朝まで三国志軍師
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

はじめての漢

胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じながらすぐに辞職した男

この記事の所要時間: 222




 

三国志では色々な人物達が登場して歴史に名を残しております。

曹操・劉備・孫権などの群雄や呂布・関羽・張遼・凌統(りょうとう)など勇猛果敢な人物、

周瑜・孔明・司馬懿など軍師としてその名を馳せた知名度のある人物達などが有名ですが、

知名度のある人物達以外にも面白い人物が沢山おります。

今回は知名度の薄いマイナーな武将・胡昭(こしょう)についてご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選




司馬懿を救った義心

 

胡昭(こしょう)は司馬懿(しばい)の友達でした。

そんな彼に司馬懿を殺害しようとする計画があることを知ります。

胡昭は司馬懿殺害を計画していた人物を訪ねて司馬懿の殺害をしないように説得します。

しかし司馬懿殺害を行おうとしていた人物は「司馬懿を殺さないと気がすまない」と激怒しており、

胡昭の説得に耳を貸しませんでした。

 

 

だが胡昭は何度も涙を流しながら「仲達(ちゅうたつ=司馬懿の字)を殺さないでくれ」と

必死に訴えます。

その結果、司馬懿を殺害しようと企んでいた人物は彼の心意気に感動して、

司馬懿暗殺を中止することにします。

胡昭は司馬懿にこの事を告げることなく故郷を立ち去ってしまいます。




袁紹(えんしょう)の誘いを断る

 

胡昭は司馬懿を救った後戦乱を避けて冀州(きしゅう)へと避難。

冀州を領有していた袁紹は胡昭が領内にいる事を知ると彼に「私の元で仕えないか」と誘います。

しかし胡昭は彼の誘いを断って冀州で過ごしておりました。

そんな彼に曹操からも「私の部下になってくれ」と誘いがやってきます。

胡昭は曹操の誘いにはいち早く従って曹操の元へ仕官することに決めます。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

「俺は役に立たない人間だから辞職したい」by胡昭

 

胡昭は曹操の元へやってくるといきなり「俺は文官や武将としての才能は全くない凡人です。

だからあなた様に仕えても役に立たないでしょう。

そのためあなた様に忠誠を捧げることで勘弁してもらいたい。」と仕えない意思を表明。

すると曹操は「そうか。分かった。自らの志に従ってしっかりとやっていきなさい。」と

彼の仕官の断りを許ることにします。

こうして胡昭は曹操にも仕えず陸渾山(りくこんざん)へ登って、

農業に勤しみながら生活をしていきます。

 

曹魏の歴代の高官達が彼を招くべしと進言するが・・・・

 

胡昭は後漢王朝が滅亡して魏王朝が確立されても仕官することはありませんでした。

曹操の時代に陸渾山近辺で反乱が起きたため、

彼は反乱が鎮圧された後、陸渾山を降りて春秋戦国時代の韓の都市であった宜陽(ぎよう)へ

引越ししてこの地で再び農業を行いながら悠々自適な生活をしておりました。

魏の朝廷では趙厳(ちょうげん)、鍾繇(しょうよう)の息子である鍾毓(しょういく)らが連名で、

皇帝・曹芳(そうほう)へ進言。

その進言の内容は「在野の人物で胡昭は気高く立派な人で人物で、

在野として埋もれさせているにはもったいない人物です。

彼を召し出して民衆の教化を彼に行わせれば大いに成功することになるでしょう。

ぜひ彼を召し出してください」との内容でした。

曹芳はすぐにこの進言に従って胡昭の家へ車を走らせますが、

彼はすでに亡くなっていたそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

彼は涼州で起きた馬超の反乱の時にも活躍しております。

馬超が曹操に反乱を起こした際、涼州の各地で食料が不足する事態に陥ってしまいます。

民衆は山に上って涼州の争いを避けておりましたが食料が不足していたことが原因で、

民衆達は食料を奪う争いを行います。

胡昭は民衆達の争いをやめさせるため、

争いごとが起きるとわざわざ争いごとを起こしたグループの頭のところへ行って説得。

その結果、争いごとはなくなり民衆達は胡昭を慕うようになり、

彼が住んでいた300里以内には一切争いごとが無くなったそうです。

ついでにこのエピソードは胡昭が陸渾山に住む前のお話だそうです。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指していたの?

関連記事:民話に出てくる司馬懿がまるで昔話のいじわる爺さんレベル!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 井伊直虎はおんな城主だったの?それとも男?身長は高かったの?直虎…
  2. 伍孚(ごふ)とはどんな人?ゴフッ・・董卓を殺せなかった無念のアサ…
  3. 【キングダムに登場した子孫達】王賁の子孫は三国時代で大活躍
  4. 【劉邦暗殺計画】劉邦の態度のでかさに激怒した家臣達
  5. 司馬朗(しばろう)とはどんな人?司馬懿でさえ頭が上がらない偉大な…
  6. 山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとさ…
  7. 鍾会(しょうかい)は何で反乱を起こしたの?魏のイケメン武将の独立…
  8. 漢の飛将軍・李広の逸話「信念をもって行えばやれないことはない」

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い
  2. 豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗殺者
  3. 李豊(りほう)とはどんな人?才能ある人物なのかそれともただのポンコツなのか
  4. え、そうだったの?蜀の五虎将軍、実は存在しなかった?五虎大将軍の真実!
  5. 【シミルボン】異議ありまくり!三国志の時代の裁判風景
  6. 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

蜀討伐戦の驚きの真実!鄧艾は孫子の兵法書を応用していた! 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに? 郭淮(かくわい)ってどんな人?蜀軍との戦いに明け暮れた魏の重鎮の司令官 華麗なる中華世界を彩る三国志の武器 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【7/11〜7/17】 【センゴク】信長の仇討ちで秀吉についたのは、神戸、丹羽、掘、蒲生 いずれも名将で明智オワコンに・・ 57話:劉備はどうやって三国志界の天才軍師・諸葛孔明を手に入れたの?

おすすめ記事

  1. 【曹操の人心掌握術】身内よりも部下を優先せよ
  2. 【はじめての孫子】第11回:兵は多きを益ありとするに非ざるなり。
  3. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(3/3)
  4. 孫静(そんせい)とはどんな人?兄貴、孫堅とはゼッコーモン!ひたすら故郷を守った孫一族
  5. 松本清張も注目!邪馬台国(やまたいこく)はどこにあったの?
  6. 中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介
  7. 規制緩和は正しいの?2100年前の中国で起きた経済論争
  8. 【歴史が変わった?】袁術が献帝を擁護していたらどうなってたの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP