よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての呉

【呉の猛将・太史慈】相手の隙をついて包囲網を突破:意外と知らない彼の知略エピソード

この記事の所要時間: 247




孫呉(孫権黄蓋陸孫周瑜周泰) 

 

呉には知将や猛将など多くの人材を抱えておりました。

孫権の時代には多くの人材が彼の元に集まってくることになります。

知将と言われる人材には周瑜(しゅうゆ)呂蒙(りょもう)魯粛(ろしゅく)陸遜(りくそん)

張昭(ちょうしょう)諸葛瑾(しょかつきん)など知将、文官がいっぱいおりました。

また武将では甘寧(かんねい)凌統(りょうとう)などの猛将や程普(ていふ)韓当(かんとう)など

孫権の父である孫堅の時代から付き従って孫家を支えていた人物もおりました。

今回は孫権のお兄ちゃんである孫策と敵対していた人物ですが、

後に孫策に降伏して孫呉の武将となって活躍した人物・太史慈(たいしじ)の知略エピソードを

ご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




出身地から逃亡することになった若かりし頃の太史慈

太史慈 逃走

 

太史慈は東莱(とうらい)という所の出身で、若い頃はこの地の役人をしておりました。

しかし事件に巻き込まれて東莱にいることができなくなってしまい、

公孫氏(こうそんし)が領有している遼東半島へ逃亡します。

彼はこの時、老いた母を出身地に残してしまうのですがこの母の面倒を見てくれていたのが、

後に曹操の配下となるも曹操の批判ばかりしていたせいで、殺害されてしまう孔子の子孫である

孔融(こうゆう)でした。




恩人の危険を知る

太史慈

 

太史慈は遼東半島に逃亡しますが、数年後生まれ故郷である東莱へ帰ってくることになります。

太史慈が東莱へ帰ってきたとき中華で勃発した農民反乱である黄巾の乱は、

あらかた鎮圧されておりましたが、鎮圧されていない反乱軍も多数おり、

青州(せいしゅう)には黄巾の乱の最大の残党と言われる青州黄巾軍駐屯しておりました。

太史慈の生まれ故郷である東莱には、

幸い黄巾軍の残党が襲いかかってくることはありませんでしたが、

北海(ほっかい)の相となっていた孔融の元に大軍の黄巾軍が押し寄せておりました。

以前太史慈が遼東へ行っている間に孔融が老母の面倒を見てくれた恩を返すために、

彼は黄巾の大軍に囲まれている北海へ向かうことにします。

 

秘策を用いて孔融を助ける

孔融

 

太史慈は北海へ到着すると孔融と会見します。

孔融はこの状態を切り抜けるには近くの平原から救援を仰ぐしかないと考えておりした。

彼の考えを聞いた太史慈は「分かりました。

私がなんとかこの包囲網を突破して平原へ行って救援軍を呼んでまいりましょう。」と述べます。

しかし北海の城は黄巾軍に包囲されているので、包囲網を突破して平原へたどり着くのは

至難の業でした。

そこで太史慈はある秘策を用いることにします。

 

太史慈の秘策:城外で毎日弓矢を射る

太史慈と黄巾賊

 

太史慈は城門を開いて城外へ出ると城の空堀へ向かいます。

そしてこの空堀の中で彼は弓の練習を行って城外へ帰っていきます。

次の日も彼は再び城外へ姿を現すと弓を射る練習を行います。

こうして幾日か弓の練習を城外で行うと黄巾軍は次第に彼に警戒心を抱かなくなってきます。

太史慈は黄巾軍が自分に警戒心を抱かなくなってきた隙をついて、

包囲陣へ向かって馬を走らせて突破していきます。

そのまま太史慈は平原の相をしていた劉備に救援を頼み、

大軍を率いた劉備と共に太史慈は孔融を救うことに成功します。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

三国志の呉の猛将である太史慈の知略エピソードを今回はご紹介しました。

蜀の五虎将軍である張飛も蜀に進行してきた魏軍の大将・張郃(ちょうこう)に対して、

知略を用いて戦っております。

意外と猛将と言われている人達もいくつもの戦場を体験していることから、

戦場における知識を駆使した知略を持っているのではないかと思いますが、

皆様はどのように思いますか。

 

参考文献 三国志 勝つ条件 敗れる理由 加来耕三著など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 秦の『外交』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?
  2. 周泰(しゅうたい)ってどんな人?孫権に重んじられた、全身傷だらけ…
  3. 来敏(らいびん)とはどんな人?孔明が魏延よりも苦手だった学者
  4. 【センゴク】三方ヶ原の戦いがきっかけで将軍義昭が挙兵した?
  5. 高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺…
  6. 孫権と同じ三代目で地味な北条氏康
  7. 【おんな城主・井伊直虎ネタバレ感想】第41話「この玄関の片隅で」…
  8. 【天下分け目の最終戦】広武山の戦いで勝ったほうが天下の覇者になる…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志の魏、呉、蜀で頭の良い軍師は誰だ?ランキング化するよ!
  2. 曹操の塩対応に張松ブチ切れ!曹操が冷たく扱ったのは傲慢ではなく驚くべき理由が隠されていた!
  3. 2分で分かる合肥の戦い その4 張遼の猛攻
  4. 赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬
  5. どうして蜀は人材難に陥ったのか?
  6. 張温vs秦宓宿命の口先合戦勃発?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

ホリエモンが舛添都知事を庇った理由と晏嬰で考える政治家倫理 『李傕・郭汜祭り』の電子書籍出版のお知らせ 後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決まっていた 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり? 三国志細かすぎる知識シリーズ皆が持っていた手版 意外な事実!三国志の時代のお盆は死者の為に懺悔する日だった! 【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの? サンタクロースにホコリ!?中国にもクリスマス・年末年始はあるの?

おすすめ記事

  1. 【真田丸】幸村だけじゃない!曹操、孔明も使った赤備え!ザクとは違うのだよザクとは…
  2. 【はじめての君主論】第1話:君主論ってなに?曹操とkawausoが解説するよ
  3. 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【後半】
  4. 金禕(きんい)とはどんな人?漢中防衛戦の陰に隠れたとある事件
  5. スケベには回避不能?董卓を滅ぼした貂蝉の連環の計
  6. 【新事実】織田信長は本能寺の変がなくてもオワコンだった!
  7. 三国志武将の顔を飾ったおヒゲには沢山の種類があった
  8. 長宗我部元親が取った豊臣軍迎撃作戦が成功していたら秀吉はやばかった

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP