袁術祭り

はじめての三国志

menu

はじめての魏

夏侯淵の死後、一族はどうなったのか?

この記事の所要時間: 40




夏侯淵

 

覇王曹操(そうそう)を支える二人の夏侯氏、夏侯惇(かこうとん)

企画経営部長なら、夏侯淵(かこうえん)は、現場に出たがる営業部長という感じで

畑違いですが、いずれも、それぞれの職分に徹して魏王朝の礎になりました。

生涯を前線一筋で生きた猛将、夏侯淵は西暦219年に定軍山で

蜀の黄忠(こうちゅう)に討ち取られ無念の最期を遂げます。

では、夏侯淵亡き後、一族はどうなったのでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯惇の死後、一族はどうなったの?忙しかった夏侯惇はイクメンではなかった?




夏侯惇の一族とは大違い、子孫も武将だらけ

自信のある夏侯覇

 

何かにつけて比較される夏侯惇と夏侯淵ですが、少なくとも、

それぞれの一族について言えば、その優秀さは夏侯淵に軍配があがります。

夏侯惇の死後、その一族が兄弟喧嘩の泥試合という醜聞以外には、

これという記録がないのに比較すると、夏侯淵の一族は、

父に似て勇猛な武将が多く、それなりに史書を飾っているからです。

 

これは夏侯淵の教育方針なのか、或いは、同世代対決では、

夏侯惇に水を空けられた夏侯淵が、「せめて子孫の時代では」と

子孫に発破をかけて頑張った結果であるのか、詳しくはわかりません。




夏侯淵の死後、家督を継いだ 夏侯衡

 

夏侯淵の死後、安寧亭侯の爵位と食邑は長男の夏侯衡(かこうこう)が継ぎました。

彼の妻は、曹操の弟、海陽哀侯の娘で、そこから考えると嫡男でしょう。

家を継ぐ事を第一と考えて自重していたからか、夏侯衡には、

これといったエピソードはありません。

 

西暦235年に48歳で死去し、家督は、夏侯積(かこうせき)に引き継がれます。

 

夏侯衡の後を継いだ夏侯積・・

 

夏侯積は、父から安寧亭侯の爵位を継いで、存命中に虎賁中郎将に昇ります。

しかし、情報が少なく、記録はここで終わっています。

彼の死後は、息子の夏侯褒(かこうほう)が後を継いでいます。

 

夏侯積の後を継いだ夏侯褒だが、、ここで本流は断絶・・

 

夏侯積の後を継いだのが、夏侯褒ですが、父以上に記述が少ない人です。

安寧亭侯を継いだ以外には、よくわからず、さらに子孫の記述もないので

どうやら、夏侯淵の本流は、彼の時代で絶えたか、、

あるいは、王朝交代に乗り遅れて、安寧亭侯の地位も領地も失い、

庶民になって記録から漏れたのかよく分りません。

 

夏侯淵の次男 蜀で大活躍 夏侯覇

夏侯覇

 

夏侯覇(かこうは)は夏侯淵の次男です、武芸に優れた兄弟の中でも特に、

優れた武芸を持つようなので将来を嘱望されたのでしょう。

しかし、尊敬する父、夏侯淵は西暦219年に定軍山で戦死します。

その時、弟の夏侯栄(かこうえい)も父に殉じて脱出せず戦死しています。

 

それから、蜀漢に復讐を果たすというのが夏侯覇の念願になり

西暦230年には曹真(そうしん)に従い、蜀討伐に向かいますが失敗。

ところが、運命とは不思議なモノで司馬一族が魏で権力を握り、

曹操に近い血脈を排除しだすと夏侯覇は、危険を感じて蜀に亡命するのです。

 

たまたま、劉禅(りゅうぜん)の妃が、夏侯氏の娘だった事もあり、

一族として優遇され、姜維(きょうい)と共に北伐で活躍する事になります。

 

張飛の妻は夏侯淵の姪?その秘密はここをclick↓

 

夏候夫人|張飛の妻は、夏候淵の姪だった?

 

夏侯覇は、以後、魏に戻る事なく蜀の地で生涯を終えます。

子孫は蜀の滅亡に遭遇しますが、元勲、夏侯淵の子孫という事で

命だけは助けられたようです。

 

虎殺しの勇猛さを持つが早死に、夏侯称

 

夏侯称(かこうしょう)は、夏侯淵の三男で、幼少時から武勇に優れ、

16歳の若さで虎を射殺する程の武勇を示していました。

しかし、病に懸り、18歳で病没しています。

もちろん、子孫もいません・・

 

時流を読むのに巧みで乱世を生き抜いた夏侯威

 

勇猛だけど単細胞のイメージがある夏侯淵の一族で、

時流を読んで、一族の繁栄を勝ち得たのが夏侯威(かこうい)です。

夏侯淵の四男の彼は、なかなか豪快な性格だったようですが、

時流を読むセンスにも優れていました。

若い頃、泰山郡で、まだ無名の羊祜(ようこ)に出会うと、その将来性を見越して、

兄の夏侯覇を説得して、覇の娘を羊祜の妻にしています。

 

さらに、羊祜の姉を自分の息子、夏侯荘(かこうそう)の妻としています。

羊祜の姉には、羊徽瑜(ようきゆ)がいて、司馬師の三度目の妻でした。

つまり、夏侯威は羊氏を通じて司馬氏の外戚へと成長していくのです。

 

彼の後には、息子の夏侯荘が、司馬氏の外戚の地位を活かして、

娘を司馬懿(しばい)の孫、司馬覲(しばきん)に嫁がせています。

彼女は、東晋皇帝、元帝司馬睿(しばえい)を産みました。

 

夏侯淵の子孫で繁栄しているのは、この夏侯威の一族だけですが

その子孫になると書ききれないので、この辺りにします。

 

父、夏侯淵と共に定軍山で死ぬ 夏侯栄

 

夏侯栄(かこうえい)は、夏侯淵の五男です。

定軍山の戦いに従軍している所を見ると、将軍としての素質を見込まれ、

経験を積ませようと思ったのでしょうか?

しかし、夏侯淵の考えは裏目に出てしまい、孝心に厚い夏侯栄は、

父が黄忠に討ち取られたと聞くと、脱出するように促す声も聞かず

敵陣に突撃して戦死してしまいました。

 

鐘毓と議論を交わす優秀な文官 夏侯恵

鍾会

 

夏侯恵(かこうけい)は夏侯淵の六男で、文才に秀で、

上奏文などもよく任された文官です。

魏の鐘会(しょうかい)の兄の鐘毓(しょういく)とライバルで、

よく激論を交わしますが、採用されるのは、夏侯恵の方が多かったと言います。

 

ただの文官ではなく、司馬懿の指揮下で諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)

北伐軍と度々戦い、その手柄で楽安太守になり、37歳で死去しました。

子孫については、分りません。

 

夏侯淵の末っ子は弁舌爽やか 夏侯和

 

夏侯和(かこうわ)は、夏侯淵の七男です。

才能豊かで武将としても文官としても有能な人でした。

蜀との戦いで活躍し、これらの功績などもあって、太常、相国左司馬などを歴任します。

弁舌にも優れた才能を発揮し、彼との舌戦に勝てる者ありませんでした。

だからといって、相手を傷つけて不快にさせる勝ち方ではなく、

理路整然とした語り口でそれを聞いた者は、誰もが納得し爽快な気分になったようです。

まさに禕の通り、和を大事にした人柄でした。

 

司馬炎の時代までは存命していたようですが、子孫は明らかではありません。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

夏侯淵の嫡流と、その息子達に焦点を絞り、夏侯淵の没後を追いました。

夏侯惇のケースと違い、夏侯淵の一族は嫡流以外では、

それぞれの分野で活躍した事が史書から明らかです。

 

特に夏侯威が時流を読むのに巧みで、一族を司馬氏と縁組させたのが

大きかったと言えるでしょう。

もっとも、夏侯覇のように、司馬氏を拒絶した人間から見れば、

それは変節に見えたのかも知れませんが・・

 

本日も三国志の話題をご馳走様・・

 

関連記事:献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上!

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!
  2. キングダム 楚の宰相、春申君の最後が残念すぎる
  3. 諸葛亮孔明と戦略勝負を繰り広げた司馬懿仲達はどんな人だったの?
  4. 三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだっ…
  5. 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!
  6. 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2
  7. 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時…
  8. 蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 司馬懿(しばい)ってどんな人?実は列伝が無い孔明のライバル
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【8/8〜8/14】
  3. 【二世対決】呉の名将陸遜の息子・陸抗VS雷神の養嗣子・立花宗茂
  4. 【シミルボン】意外!あの曹丕は大の甘党、スイーツ男子だった
  5. 鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性
  6. 36話:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.3 77話:老将黄蓋、身体を痛めつけて曹操を欺く 11話:パンドラの箱を開けた漢王朝 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介 【袁術の戦いを振り返る】徐州・豫州の戦いには人間ドラマが盛り沢山 集まれ曹操の25人の息子たち・その2 司馬尚(しばしょう)とはどんな人?趙の新三大天でもある最期の一人 30話:曹操軍を支えた最強の青州兵

おすすめ記事

  1. 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【前半】
  2. 【シミルボン】真面目そうな夏侯惇がやってしまったロックな行動の理由とは
  3. 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた
  4. ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【前編】
  5. 頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?
  6. コンテンツ品質向上に向けてアンケートご協力のお願い
  7. 管輅(かんろ)とはどんな人?全ての占いを極めた天才占い師
  8. 【ネオ三国志】第6話:曹操美女にうつつを抜かして大敗北【蒼天航路】

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP