架空戦記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!後篇

この記事の所要時間: 414




 

正史三国志に基づいて作られた創作小説、

三国志演義は大筋のストーリー以外にも

正史の記述に基づいて細かな人物間でのエピソードが記述されています。

そうした、サイドストーリー的な部分を注意して読むとまた違った物語が見えてきます。

関羽(かんう)は魏の五大将軍の一人である張遼(ちょうりょう)と縁があり、

三国志演義の要所要所で二人の接点が記述されます。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

前回記事:関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!前篇




演義における登場人物の繋がり

 

あくまでも創作小説としての三国志演義に脚色として追加されたシーンではあると思いますが、

そうした脚色も正史から考えられたものであり、

三国志の話を彩る面白いエピソードであると思います。

今回は、三国志演義後半部における

関羽(かんう)と張遼(ちょうりょう)の場面をピックアップしてご紹介します。




前半部の関羽と張遼の関係

 

関羽(かんう)と張遼(ちょうりょう)は、

それぞれ劉備(りゅうび)と呂布(りょふ)に仕えていました。

乱世であった故に、主君同士が対立し敵同士になってしまいますが、彼らはお互いの実力、

そして人格を認めていた仲でした。

敵として相対した時にも関羽(かんう)は逆賊となっている張遼(ちょうりょう)を諭し、

また張遼(ちょうりょう)もそれを分かった上で逆賊である自身の立場に苦悩していました。

関羽(かんう)にはその苦悩が分かっていました。

張遼(ちょうりょう)の主、呂布(りょふ)が曹操(そうそう)に敗れ死罪となった時にも、

関羽(かんう)は張遼(ちょうりょう)を庇い、死罪を免れるように曹操(そうそう)に頼みました。

彼らはお互いを認め合っていました。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

絶体絶命の関羽

 

その後、曹操(そうそう)と劉備(りゅうび)が対立することとなります。

事の発端は、献帝(けんてい)が曹操(そうそう)の操り人形でしかない現状を嘆き、

劉備(りゅうび)を初め献帝(けんてい)に誓いを立てた者達が反乱を決意します。

しかし、事を成す前に露見し、反乱を企てた者とその家族は死罪、

劉備(りゅうび)も曹操(そうそう)軍からの攻撃を受け、関羽(かんう)や張飛(ちょうひ)と別れ、

ちりぢりになってしまいました。関羽(かんう)は下邳城で篭城しました。

曹操(そうそう)「何とか関羽(かんう)を我が部下としたい。」

張遼(ちょうりょう)「それがし関羽(かんう)と面識があります。なにとぞ使者の役目を申しつけください。」

そこで、まず関羽(かんう)を城の外へ誘き出し、敗走している不利をして遠方に誘導、

近隣の山に追い詰め、

下邳城にいる劉備(りゅうび)の妻と分断した上で説得するという作戦を決行しました。

 

張遼の恩返し

 

作戦通り関羽(かんう)は山に追い詰められ、下山できなくなりました。

その状況で下邳城に火の手が上がり、関羽(かんう)は気が気ではありません。

そこに曹操(そうそう)軍からの使者として張遼(ちょうりょう)が現れます。

関羽(かんう)「これは文遠(ぶんえん)殿。貴公がわしの相手か。」

張遼(ちょうりょう)「いや、昔の誼みを思い、話でも致そうかと思って参上致した。」

関羽(かんう)「降参を勧めに参ったのだな。」

張遼(ちょうりょう)「それは違う。以前、救って頂いた御恩返しに参ったのだ。」

関羽(かんう)は最後まで死を厭わず戦うつもりでしたが、張遼(ちょうりょう)は、

その関羽(かんう)を説き伏せ、降伏させたのでした。

こうして、張遼(ちょうりょう)は以前助けてもらった恩を返すことができたのでした。

 

曹操の下での関羽

 

自分の元に来た関羽(かんう)を曹操(そうそう)はやたらともてなしました。

関羽(かんう)は降伏の時に

「漢室に降伏したのであって曹操(そうそう)に降ったのではない、

劉備(りゅうび)が生きていて居場所が分かればここを去る。」

と言っていましたが、恩をかけることで自身の家来になると考えたのです。

曹操(そうそう)は張遼(ちょうりょう)に関羽(かんう)の様子を伺わせました。

張遼(ちょうりょう)「雲長(うんちょう)殿、このまま曹操(そうそう)様に使える気は無いか。」

関羽(かんう)「約束では、玄徳(げんとく)が生きていれば、

その時にも去ると言ってあるではないか。」

張遼(ちょうりょう)「玄徳(げんとく)殿が死んでいたらどうするのだ。」

関羽(かんう)「地下まで御供するまでよ。」

張遼(ちょうりょう)は関羽(かんう)の忠義と決意は揺るがすことができないと感じました。

 

VS顔良・文醜

曹操(そうそう)はその頃、袁紹(えんしょう)と戦うことになります。

袁紹(えんしょう)の将である顔良(がんりょう)に曹操(そうそう)の部下が何人も殺されます。

魏の五大将軍の徐晃(じょこう)すらも顔良(がんりょう)に勝てませんでした。

その顔良(がんりょう)を関羽(かんう)はあっさり倒して見せました。

また、張遼(ちょうりょう)と徐晃(じょこう)が苦戦した文醜(ぶんしゅう)をも倒して見せました。

ここだけを見ると、魏の五大将軍の張遼(ちょうりょう)と徐晃(じょこう)は武勇に優れるものの、

関羽(かんう)の方が上手に見えます。

 

関羽の帰参

 

顔良(がんりょう)・文醜(ぶんしゅう)を斬り、曹操(そうそう)への恩返しを終えた関羽(かんう)は、

劉備(りゅうび)の元に帰参するため、曹操(そうそう)の家を訪問しますが、

仮病を使い面会を断っています。

張遼(ちょうりょう)の家にも訪問しましたが、同様の仮病を使われます。

張遼(ちょうりょう)としては、曹操(そうそう)の命でそうしていたかもしれませんが、

内心嘘をついたようで心苦しかったでしょう。

関羽(かんう)は無断で退去し、

五つの関所を突破した関羽(かんう)の行く手を夏侯惇(かこうとん)が阻みますが、

張遼(ちょうりょう)が曹操(そうそう)からの許可状を届け現われ夏侯惇(かこうとん)を止めます。

そして、関羽(かんう)を見送るのでした。

 

赤壁の戦いでの二人

 

やがて、かの有名な赤壁の戦いが起こります。

呉軍との戦いで、連環の計によって曹操(そうそう)軍は大敗、敗走します。

その後、劉備(りゅうび)軍が追撃をかけ、散々に打ちのめされてしまいます。

最後の伏兵として待ち受けていた関羽(かんう)に曹操(そうそう)は昔の恩で命乞いします。

関羽(かんう)は義を重んじる故に、

また曹操(そうそう)の部下達が主君のために涙を浮かべながら命乞いしているのを見て、

許してしまいました。

関羽(かんう)「散れ。」

そう言って曹操(そうそう)とその大将を逃がしたのでした。

ただ、これでは待ち伏せに成功したのに、一戦も交えず退くこととなってしまいます。

関羽(かんう)は振り返り再び残りの曹操(そうそう)軍を見やりました。

彼らの憐れな姿に迷っていると、一騎の馬が飛び出してきました。

姿を見せたのは張遼(ちょうりょう)でした。

関羽(かんう)は故旧の情を感じずにはいられず、

結局張遼(ちょうりょう)をはじめ、残りの兵も逃がしてしまうのでした。

 

その後の二人

 

その後の二人は、恐らく合いまみえることは無かったと思われます。

この後、演義では関羽(かんう)は呉の手に落ちて死に、張遼(ちょうりょう)は曹操(そうそう)の後継ぎ、

曹丕(そうひ)の呉征伐の際、徐盛(じょせい)の計略で返り討ちにあい退却する時に、

張遼(ちょうりょう)は兵を伏せていた丁奉(ていほう)の矢を受け、

その傷が原因となり死んでしまいました。

なお、張遼(ちょうりょう)の正史での死因は病です。

 

三国志ライターFMの独り言

関羽(かんう)と張遼(ちょうりょう)は、武勇や忠義といった点でお互いに相手を認め合った仲でした。

乱世であったため、信じた主君が違ったため、敵同士となってしまったのは非常に悲しいことです。

しかし、このような時代でもなければ、彼らの武勇や忠義はこれほどまでにお互いを、

そして周囲を惹きつける事は無かったでしょう。

そのため、悲しいことではありますが、

このような運命にあったからこそ彼らはお互いを認め合うことができたのかもしれません。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:これは凄い!巨大な関羽像が荊州に現れる!実は二千年前から巨大像が好きだった中国人

関連記事:蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

FM

FM

投稿者の記事一覧

三国志は、大昔の出来事ですが、物語をいろいろな視点や切り口で見ていくと、新しくて面白い発見があるのが好きです。

人物像や対人関係、出来事、時代背景、逸話等々、古い話とはいえ、学ぶべきところはたくさんあります。

埃をかぶせておくにはもったいない、賢人たちの誇りがあります。

関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/21〜11…
  2. 「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  3. 【英雄亡き三国志の見どころ】司馬師vs王基の壮絶な舌戦:勝利の軍…
  4. 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人…
  5. 中国四大美人も完璧ではないのです、欠点もあるんです(汗)
  6. はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホー…
  7. えっ?三蔵法師にも、猪八戒にも沙悟浄にも前世があった!?
  8. 【劉恒に課せられた使命】ボロボロになった漢帝国を立て直せ!!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. ゴールデンカムイネタバレ予想 130話 誘導灯
  2. 来敏(らいびん)とはどんな人?孔明が魏延よりも苦手だった学者
  3. 三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの?
  4. 【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖
  5. コネ男・劉備から学ぶ人脈作り!コネクションの活かし方をコッソリ教えちゃいます!【ビジネス三国志】
  6. 諸葛亮孔明、司馬懿仲達、名前はどこで区切るの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってきたのか? 【ファン必見】2016年スーパーエリート袁術君の活躍まとめ26選 王昶(おうちょう)ってどんな人?治世に優れた優秀な政治家で、軍事面でも頼れる魏の武将 75話:周瑜の計略で曹操の水軍が弱体化 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【9/18〜9/24】 52話:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長 趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの? 【告白】私はこうして三国志にハマりました!

おすすめ記事

  1. キングダム 519話 ネタバレ予想:閼与に飛信隊が投入される!
  2. 魏延(ぎえん)ってどんな人?|裏切り者?それとも忠義の士?
  3. 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた
  4. 初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方
  5. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました
  6. 王修(おうしゅう)とはどんな人?袁譚を最後まで支え続けた忠臣に曹操もリスペクト
  7. 【魏の五虎将】俺たちだって五虎将だ!張遼編
  8. ゴルゴ13もびっくり!三国志のスナイパー武将・龐徳・太史慈・呂布

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP