広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての呉

【呉の猛将・太史慈】相手の隙をついて包囲網を突破:意外と知らない彼の知略エピソード

この記事の所要時間: 247




孫呉(孫権黄蓋陸孫周瑜周泰) 

 

呉には知将や猛将など多くの人材を抱えておりました。

孫権の時代には多くの人材が彼の元に集まってくることになります。

知将と言われる人材には周瑜(しゅうゆ)呂蒙(りょもう)魯粛(ろしゅく)陸遜(りくそん)

張昭(ちょうしょう)諸葛瑾(しょかつきん)など知将、文官がいっぱいおりました。

また武将では甘寧(かんねい)凌統(りょうとう)などの猛将や程普(ていふ)韓当(かんとう)など

孫権の父である孫堅の時代から付き従って孫家を支えていた人物もおりました。

今回は孫権のお兄ちゃんである孫策と敵対していた人物ですが、

後に孫策に降伏して孫呉の武将となって活躍した人物・太史慈(たいしじ)の知略エピソードを

ご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




出身地から逃亡することになった若かりし頃の太史慈

太史慈 逃走

 

太史慈は東莱(とうらい)という所の出身で、若い頃はこの地の役人をしておりました。

しかし事件に巻き込まれて東莱にいることができなくなってしまい、

公孫氏(こうそんし)が領有している遼東半島へ逃亡します。

彼はこの時、老いた母を出身地に残してしまうのですがこの母の面倒を見てくれていたのが、

後に曹操の配下となるも曹操の批判ばかりしていたせいで、殺害されてしまう孔子の子孫である

孔融(こうゆう)でした。




恩人の危険を知る

太史慈

 

太史慈は遼東半島に逃亡しますが、数年後生まれ故郷である東莱へ帰ってくることになります。

太史慈が東莱へ帰ってきたとき中華で勃発した農民反乱である黄巾の乱は、

あらかた鎮圧されておりましたが、鎮圧されていない反乱軍も多数おり、

青州(せいしゅう)には黄巾の乱の最大の残党と言われる青州黄巾軍駐屯しておりました。

太史慈の生まれ故郷である東莱には、

幸い黄巾軍の残党が襲いかかってくることはありませんでしたが、

北海(ほっかい)の相となっていた孔融の元に大軍の黄巾軍が押し寄せておりました。

以前太史慈が遼東へ行っている間に孔融が老母の面倒を見てくれた恩を返すために、

彼は黄巾の大軍に囲まれている北海へ向かうことにします。

 

秘策を用いて孔融を助ける

孔融

 

太史慈は北海へ到着すると孔融と会見します。

孔融はこの状態を切り抜けるには近くの平原から救援を仰ぐしかないと考えておりした。

彼の考えを聞いた太史慈は「分かりました。

私がなんとかこの包囲網を突破して平原へ行って救援軍を呼んでまいりましょう。」と述べます。

しかし北海の城は黄巾軍に包囲されているので、包囲網を突破して平原へたどり着くのは

至難の業でした。

そこで太史慈はある秘策を用いることにします。

 

太史慈の秘策:城外で毎日弓矢を射る

太史慈と黄巾賊

 

太史慈は城門を開いて城外へ出ると城の空堀へ向かいます。

そしてこの空堀の中で彼は弓の練習を行って城外へ帰っていきます。

次の日も彼は再び城外へ姿を現すと弓を射る練習を行います。

こうして幾日か弓の練習を城外で行うと黄巾軍は次第に彼に警戒心を抱かなくなってきます。

太史慈は黄巾軍が自分に警戒心を抱かなくなってきた隙をついて、

包囲陣へ向かって馬を走らせて突破していきます。

そのまま太史慈は平原の相をしていた劉備に救援を頼み、

大軍を率いた劉備と共に太史慈は孔融を救うことに成功します。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

三国志の呉の猛将である太史慈の知略エピソードを今回はご紹介しました。

蜀の五虎将軍である張飛も蜀に進行してきた魏軍の大将・張郃(ちょうこう)に対して、

知略を用いて戦っております。

意外と猛将と言われている人達もいくつもの戦場を体験していることから、

戦場における知識を駆使した知略を持っているのではないかと思いますが、

皆様はどのように思いますか。

 

参考文献 三国志 勝つ条件 敗れる理由 加来耕三著など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 杜襲(としゅう)とはどんな人?住民と団結して劉表軍と戦った県長
  2. 甲斐の虎と越後の龍が行った激戦!川中島の戦いって一体どちらが勝っ…
  3. なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの?
  4. 【姜維の北伐】実は「絹の道」シルクロードを奪って西域との貿易を考…
  5. 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴
  6. 上野攻略戦に赴く武田信玄の戦略とは?
  7. 黒田官兵衛は活躍したのになぜ領地はびっくりするくらい少ないの?
  8. 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだっ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 東方明珠のへなちょこ黄河旅行記 その2
  2. 曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説!
  3. 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1
  4. 禰衡大喜び?刑罰はフンドシ一丁で受ける決まりだった魏
  5. 韓嵩(かんすう)が気の毒すぎる!劉表に命じられて曹操の元へ偵察に行って帰ってきたら殺されそうになる
  6. 44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

諸葛孔明は北伐時に兵士達にとある約束をしたけど、どんな約束をしたの? 盧毓(ろいく)とはどんな人?魏の逃亡兵を規制する法律に「待った」をかけた政治家 もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった? 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の台頭 ゴールデンカムイネタバレ予想 127話 本当のチタタプ 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方 桃園三兄弟の別れ 関羽の死から夷陵の戦いまでを辿る 陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の政治家

おすすめ記事

  1. 【第一回 放置少女】美少女達と一緒に三国志の世界を体感しよう!!
  2. はじさんが孫権を丸裸に!素顔は?身長は?孫権を徹底追及!
  3. 80話:曹操の命乞いで関羽が曹操を逃がす
  4. 中二病韓信 ヤクザ劉邦を大説得、神分析に漢軍大フィーバー
  5. はじめての三国志 4コマ劇場 その1
  6. 野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り劇
  7. 孫皎(そんこう)とはどんな人?孫氏一族の文武兼備な将軍。しかし関羽の呪いで……
  8. 夏侯覇(かこうは)の妻は誰だったの?蜀に亡命した魏の夏侯一族

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP