三国志平話
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害

郭嘉を推薦する荀彧




三国志大学 曹操

 

私達は中国王朝の官吏採用試験というと「科挙」という紙のテストを思い起こします。

しかし、この科挙が制度化されたのは、6世紀末、隋(ずい)の時代以後の事でした。

それ以前には、あの曹丕(そうひ)が定めた九品官人法(きゅうひんかんじんほう)

何と400年近くも人材登用の基礎になっていたのです。

ところが本来は、門閥に縛られず、優秀な人を採用するという理想から生まれた

九品官人法は逆に貴族階級を産み社会を停滞させました。

その理由は何か?今日は試験にも出る九品官人法をポイントで解説します。




九品官人法前夜 郷挙里選(きょうきょりせん)

郭嘉

 

九品官人法以前の中国では、郷挙里選(きょうきょりせん/ごうきょりせん)という

人材登用法が採用されました。

これは、各地の長官に毎年、最低一人の人材を推薦するように義務づけるもので、

それを選ぶのは、その地方の豪族達による合議でした。

最初の頃は機能した、郷挙里選ですが、選ぶのは土地の豪族である為に、

能力よりも、地方の豪族の利益を代表する人物が選ばれるようになります。

 

郭嘉

 

特に、それは唯才令(いさいれい)を掲げて派閥のしがらみを越えて

有能な人材を集めようとした曹操(そうそう)には都合が悪く、

また、中央では推挙された人材が地域の派閥毎に割拠してしまうので

国家の意志より豪族の意志を優先する弊害が生まれました。




曹丕は陳羣の意見を入れて九品官人法を採用する

曹丕皇帝

 

曹操は郷挙里選を廃止する事なく死去しますが、その後を受けた曹丕は、

すぐに尚書の陳羣(ちんぐん)の意見を入れて九品官人法を採用します。

曹丕は、その後、後漢の最後の皇帝、献帝(けんてい)に禅譲させて

後漢を滅ぼし魏を建国するので、九品官人法は、とりも直さず

新王朝、魏の為の制度でした。

 

関連記事:【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由!

関連記事:献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期

関連記事:献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期

 

九品官人法の肝は国家が自分達に従う人材を選ぶ事

曹丕 残忍

 

九品官人法では、人材の推挙者は、地方の豪族ではありませんでした。

それは、中正官といい郡毎に一人ずつ、皇帝が任命します。

ここから、九品官人法は、九品中正法と呼ばれる事もあります。

中正官は皇帝の家臣なので、地方の豪族とは関係ありません。

そこで、豪族の思惑に関係なく魏王朝にとって有益な人材を

推挙してくれると曹丕は考えていたのです。

 

関連記事:三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操

関連記事:陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の政治家

関連記事:沢山の人材を発掘した呉の孫権

 

九品官人法の制度とは、どんなものか?

合肥むかつく04 満寵

 

九品官人法では、一品から九品まで身分のランクが存在しています。

中正官は、人材を推挙する際に、能力に合わせて品を与えていきます。

例えば、中正官に二品と評価された人物は、その4ランク下の

六品からキャリアがスタートし、順調に行けば二品まで上れました。

 

この中正官が最初にランク付けする官位を郷品(ごうひん)と言い

4ランク下の出発点を起官家(きかんけ)と言いますが、

九品官人法では、どんなに出世しても、

この最初につけられた郷品を上回る事は出来ませんでした。

 

つまり、最初で中正官に四品とランクづけされると、

最初の起官家は八品になるのですが、そこからどんなに頑張って

昇進しても三品になる事は出来なかったのです。

 

ここが、この九品官人法の最大の欠点であり、後に門閥貴族が

高い地位を独占する弊害を産みます。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 太史慈vs許褚どっちが強いか今夜比べてみた!?
  2. 【兵法書・六鞱(りくとう)】いにしえのカッチョイイ名言をビジネス…
  3. 【後出師の表】は味方の士気を下げるダメダメ偽造文書だ
  4. 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介
  5. 美女を集めた曹叡 132話:もうやりたい放題!曹叡の乱心で魏の暗黒時代へ突入
  6. 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時…
  7. 噛ませ犬じゃないよ!正史では立派な人・王朗
  8. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第11部

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操 孔明をチェック
  2. 曹操は関羽をGET
  3. 魯粛
  4. 明智光秀 麒麟がくる

おすすめ記事

  1. 赤壁の戦いは計略の宝庫 呉蜀赤壁の戦い
  2. 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.2【完】 冒頓単于と劉邦
  3. 【三国志演義深読み】どうして張遼は丁奉の矢で戦死するのか? 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  4. 六朝時代と魏晋南北朝時代って同じ?それとも違う? キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  5. 横浜関帝廟のご利益のでる参拝の仕方とは?パワースポットにも最適? 関帝廟 関羽
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【11/7〜11/13】

三國志雑学

  1. 雨の中進軍する曹真
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

現実主義曹操 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操 【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました 西郷どんが坂本龍馬を殺したって本当? 【そうか!】蜀の次世代武将達に孔明が与えた任務が深い 秀吉の下に天下を代表する軍師が揃うきっかけってなに? 鱸魚を釣る左慈 大発明!耕しながら戦う曹操のフロンティアスピリット 【コラボ企画】はじめての三国志 x レキシズル 3月25日開催決定 五虎大将軍の馬超 新人・馬超が劉備と馴れ馴れしく口をきいていた!?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP