広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

マイナーですまん!袁術に滅ぼされた陳王 劉寵(りゅうちょう)

この記事の所要時間: 315




劉備 経歴

 

劉氏と言えば、三国志では劉備(りゅうび)や、劉璋(りゅうしょう)、

劉表(りゅうひょう)劉瞱(りゅうよう)劉禅(りゅうぜん)

劉協(りゅうきょう:献帝)劉琦(りゅうき)、劉虞(りゅうぐ)など、

メジャーな人々が多くいるイメージです。

しかし、中には劉氏で王族なのに地味すぎて、誰も知らない劉氏もいます。

今回紹介する劉寵(りゅうちょう)もそんな一人です。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




そもそも劉寵って誰よ?

劉寵と袁術

 

劉寵は、後漢の二代皇帝、明帝の血筋を引く王族です。

五代前の劉羨(りゅうせん)は明帝の子で有能な人であり、

明帝は豫州の汝南六県を分離してそこに陳という小王国を築いて

劉羨を陳王としました。

 

以後、なんだかんだあり、劉寵は父の劉承(りゅうしょう)を継いで

陳王になります。

 

当時は、一般の郡や県以外にも、漢の王族が治める小王国がありました。

陳以外にも河間国や、安平国、趙国のような劉氏王族が治める国が

広い中国大陸にポツポツと点在していたのです。

 

ただ、これらの王国は規模が小さく、共同して反乱を起こさない限り、

これといった脅威には成り得ませんでした。




劉寵、名宰相、駱俊を得て善政を敷く

重耳 安定

 

劉寵の治めた陳は小国でしたが、宰相に抜擢した会稽郡出身の

駱俊(らくしゅん)が名宰相であり広く民に仁愛を施したので栄えていました。

彼は、黄巾の乱以後に、政情不安で陳に逃げ込んできた避難民10万人を

迎え、子供を産んだ女性には、肉や米を与えて滋養をつけさせるなど

細やかな気遣いをし、陳で生まれた子供には、駱俊の慈悲にあやかり

駱の一文字をつける事が流行した程でした。

 

劉寵は弩の名手であり、黄巾賊も恐れて襲わなかった

李典と于禁、黄巾賊

 

しかし、ここで疑問が湧きます、どうして安全な場所などない筈の

後漢末期の混乱で小国の陳だけには避難民が殺到したのでしょう。

 

それは、劉寵が数千挺も備えた強弩の存在がありました。

劉寵は、強弩の名手で十発撃って十発同じ場所に命中させる腕前、

まさに三国志時代のゴルゴ13と呼べるスナイパーでした。

 

駱俊の献策で富国強兵に励んだ劉寵は、強弩兵を訓練し黄巾賊が攻めてきたら、

いつでもハリネズミに出来る程に命中精度を高めていたのです。

黄巾賊は、これを恐れて陳には寄りつかず陳は平和が保たれたのでした。

 

なんでも食べちゃう黄巾賊を震え上がらせた劉寵は、

無名とは言え、なかなかの名将と言えるでしょう。

 

割と野心もあった劉寵、反董卓連合軍にも参加

反董卓軍010

 

単純に名君なだけではなく、劉寵は反董卓(とうたく)連合軍にも参加して、

自慢の強弩兵を率いて豫州(よしゅう)陳郡陽夏(ようか)県まで

兵を出し輔漢(ほかん)大将軍を自称しています。

 

この地点は洛陽に近いので、或いは本気で董卓に挑むつもりだったのか?

しかし、交戦記録が無いという事は、一応兵は出したよという

漢王朝への忠義を立てただけかも知れません。

 

関連記事:あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由

関連記事:反董卓連合軍に参加したのは、誰と誰なの?【素朴な質問】

関連記事:【初心者向け】反董卓連合軍はどこに布陣していたの?

 

陳は黄巾賊より100倍性質が悪いアイツに狙われた!

先読み袁術

 

黄巾賊を震え上がらせた劉寵ですが、立地条件には恵まれていませんでした。

そう、寿春で唐突に皇帝を自称した、三国志時代のジャギ様こと、

袁術(えんじゅつ)の支配地である九江(きゅうこう)郡と

汝南(じょなん)郡を仲介して隣接していたのでした。

 

はっきり言って、袁術は黄巾賊の100倍は性質が悪いです。

 

元々、汝南は汝南袁氏の本拠地で袁術の息がかかっていました。

そこで袁術は、劉寵にこんなお願いをしたのです。

 

「度々の戦で兵糧が足りなくなった、少し融通してくれ」

 

関連記事:思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】

関連記事:袁術が評価される日も近い?スーパー袁術の凄い所7連発!!

 

劉寵、正義感から要求を拒絶

魯粛と袁術

 

しかし、漢の王族の劉寵から見れば、袁術は家来でありながら、

皇帝を自称した不忠者、しかも、この辺りの戦乱の原因は袁術が

袁紹と勢力争いを繰り広げた事に責任があるのです。

 

「あんな男の要求など飲む必要はない断ってしまえ!」

 

劉寵は、袁術の要求を完全に拒絶しました。

 

激怒した袁術は、陳に刺客を送りこみ、劉寵と駱俊を殺す

袁術 伝説 ゆるキャラ

 

要求を無視された袁術は激怒しました。

 

なんせ、強い者には弱く、弱い者にはめちゃ強い、

your shockな!世紀末弱肉強食社会を象徴する袁術です。

格下相手には、容赦なんかありはしません。

 

「あんな小王国に舐められてたまるか」

と軍勢を出そうとします・・

 

しかし、陳にある数千の強弩兵に寄せ集めの袁術軍が勝てるかどうかは、

微妙なので、弱虫の袁術は部将の張闓(ちょうがい)というものを陳に派遣して、

駱俊と会見させ、酒宴の最中に刺し殺させ、さらに劉寵も刺殺します。

こうして、主君のいなくなった陳に袁術軍は入城し、略奪と虐殺が発生、

陳はたちまち、飢餓状態なり衰えたという事です。

 

劉寵の諡は湣(びん)王です、湣は暗君につけられる諡で

奢りにより国を誤った君子につけられます。

やはり、最後の悪さが諡に影響したのでしょうね。

 

まさに疫病神袁術と関わったばかりに滅んでしまった劉寵と駱俊、

立地条件と袁術の性格を読むのが浅かったですね。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

袁術の刺客に無念にも殺された駱俊の子には駱統(らくとう)がいます。

彼が8歳の時、陳が蹂躙され、彼は父方の一族に連れられて会稽に帰ります。

そこで曹操(そうそう)の上奏により孫権(そんけん)に仕えて内政官僚として

実績を残し、後には三千の弓兵を率いて戦い、孫権の従兄弟の孫輔(そんほ)の

娘を娶る事を許され、病死した凌統(りょうとう)の兵を引き継ぐなど

呉で大活躍しました。

 

父譲りで情けが深く、貧しい時期は自分の食事を減らしてまで、

嫡母や後家になっていた姉に与え恭しく仕えたようです。

 

本日も三国志の話題をご馳走様・・

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった?
  2. 合肥の戦いで張遼が孫権を討ち取っていたら三国志はどうなった?
  3. とっても地味な孫権の息子達7名を一挙紹介
  4. 出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具
  5. 豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗…
  6. 26話:弟を殺された事が袁紹VS公孫瓚の抗争の原因
  7. 【はじめての孫子】第7回:凡そ戦いは、正を以て合い、奇を以て勝つ…
  8. 曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 徐邈(じょばく)とはどんな人?曹操の禁酒令を破ったのに逆に出世した男
  2. 29話:青州兵によって膨れ上がる曹操の兵力
  3. 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】
  4. スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・
  5. 王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物
  6. 夏侯 惇(かこうとん)ってどんな人?| 曹操に最も近い男

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【第5回 幻想少女】ついに董卓との決戦!みんな大好き・袁術様も登場だ!! 張羨(ちょうせん)とはどんな人?天下分け目の荊州合戦、劉表と争った南郡の支配者 三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの? 袁尚(えんしょう)とはどんな人?兄と争ったせいで袁家をつぶしてしまった漢 もう誰も信じられない?実は袁術と絶交していなかった孫策! 彭越(ほうえつ)とはどんな人?漁師から王の位にまで上り詰めた梟雄 【危険】謀略の天才だった陳平の批判がエグすぎる 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.1

おすすめ記事

  1. 羽林騎(うりんき)とは何?董卓を輩出した近衛部隊を分かりやすく解説
  2. なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの?
  3. 意外な事実!三国志の時代のお盆は死者の為に懺悔する日だった!
  4. 【キングダム予想】公孫龍将軍が最大の壁になる?実は防戦のスペシャリスト
  5. 曹彰(そうしょう)が曹操の後継者に選ばれる確率を求めてみた
  6. 三国同盟の終わりと武田信玄の危機
  7. 【第1回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】蔡文姫さんと一緒に攻略プレイ!
  8. 72話:劉琦の恩返し、劉備江夏城へ入る

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP