。

姜叙(きょうじょ)!こっちいらっしゃい!!!」

 

姜叙(きょうじょ)「どうしたの? ママン。」

 

姜叙(きょうじょ)の母「こんなところで何ぼさっとしてんの!

逆賊の馬超(ばちょう)を何で野放しにしているの!!」

 

姜叙(きょうじょ)「いやぁ、でも、だって・・・ほらっ

戦になったらママにだって迷惑がかかるしさ」

 

姜叙(きょうじょ)の母「何女々しいこと言ってんの! 誰でも一度は死ぬものよ!

忠義のために死んでこそ、良き死に方というものです!!!

そんなくだらない理由なら、この場で私の命を絶って心残りのないようにしてあげます!!!」

 

これを聞いた姜叙(きょうじょ)は渋々ながら、楊阜(ようふ)に協力することにしました。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍 郭淮の死は正史三国志と三国志演義では全然違う件
  2. 三国志に学ぶ国家絶滅危機:もし日本(国家)がなくなったら、日本人…
  3. 魏の名将文鴦はダメ親父に足を引っ張られ人生台無し?
  4. 五虎大将軍の馬超 蜀の五虎大将軍ってなに?実は全員揃ったことがなかった蜀の猛将たち…
  5. 【三国志究極の選択】徹底抗戦とあっさり降伏どっちが偉い
  6. 司馬炎の息子は一体何人いたの??
  7. とっても皇帝になりたかった袁術
  8. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?前編

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国時代の船はどうなっていたの?三国志の海戦は目的別に船が用いられていた
  2. 田横(でんおう)ってどんな人?不撓不屈の精神で正義を模索した王の生涯
  3. 三国志の時代の情報伝達はどうなっていたの?最小情報伝達所烽侯を解説 馬に乗って単身荊州へ赴く劉表
  4. サンクトペテルブルク以東最大と言われた大阪城を建築した秀吉の狙いとは?
  5. 三国志の時代のお祭りは、どんな様子だったの?
  6. 毛利家に敗北して浪人となった山中鹿之助の修行

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超

おすすめ記事

華佗が発明した幻の麻酔薬「麻沸散」とは? 伊達宗城の業績はこれだけある!?四賢候宗城のスゴさ 幾島とはどんな人?篤姫の尻を叩いて将軍後継者問題を進めた女スパイ 【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かなかったばっかりに・・・・ 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第10部 東方明珠のへなちょこ黄河旅行記 その2 【三国志刀剣乱舞】三国志武将が持っていた名刀・名剣を紹介するよ 黒田官兵衛は活躍したのになぜ領地はびっくりするくらい少ないの?

おすすめ記事

  1. 曹操には弱点はないの?
  2. 胡烈(これつ)とはどんな人?姜維と鍾会の夢を打ち砕いた晋の将軍【晋の将軍列伝】
  3. アンゴルモア元寇合戦記一巻ネタバレレビュー
  4. キングダムの王翦は史実通りの最強武将だった!その理由とは?
  5. 張遼の一騎打ちは本当なの?史実の一騎打ちを紹介
  6. 明智光秀の家臣にはどんな人がいたの?
  7. 同じくらいの力量の武将や軍師を三国間でトレードしたらどうなる?
  8. 魏の三代目皇帝・曹芳(そうほう)就任により魏は滅びの道を歩んだ?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP