ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害

郭嘉を推薦する荀彧




三国志大学 曹操

 

私達は中国王朝の官吏採用試験というと「科挙」という紙のテストを思い起こします。

しかし、この科挙が制度化されたのは、6世紀末、隋(ずい)の時代以後の事でした。

それ以前には、あの曹丕(そうひ)が定めた九品官人法(きゅうひんかんじんほう)

何と400年近くも人材登用の基礎になっていたのです。

ところが本来は、門閥に縛られず、優秀な人を採用するという理想から生まれた

九品官人法は逆に貴族階級を産み社会を停滞させました。

その理由は何か?今日は試験にも出る九品官人法をポイントで解説します。




九品官人法前夜 郷挙里選(きょうきょりせん)

郭嘉

 

九品官人法以前の中国では、郷挙里選(きょうきょりせん/ごうきょりせん)という

人材登用法が採用されました。

これは、各地の長官に毎年、最低一人の人材を推薦するように義務づけるもので、

それを選ぶのは、その地方の豪族達による合議でした。

最初の頃は機能した、郷挙里選ですが、選ぶのは土地の豪族である為に、

能力よりも、地方の豪族の利益を代表する人物が選ばれるようになります。

 

郭嘉

 

特に、それは唯才令(いさいれい)を掲げて派閥のしがらみを越えて

有能な人材を集めようとした曹操(そうそう)には都合が悪く、

また、中央では推挙された人材が地域の派閥毎に割拠してしまうので

国家の意志より豪族の意志を優先する弊害が生まれました。




曹丕陳羣の意見を入れて九品官人法を採用する

曹丕皇帝

 

曹操は郷挙里選を廃止する事なく死去しますが、その後を受けた曹丕は、

すぐに尚書の陳羣(ちんぐん)の意見を入れて九品官人法を採用します。

曹丕は、その後、後漢の最後の皇帝、献帝(けんてい)禅譲させて

後漢を滅ぼし魏を建国するので、九品官人法は、とりも直さず

新王朝、魏の為の制度でした。

 

関連記事:【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由!

関連記事:献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期

関連記事:献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期

 

九品官人法の肝は国家が自分達に従う人材を選ぶ事

曹丕 残忍

 

九品官人法では、人材の推挙者は、地方の豪族ではありませんでした。

それは、中正官といい郡毎に一人ずつ、皇帝が任命します。

ここから、九品官人法は、九品中正法と呼ばれる事もあります。

中正官は皇帝の家臣なので、地方の豪族とは関係ありません。

そこで、豪族の思惑に関係なく魏王朝にとって有益な人材を

推挙してくれると曹丕は考えていたのです。

 

関連記事:三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操

関連記事:陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の政治家

関連記事:沢山の人材を発掘した呉の孫権

 

九品官人法の制度とは、どんなものか?

合肥むかつく04 満寵

 

九品官人法では、一品から九品まで身分のランクが存在しています。

中正官は、人材を推挙する際に、能力に合わせて品を与えていきます。

例えば、中正官に二品と評価された人物は、その4ランク下の

六品からキャリアがスタートし、順調に行けば二品まで上れました。

 

この中正官が最初にランク付けする官位を郷品(ごうひん)と言い

4ランク下の出発点を起官家(きかんけ)と言いますが、

九品官人法では、どんなに出世しても、

この最初につけられた郷品を上回る事は出来ませんでした。

 

つまり、最初で中正官に四品とランクづけされると、

最初の起官家は八品になるのですが、そこからどんなに頑張って

昇進しても三品になる事は出来なかったのです。

 

ここが、この九品官人法の最大の欠点であり、後に門閥貴族が

高い地位を独占する弊害を産みます。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 幕末 魏呉蜀 書物 【笑林】上申書をコピペしてクビになった役人の話
  2. 袁術を励ます魯粛 魯粛は本当にお人好しか?実は豪胆な魯粛の魅力を語りたい
  3. 曹操 三国志の時代の鎧は防弾チョッキ感覚だった?周、殷、キングダムまで…
  4. 劉備 呂布 肉取り合い 劉備は三国志で最も残酷な英雄だった?人肉を食べた真相
  5. イギリスのEU離脱って何?三国志で例えて理解度アップ!
  6. 司馬懿と諸葛亮孔明のトランプ勝負 【三国志トランプ】人物の説明文がトホホな人たち
  7. 三国志時代の字体とは?現代でも通じるの?
  8. 劉備 結婚 三国志の時代の結婚事情とはどんなもの?古代中国の不思議な恋愛観・…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁紹にお茶を渡す顔良
  2. 曹操を暗殺しようとする董承
  3. 貂蝉を奪い合う曹操と関羽
  4. 司馬懿が頭を下げても堂々とする常林
  5. 始皇帝(キングダム)
  6. 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)
  7. 赤兎馬と呂布
  8. 解煩督 呉

おすすめ記事

  1. 24話:呉・三国志 孫堅のあっけない最期 孫堅逝く
  2. 【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活
  3. 【三国志ファン必見】これが魏の軍隊だ! 大喬・小喬侍らし酒を飲みたい曹操
  4. どうして劉備は呂布を胡散臭いと思ったの? 劉備と呂布
  5. 劉禅の性格は?劉禅は暗愚な皇帝だったの? 劉禅と孔明
  6. 三国志時代も男同士はチューしてたの?当時の恋愛事情を紹介

三國志雑学

  1. 劉備に褒められる趙雲
  2. 藏覇(臧覇)と呂布
  3. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏延
  2. キングダム
  3. 法正と劉備
  4. 朝まで三国志 劉表
  5. 袁術が皇帝になることを辞めさせようとする閻象
  6. 官渡の戦い

おすすめ記事

夏 春目前!なのに夏特集?幻の夏王朝は存在したの? 藏覇(臧覇)と曹丕 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(おうろう) 楊欣 楊欣とはどんな人?個人的な恨みで涼州を失った将軍 三国ベースボール攻略1 三国志キャラが登場する野球ゲームに挑戦! オオクニヌシ(日本神話) 【日本神話の逆襲】出雲王国とたたら製鉄に見る朝鮮半島との繋がり 孔明 【三顧の礼】孔明トコの天才童子が劉備に冷たすぎる件 甘寧と凌統と呂蒙 三国志の武将も勉強嫌いだったけど勉強したら進化を遂げた蒋欽と呂蒙に迫る!! 明智光秀と煕子(麒麟がくる) 明智光秀の逸話を紹介!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP