夏侯覇(かこうは)の妻は誰だったの?蜀に亡命した魏の夏侯一族




曹操 アンケート

 

はじめての三国志のライター陣は、読者アンケートを共有し、

その疑問に、なんとか答えを出すべく日夜、奮闘しています。

しかし、その疑問の大半は1800年の昔の事で、文献にも答えがないのが普通。

考えれば当然の話で、そこで分らないから、はじさんにアンケートが来るのです。

 

朝まで三国志 kawauso

 

そこで今回は、よく読者アンケートに出てくる夏侯覇の妻は誰?という疑問に

kawausoが思考錯誤して答えを出してみました。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




夏侯覇(かこうは)について、簡単な説明・・

夏侯覇

 

初心者の方の為に夏侯覇(かこうは)について簡単に説明しておきましょう。

夏侯覇は字を仲権(ちゅうけん)といい、魏王朝建国の元勲、

夏侯淵(かこうえん)の二男です。

幼少期の事は定かではないですが、兄弟達と同様に武勇に優れていたようです。

 

黄忠

 

しかし、西暦219年、尊敬する父、夏侯淵は定軍山で

蜀の後将軍黄忠(こうちゅう)に討たれ弟の夏侯栄(かこうえい)も戦死してしまいます。

夏侯覇は、その事で蜀を深く恨み父と弟の無念を晴らそうと考えていました。

 

そして、西暦230年には王族の曹真(そうしん)大将軍に従軍して、

蜀を攻撃しますが、功を焦ったのか蜀軍に包囲されてしまいます。

幸いにこの時には味方援軍の到来で命拾いしました。




司馬懿のクーデターであれだけ嫌っていた蜀へ亡命

逃げる夏侯覇

 

その後、夏侯覇は、右将軍、転じて征蜀護軍に昇進しました。

しかし、西暦249年、司馬懿(しばい)によるクーデター、

 

かあん04

 

高平陵の変で、曹爽(そうそう)や何晏(かあん)というような王族が

司馬懿に政治の実権を奪われ殺害されます。

また、夏侯覇の従子であり、曹爽政権下では何晏と同じく重職にあった

夏侯玄(かこうげん)が征西将軍から退けられ、代わりに反りが合わない

郭淮(かくわい)が就任すると、

 

「これは、夏侯玄同様に、私に難癖をつけて排除し

最後には殺す布石ではないか?」

 

と夏侯覇は司馬懿を疑い、従子の夏侯玄にも手紙を書いて、

蜀への亡命を勧めます。

夏侯玄は、これを受けなかったので手紙の内容が司馬懿に露見する事を恐れた

夏侯覇は間もなく蜀に亡命しました。

 

夏侯玄は、夏侯覇の推測通り、次第に追い詰められ、

後に李豊の司馬師暗殺計画に連座して、西暦254年に処刑されます。

 

関連記事:絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグにした何晏

関連記事:何晏(かあん)とはどんな人?三国志一のナルシストで歴史に名を残した男

 

夏侯覇には、亡命が成功する自信があった

自信のある夏侯覇

 

恐らく、夏侯覇は征蜀護軍として蜀に対峙する間に、

情報として、劉禅の妃が夏侯氏である事を知っていたのだと思われます。

彼女は、西暦200年頃に張飛に誘拐されて妻になった人で、

その娘が劉禅(りゅうぜん)に嫁いでいたのです。

だから、自分が亡命しても蜀は丁重に扱いこそすれ、よもや、

殺すような事はあるまいと、夏侯覇は密かに考えていたのだと思われます。

 

その目論見は外れず、また敵将を優遇して投降者を出やすくする為に

蜀は亡命者の夏侯覇を厚遇し、車騎将軍にまで昇進しています。

 

関連記事:夏候夫人|張飛の妻は、夏候淵の姪だった?

 

曹氏に近づこうと努力している夏侯氏の系図

夏侯覇の妻は誰?

 

さて、ここで、恒例になった、はじめての三国志特製、

夏侯氏の系図をご覧頂きたいと思います。

 

夏侯惇と夏侯淵の一族を主として挙げていますが、

黄色で塗られたのが、曹操や曹操の兄弟、曹操の妻の妹、

或いは曹真の姉妹を嫁に取った夏侯一族です。

 

見ると夏侯覇の兄の夏侯衡(かこうこう)の妻は、

曹操の弟の曹徳(そうとく)の娘であり、弟の夏侯威(かこうい)の妻は

宗族の曹真の妹に当たっています。

 

系図を見ると夏侯氏が、王族である曹家との血縁を強めようと

しているのが一目瞭然でわかると思います。

 

同族の夏侯氏に及ぶべく、曹操の娘を求めた夏侯淵の一族

夏侯覇の妻は誰?

 

家系図を見ていると、もう一つ、不思議な共通点に気がつきます。

夏侯惇の一族である夏侯楙(かこうぼう)は、曹操の娘である

清河長公主を迎えているのに夏侯淵の一族は、

曹操の娘を迎えいれる事が出来ていないのです。

 

王族の曹氏との血縁を深めるのに、これ以上に確かな事はないので、

恐らく、夏侯淵の一族は、何とか曹操の娘か、或いは曹丕の娘を

一族の男子に迎えたいと思ったのではないか?と思います。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 孔明
  2. 袁紹、袁尚、袁譚
  3. 袁術
  4. 曹操
  5. 孔明
  6. 徐盛(じょせい)呉の将軍

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP