三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

はじめての変

晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明

この記事の所要時間: 211




五虎大将軍 馬超

 

蜀の五虎大将軍という肩書の割には、大きな手柄がない馬超(ばちょう)

その大きな理由は人生のピークを過ぎていたからという事実は以前にも紹介していますが、

実は精神的にも馬超が燃え尽きていた可能性がある事が発覚しました。

すでに、もう一花どころでは無かった燃え尽きた馬超の逸話を紹介します。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




それは彭羕との会話の中に出現する

馬超仲間入り

 

その端的な事実は、彭羕(ほうよう)と馬超との会話の中に登場します。

西暦214年、邪魔者扱いをされた張魯(ちょうろ)の下から劉備(りゅうび)

帰順した直後の馬超の前に、彭羕が姿を現し、江陽(こうよう)太守に

左遷される事になったとブツクサ言います。

 

この彭羕、劉備の蜀獲りに貢献して、罪人の身の上から出世した、

いわゆる、張松(ちょうしょう)や法正(ほうせい)、龐統(ほうとう)のような

性格に難はあるけど仕事はできるタイプでした。

ところが、そういうスタンドプレイヤーを「魏延みたい」の一言で嫌う

真っ黒孔明(こうめい)が、ちくちくと劉備に讒言(ざんげん)した結果、

劉備も彭羕を信用しなくなり、ついに中央から遠ざけてしまったのです。




馬超は彭羕が孔明、法正と並ぶと思っていて驚くが・・

馬超

 

馬超は、どうやら以前から彭羕を知っていて評価していたようです。

 

馬超「あなたは、豊かな才能を備えていて、主公(劉備)の信用も厚かった、

諸葛孔明や、法孝直と足並みを揃えて出世するものだとばかり、

思っていたのに、何か大きな失敗でもしたのか?」

 

すると、彭羕は吐き捨てるように劉備をDISり始めました。

 

「あの老いぼれめ、耄碌(もうろく)しやがって、二度と仕えてなどやるものか!」

 

さらに彭羕は、馬超に向かって謀反の計画に乗らないか?と言いだします。

 

「あんたが外側を治め、俺が内側を治めれば、

蜀程度を奪うのは容易い、どうだ?俺と手を組まないか?」

 

関連記事:馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前まで遊牧民のプライドと一族を守ろうとした馬超

関連記事:馬援(ばえん)とはどんな人?趙の三大天の一人趙奢を先祖に持ち子孫に馬超

 

これまでの苦難を思い出し馬超は計画を劉備にチクる

馬超と羊

 

この時の馬超の態度は、蜀書彭羕伝では、

下のように記されています。

 

超羈旅歸國、常懷危懼、聞言大驚、默然不答

退、具表辭、於是收付有司

 

翻訳:馬超は長らく放浪し蜀に帰順した身で、

常に我が身に危険が及ぶ事を恐れていた。

その為、彭羕の言葉に驚き、黙ったまま何も返答しなかった。

彭羕が退出すると、その発言をつぶさに記録し上表、

ここに彭羕を捕縛して官憲に突き出した。

 

なんと馬超は彭羕を裏切りチクった上に警察に引き渡します。

曹操(そうそう)にさえ平気で叛いたあの豪快な馬超らしからぬ対応です。

 

二度と放浪生活に戻りたくない、燃え尽きた馬超の本音

馬超

 

蜀書、彭羕伝からは、反乱が上手くいかなそうだから密告ではなく

ただ、もう、つらい根無し草生活には戻りたくない、安定した今の地位を

失いたくないという馬超の悲鳴のような本心が見えます。

 

よしんば、疑われても逃げればいいような気もしますが、

曹操に睨まれている馬超を受けいれてくれる場所はもう無かったか、

それ以前に、もう苦しい放浪生活を送りたくないという、

馬超の燃え尽きた精神が、それを拒否したのでしょう。

 

馬超孟起(もうき)、39歳、曹操にも噛み付くような冒険の生涯を終え、

安住を求めた一代の英雄の寂しい選択でした。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

馬超は、曹操に叛く事によって、父、馬騰(ばとう)を含めて二百名余りの一門を

殺され、さらに、冀城を占領した時に残していた自分の家族も、城を奪回された時に

皆殺しにされてしまい、身内は馬岱くらいしか残っていませんでした。

 

その後は、張魯の世話になり、肩身の狭い居候を経験するなど、

不安定な根無し草生活が、勝気な性格にも影響を及ぼしたようです。

 

ようやく、高待遇で迎えられた蜀で、彭羕に謀反を誘われ、

驚いて沈黙してしまう所に、その惨めな放浪生活の重さを看て取れます。

もし、彭羕の計画が上手く行きそうな程に綿密でも、214年の馬超は

それを密告して蜀に残る方を選択したでしょうね。

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 楊貴妃(ようきひ)とはどんな人?玄宗皇帝を夢中にさせた世界三大美…
  2. え、そうだったの?蜀の五虎将軍、実は存在しなかった?五虎大将軍の…
  3. 超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表
  4. 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる
  5. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 P…
  6. 【はじめての孫子】第10回:九変の利に通ずる者は、兵を用うること…
  7. 白起(はくき)ってどんな人?|キングダムでお馴染みの六大将軍
  8. 三国志の英傑達は正月に何を食べていたの?呉の人々の正月料理がまる…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志で一番の悪酔い君主は誰だ?【酒乱ランキング】
  2. 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時代の立て札・扁(へん)
  3. 89話:龐統、涪水関を計略で落とす
  4. 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ?
  5. 23話:二人の英雄を破滅に追いやる魔性の玉璽
  6. 知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこっそり教えちゃいます!

三國志雑学

“劉備漫画"

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操に敗れすべてを失った馬超の性格を考える【後半】 郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物 戦国最強の同盟を成立させた名軍師・太原雪斎(たいげんせっさい)の活躍 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!? 魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの? 夏侯玄(かこうげん)とはどんな人?夏候家の逸材として称えられた名士 闕宣(けっせん)とはどんな人?勢力は小さくても強かった自称皇帝闕宣のイケイケ人生 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた司馬炎の弟

おすすめ記事

  1. 成蟜(せいきょう)ってどんな人?史実の通り策士な政(始皇帝)の弟
  2. 始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座
  3. 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 2
  4. 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】
  5. 18話:菫卓を守った最強のボディーガード呂布
  6. 96話:孔明の計略炸裂!馬超は劉備の軍門に下る
  7. え?まるでバカ殿?三国志時代の愛されメイクを紹介。どんな風にお化粧してたの?
  8. 【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP