呂布特集
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

どうして陳宮は呂布に従えたの?呂布を見捨てなかった天才軍師の生涯

陳宮

曹操 ヨイショ

 

曹操(そうそう)も認め、その能力を欲しがった、軍師陳宮(ちんきゅう)

 

㈱三国志 劉備 孔明

 

「王佐の才」(帝王の補佐役としての才能を持った知恵者)の言葉がふさわしいとして、

有名な 諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)

 

曹操と荀彧

 

〔ただし、孔明は、史実に基づくとされる「三国志正史」では

軍師としてよりは、政治家として才能があったようですが。〕や

荀彧(しゅんいく)曹操軍師〕とも勝るとも劣らないと言われています。

 

呂布 英雄石像

 

一方、三国志史上、最も勇猛果敢で、戦闘力No1の武将とも言うべき、呂布(りょふ)

この二人を結びつけたのは何だったのでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(1/3)

 

陳宮曹操から呂布

陳宮
呂布に従う直前までは、陳宮曹操に仕えていました。

しかもかなりの信頼を得ていました。

曹操の名軍師として知られる荀彧よりもその信は厚かったといいます。

 

呂布 バックブリーカー

 

その曹操を突如として裏切り、暴君・董卓(とうたく)を暗殺し、

諸国を放浪していた呂布に従い、それまで曹操が領有していた土地を差し出します。

 

 

物語上の演出

裏切りは許さぬ 曹操

 

陳宮が曹操を裏切った理由は諸説あるようです。

ただ歴史書の「三国志正史」ではその理由は明かされていません。

一方、小説の「三国志演義」やそれを元にした物語では、曹操の非情さに愛想をつかしたというエピソードが描かれています。

逃亡中にかくまってくれた呂伯奢(りょはくしゃ)という家主の使用人を誤解から惨殺した上に、

呂伯奢本人も口封じのために惨殺してしまうエピソードです。

ただ、そのエピソードは、あくまでフィクションであり、

曹操の非情さを表現するのに絶好のものであり、読者に分かりやすくさせるものであると思えます。

 

方や呂布は、武勇に優れていましたが、知略や知能の面では空っきしで、

脳まで筋肉でできているなどと評されてきています。

その劣っているとされる知能を補い、呂布を名君として仕立て上げることを、

自身の役割りとしたいと信じ、陳宮は呂布に従ったと考えられるでしょうか。

 

この曹操と呂布の対比は、知略に優れた陳宮が、

支えるべき主君を選ぶときにどういう基準で選んだのかを、

読者にとても分かりやすく示してくれています。

 

関連記事:呂伯奢一家殺害事件 曹操:「俺を裏切ることは許さない!」

 

人格に問題があった呂布

華雄と呂布

 

しかし、陳宮が最終的に選んだ呂布は、人格的にかなり問題があったというのが定説です。

あまりに頭も心も幼すぎたのです。

それに絶望しつつも最期まで殉じる、というエピソードは、

陳宮を悲劇の軍師として描くための、物語上での演出になるでしょうか。

後に登場する、主君や仲間に恵まれた諸葛亮孔明との対比として利用された感は否めないですね。

 

関連記事:思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】

関連記事:これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう)

 

真実は?

呂布 あっけない 最後

 

もちろん推測にしかならないのですが、

陳宮は、仁義に厚い人柄だったのではないかと考えます。

だからこそ、呂布ととも死を選んだと言えるでしょう。

自身の名声のために呂布を利用しようとしていたのであれば、曹操の前に呂布とともに引き出され、

曹操の言葉から助け舟を出されたときに、大人しく生き延びる道を選んでいたはずです。

 

また、陳宮が前主君の曹操を裏切る際、多くの者がそれに呼応しました。

張邈(ちょうばく)という曹操の若かりしころからの親友でさえ、曹操を裏切ります。

上記の呂伯奢殺人事件のエピソードの真偽は分かりませんが、

曹操には、裏切られるほどの、非情な人格を多くの人が目の当たりにして、

離れていくものも少なくなかったと推察します。

方や、呂布の実像としては、指導者や政治家としての才はないながら、

仁義に厚い面などの魅力が垣間見ることができたのではないかと思っています。

 

高順 真面目

 

だからこそ、陳宮に留まらず、先程の張邈や酒は呑まずの聖戦士とも言うべき素養を持った高順(こうじゅん)

張遼(ちょうりょう)と言った有能な武将も配下となっていたのではないでしょうか。

陳宮と高順は呂布とともに最期を迎えますし、張遼は、呂布が最期を迎えた後に、

曹操に降伏し、その後は曹操の元で力を振るいますが、呂布の死が判然するまで、

呂布を裏切り降伏することはありませんでした。

 

ある意味、呂布は高名な人物に支えられいた、

果報者で、その点、劉備に似ているような気もしています。

 

ただ、義父の丁原(ていげん)を董卓にそそのかされて殺してしまうところや、

陳宮や高順などの有能な部下からの提言を何度も聞き入れず、むしろ妻や女性の言うことには従う姿勢は、

母性を求める幼子ような面が目立つのが、呂布の評価を低くしている所以ではないでしょうか。

 

 

三国志ライター コーノ・ヒロの独り言

コーノ・ヒロ

 

陳宮にしても、呂布にしても、

三国志演義などの物語では、ある意味、劉備たちや曹操を引き立てるための脇役にすぎず、

また歴史においても、勝者の目線から語られるので、脇役や悪役よりに語られやすいものです。

今回、陳宮や呂布に注目して、彼らの目線になって、探っていくと、

彼らはそれぞれの人生を一生懸命に生きようとしていた人間味のある人物像が見えてくる気がしました。

悪とか愚鈍さの印象は薄れていきました。

 

本当に優れた能力を持った者が生き延びるのではなく、

優れていても、武運に恵まれなければ、負けますし、

勝てば官軍、負ければ賊軍ということなのでしょうね。

 

それでは、またの機会にお目にかかりましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「呂布編」

関連記事:陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」

 

 

よく読まれている記事

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

 

袁紹 曹操

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

コーノ・ヒロ

コーノ・ヒロ

投稿者の記事一覧

歴史好きのライターです。
福祉関係の仕事をしつつ、物書きの仕事も色々としています。

小説や詩なども、ときどき書いています。
よろしくお願いします。

好きな歴史人物

墨子、孫子、達磨、千利休、良寛、正岡子規、

モーツァルト、ドストエフスキー など

何か一言

歴史は、不動の物でなく、
時代の潮流に流される物であると思っています。

それと共に、多くの物語が生まれ、楽しませてくれます。

関連記事

  1. 曹丕を生む卞夫人と曹操 三国志の将軍たちは家族サービスできていたの?三国時代の軍生活
  2. 劉備と曹操 曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説…
  3. 太平道の祖・張角(黄巾賊) 【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの?
  4. 信(キングダム風) 信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物
  5. 曹休 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編
  6. 呉夫人 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた
  7. 空を飛ぶスーパーマン袁術 理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは?
  8. 【秋射】命中率が低ければ降格処分も!厳しい三国志時代の勤務評定

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 桓騎
  2. 夏侯惇
  3. 羊コ 羊祜 魏と晋
  4. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  5. はじめての三国志 画像準備中
  6. 韓信vs孔明
  7. 于禁と兵士

おすすめ記事

  1. 1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活
  2. kawauso編集長のぼやきVol.24「楽天」
  3. 涙なしには語れない桃園の結義 桃園の誓012
  4. 第6話:三国夢幻演義 龍の少年「変遷」配信中 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  5. 赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜) 周瑜 死
  6. 【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬まんとす 呂布と劉備

三國志雑学

  1. 孟達と曹丕
  2. 鮑三娘(関索の妻)
  3. 陸遜
  4. 曹嵩
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. おんな城主 直虎
  2. 明智光秀 麒麟がくる
  3. 曹操 詩
  4. 光武帝(劉秀)陰麗華
  5. 明智光秀 麒麟がくる
  6. 鍾会を説得する姜維
  7. 張遼・楽進・李典

おすすめ記事

舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪? 朝まで三国志 劉備 【三顧の礼】演義の劉備は誰でも口説くあわてんぼう! 曹操 劉備 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラVSゲイリー・グッドリッチ 53話:体制を立てなおした劉備に曹操が襲いかかる キングダム 始皇帝 秦王政はなんで始皇帝と名乗り始めたの? 諸葛瑾は呉の黒幕!孫権さえ手が出せなかったってホント? 【三国志平話】まるで水滸伝!山賊になった劉備 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART1 曹昂(曹昴) 【宛城の戦いIF】もしも曹昂が生きていたらどんな影響があったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP