日常生活

はじめての三国志

menu

はじめての漢

張羨(ちょうせん)とはどんな人?天下分け目の荊州合戦、劉表と争った南郡の支配者

この記事の所要時間: 317




 

荊州牧の劉表(りゅうひょう)は、内政的には有能ですが、外交面では、

基本的に日和見(ひよりみ)で政権を運営した感じがします。

天下分け目の官渡の戦いでも、曹操(そうそう)にも袁紹(えんしょう)にもつかず

ぐずぐずしていて優柔不断に見えます。

実は、劉表は、どちらかと言えば袁紹に与しましたが特に何もしていません。

しかし、それは劉表が日和見していたからではなく、それどころでは無かったからです。

その頃、劉表は手ごわい反逆者、張羨(ちょうせん)との戦いの最中でした。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




荊州南陽郡出身の張羨は人望厚く南郡を支配していた

 

張羨は生没年不詳ですが、後漢の末に酷政を行い反乱を起こされた交州刺史の

朱符(しゅふ)の後継の交州刺史として後漢王朝から派遣されたようです。

この後、交州は士燮(しきょう)が牧として統治して各地に一族を派遣して安定します。

 

一方の張羨は交州安定の手柄か、零陵、そして桂陽の大守として人心を集めていきます。

張羨は有能でしたが、誇り高く傲岸不遜で、荊州牧である劉表に従いませんでした。

荊州の支配を強化したい劉表は、自分に盾突く張羨を嫌っていました。




新興宗教の教祖?漢王室を尊敬しなかった張羨

 

また、一説によると、張羨は漢民族の伝統的な習俗を否定して

漢王朝を敬わず邪俗の教えに親しんで天の助けを待っていたとも言われています。

もしかすると、新興宗教に傾倒していたのかも知れません、

それでも人心を集めたという点を見ると、五斗米道の張魯(ちょうろ)のように

有能で公正な教祖だったという事でしょうか。

 

しかし、漢の王室を敬わず、独自の政治姿勢を敷くと言うのは、

劉表から見れば邪教を信じる人でしかなく軽蔑の対象になりました。

張羨は、そのような劉表の差別的な扱いに不満を持っていたようです。

 

関連記事:太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの?

関連記事:もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの?

 

張羨は長沙の大守となり劉表に反旗を翻す

 

次に長沙の大守になった長羨は、西暦198年、長沙、桂陽、零陵の

3郡で同時に決起して劉表に反旗を翻しました。

 

南郡の広範囲で反乱が起きた事で、劉表はびっくり仰天し、

すぐさま、討伐軍を送り込みますが張羨の軍勢は強く、中々倒せません。

その中で時間だけが流れていき、二年間が経過しました。

 

官渡の戦い勃発、張羨は桓階の勧めで曹操に付くが・・

 

西暦200年、曹操と袁紹の間で官渡の戦いが発生します。

劉表は遠交近攻の政策を取り、袁紹と結びました。

 

一方で、張羨の配下であった桓階(かんかい)は

 

「袁紹は献帝を擁している曹操に弓を引く逆賊ですから、

ここは曹操に味方した方が得策です」と進言します。

 

張羨はなるほどと思い、桓階を曹操の下に派遣しました。

味方に乏しかった曹操はこれを大喜びで迎えます。

しかし、袁紹との戦いで精一杯の曹操は、劉表と戦う張羨の為に

兵力を割く余裕がありませんでした。

 

関連記事:官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何?

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

張羨は病死、しかし、南郡の人々は息子張懌を立てて抵抗

 

劉表は、袁紹に組みしようとしましたが、張羨の南郡が気になり、

袁紹に兵力を送るどころの騒ぎではありませんでした。

結果として、張羨の南郡での騒乱は曹操を間接的にアシストしています。

ですが、煮ても焼いても食えない張羨も寿命には勝てずに201年には病死。

これで戦争は終わるかに見えましたが南郡の人々は、

張羨の息子の張懌(ちょうえき)を指導者として、さらに抵抗しました。

 

この凄まじい抵抗力は、どうも宗教くさいのですが、或いは、張羨が

上手く南郡の実力者を取りこんでいた成果かも知れません。

いずれにせよ、このような広範囲、かつシツコイ反乱は小豪族の単発の反乱を

超えており張羨は反乱者ではなく劉表の対抗馬と考えても良さそうです。

 

ですが、張懌には、張羨程の指導力はなく劉表に撃破されてしまいます。

こうして、劉表は零陵、桂陽を吸収し、荊州一国を制覇した主となり、

中国各地から名士・学者を招いて文化を発展させました。

3年続いた天下分け目の荊州合戦は、劉表に軍配が上がったのです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

荊州牧は劉表というすりこみがある私達には張羨が反逆者に見えますが

事実はそうではなく、荊州の領有を劉表と争った群雄だったかも知れません。

そうして考えると、劉表は最期に張羨を降して、荊州の支配権を確立し、

そこでやっと荊州は安定を見たとも言えるでしょう。

 

因みに曹操に付くべきと進言した桓階は張羨の死後は在野に降り、

劉表の仕官の誘いも断り、まもなく曹操に仕えて、曹丕(そうひ)の時代には、

厚い信頼を受け、九卿に登るような大出世をします。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 諸葛亮孔明の愛に溢れた手紙に感動!歴史に残るほどの親バカぶりに思…
  2. 夏侯惇の死後、一族はどうなったの?忙しかった夏侯惇はイクメンでは…
  3. 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲
  4. 【秋射】命中率が低ければ降格処分も!厳しい三国志時代の勤務評定
  5. なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは?…
  6. 孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?
  7. 曹操の北伐~袁氏の滅亡~
  8. 王昭儀列伝|曹操に最も寵愛された女性

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】三国志を産みだしたのは魯粛だった!クレイジーと言われた豪傑の人生
  2. 中二病韓信 ヤクザ劉邦を大説得、神分析に漢軍大フィーバー
  3. 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【前半】
  4. 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具として生きることになった美女
  5. 三国志時代の通信手段は何だったの?気になる三国時代の郵便事情
  6. 秦を滅ぼし暴走した劉邦を止めた天才軍師・張良の必殺の言葉って何?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話 赤眉軍(せきびぐん)とは何者なの?後漢演義最強のDQN軍団 決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/31〜11/6】 集まれ、団子三兄弟!劉備の息子たち 龐統(ほうとう)ってどんな人?|孔明とは頭脳以外全て正反対 孔明の北伐の目標はどこだったの? 漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!

おすすめ記事

  1. 【蜀の滅亡へのカウントダウン】こうして蜀の国は滅びへ至った
  2. 三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる
  3. 【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司馬穰苴(しばじょうしょ)から学べ!
  4. 三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようとした政治家
  5. 白起(はくき)ってどんな人?|キングダムでお馴染みの六大将軍
  6. 94話:成都を陥落させ李厳を得る劉備軍
  7. 三国志地図|中国にも九州があった?州について分かりやすく解説
  8. 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP