ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
馬超


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

劉備は本当に大器だったの?三国志演義の主役を斬る

蜀の皇帝に即位した劉備




劉備と呂布

 

よく「未完の大器(みかんのたいき)」や「大器晩成(たいきばんせい)」といった言葉が用いられますが、

大器(たいき)」とは何なのでしょうか?

 

大器とは「人並みはずれた優れた才能や器量」、

または「それを備えた人物」のことを指します。

さて、三国志(ふりがな)の登場人物では誰を思い出すでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志演義】無能な劉備は知識人の理想の君主?

関連記事:かつて日本で大流行したカリスマコメント付き三国志が存在した!

 

 

優れた才能といえば

孔明

 

人並みはずれた優れた才能の持ち主といえば、

やはり曹操(そうそう)諸葛孔明(しょかつこうめい)の名前が真っ先に登場するのではないでしょうか。

 

将来を見据えた研ぎ澄まされた戦略、戦場での臨機応変な戦術。

政治だけでなく、様々な分野の学問に精通し、応用できる知識の深さと視野の広さ。

その優れた才能は多くの人を惹きつけたことでしょう。

曹操諸葛孔明もまぎれもなく天下を統べるだけの大器だといえるでしょう。

 

 

器の大きさといえば

 

それでは三国志演義(さんごくしえんぎ)の主役である劉備(りゅうび)はどうでしょうか。

三国志の大器といえば劉備という三国志ファンも多いはずです。

なにせあの関羽(かんう)張飛(ちょうひ)が慕ったわけですから

人間としての魅力にあふれた人物なのは間違いないはずです。

 

実際に三国志正史の著者である陳寿(ちんじゅ)

劉備は高祖の面影のある英雄の器であり、度量が広く、意思が強く、寛大だった。

人物を見分け、士人を待遇した」と評価しています。

まさに劉備こそ大器だといわんばかりです。

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  

 

劉備の度量の広さを物語るエピソード

張飛

 

もちろん三国志演義では劉備の大器ぶりを強烈にアピールしています。

袁術(えんじゅつ)を攻めた徐州(じょしゅう)の劉備でしたが、

留守役の張飛が泥酔して失態を犯してしまいます。

徐州を呂布(りょふ)に奪われるだけでなく、劉備の妻子も置き去りにして逃れてきたのです。

それを知って関羽は怒り、張飛は自害しようとしますが、劉備は泣いて止めました。

 

「兄弟は手足の如く、妻子は衣服の如し。

衣服は破れてもなおせるが、手足はそうはいかない。

たとえ家族や領地を失っても兄弟を道半ばで死なせるわけにはいかない」

 

それを聞いて張飛も号泣します。こうして義兄弟の絆は強まりました。

 

「自分の家族よりも志を遂げるために家臣を優先する」

これが理想のリーダーの器量というものなのでしょう。

長坂坡の戦い(ちょうはんはのたたかい)劉禅(りゅうぜん)を救出した趙雲(ちょううん)に対しても同じようなことを伝えています。

諸葛孔明に後を託して没する際も、

劉禅に器量がなければ代わりに君主となるように遺言しました。

 

そこまで「家臣を信じられる」「家臣を愛することができる」のが劉備の仁徳であり、

大器の証ということでしょう。

 

同族から領地を奪った不義

劉備

 

しかしそんな劉備の大器を疑う説もあります。

それが「劉備の益州(えきしゅう)征服」です。

もともと益州の牧は、劉備と同じ皇帝の血を受け継ぐ劉璋(りゅうしょう)でした。

軍事行動を起こして劉備はその領地を奪ったわけですが、

大義名分もなく同族の領地を侵略するのは不義です。

 

これについてはかなり長い間論争になっているようです。

さらに諸葛孔明も絡んでいるだけに大きな問題とされています。

 

三国志正史では平然と益州を征服する劉備ですが、

三国志演義ではためらいを見せます。諸葛孔明も強制はしません。

嫌がる劉備を決心させたのは、龐統(ほうとう)法正(ほうせい)です。

汚れ役を二人に押し付けることで、三国志演義では劉備の大器が守られるのです。

 

三国志ライターろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

面白いのは、理想の仁義を象徴している一番手が劉備ではなく諸葛孔明とされている点です。

そのため同族の領地侵略の不義は、諸葛孔明の進言ではなく、

劉備の独断の可能性があると、南宋の朱子は述べています。

三国志演義の価値観の土台は朱子学ですから、

ここで劉備の人物像に矛盾と葛藤が生まれてきているのです。

 

理想を追求するあまりに脚色が多くなってしまう三国志演義ではありますが、

「劉備は大器」で問題はないでしょう。

そして「諸葛孔明はそれ以上に大器」ということになるのではないでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【中国人民激白】劉備が鬼畜すぎたから徐庶は離れた

関連記事:隠れた劉備盛り満載!巧妙な正史三国志

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2  

 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 袁紹と張り合った袁術が滅亡した原因って一体何なの?
  2. 孫権 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(…
  3. 陸遜 陸遜の生涯を年齢で追ってみよう!
  4. はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選
  5. 【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱…
  6. 孫権に煽られて憤死する陸遜 二宮の変を考察!二宮の変は陸遜の殺害が目的だった?
  7. 董卓 董卓の名言を見れば董卓の真の姿が分かる!?
  8. 曹洪の手紙が美文のお手本『文選』に載っていた!しかしその実態は……

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 酒乱の徳川慶喜
  2. 劉禅と董允
  3. 南蛮胴を身に着けた織田信長
  4. 三国時代の船 楼船
  5. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  6. ストイックすぎる仁徳者・顔回 顔回
  7. 貂蝉
  8. 南蛮一の軍師・孟節(兵士を裏切る)

おすすめ記事

  1. 前原一誠、萩の乱その戦いとは? 幕末 大砲発射
  2. 【秋射】命中率が低ければ降格処分も!厳しい三国志時代の勤務評定
  3. 織田信長は南蛮貿易からいろんなものを仕入れていた!? 火縄銃を気に入る織田信長
  4. 島津豊久と島津斉彬はどんな関係?豊久と斉彬の共通点も紹介
  5. 三国志は謀反の繰り返し!呂布の部下、臧覇とは?呂布配下のナンバー2 藏覇(臧覇)と呂布
  6. 西郷どんの師、赤山靱負(あかやまゆきえ)が切腹になるのは見せしめ? チェストと叫ぶ西郷隆盛

三國志雑学

  1. 三国志ライター よかミカンさん
  2. 援軍に向かう陳表軍
  3. 三国志 居酒屋


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 西夏王陵 / wikipedia
  2. 廃仏毀釈
  3. 郭嘉
  4. はじめての三国志編集長kawauso
  5. 魯粛
  6. 三国志ライター黒田レン

おすすめ記事

生姜を買ってくる左慈と曹操 三国時代の空には仙人たちが舞っていた!? 武田騎馬軍団 馬場信春 戦国時代の騎馬隊は本当に弱かったの?その誤解を解く 蒙恬(もうてん)はどんな性格なの?真面目さの照れ隠しの軽い性格 曹操が人材集めに熱中していたのは曹騰(そうとう)の影響だった!? はじめての三国志 読者アンケートのお願い 周瑜 周瑜は諸葛亮のピエロに過ぎなかった!?孔明と周瑜の関係性を考察 周瑜の魅力 周瑜が長生きしていたら三国志はどうなったの?二国志になっていた可能性!? 村人 ショッピング 【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP