三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹操の徐州大虐殺の真相には諸説あり?




三国志と野球

 

三国志(さんごくし)でスポットライトを当てられる最大のライバル同士といえば「曹操(そうそう)VS劉備(りゅうび)」です。

プロ野球でいえば「巨人VS阪神」、サッカーだと「バルサVSレアル」、

ゴルフだと「松山英樹(まつやま ひでき)VS石川遼(いしかわ りょう)」といった注目カードのようなものです。

 

そんな曹操劉備が初めて直接対決したのが徐州(じょしゅう)を巡る戦いになります。

発端は曹操の「徐州大虐殺(じょしゅうだいぎゃくさつ)」でした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操の配下で打線を組んだ場合、どんな球団になる?

関連記事:曹操が洛陽北部尉時代にやった売名行為とは?

 

 

曹操にとって最大の汚点

曹操

 

曹操の歴史の中で最大の汚点とされる徐州での大虐殺は、193年のことです。

前年には都・長安(ちょうあん)の地で董卓(とうたく)呂布(りょふ)に殺されています。

曹操はこの時、兗州(えんしゅう)の牧となって近隣諸国を脅かす存在となりました。

 

曹操は隣州の徐州に侵攻し、徐州の牧・陶謙(とうけん)を攻めます。

多くの民が虐殺され、その死者は数十万を数えたそうです。

家畜までも皆殺しで、死体で河が堰き止められたと三国志正史には記載されています。

これにより曹操は後々まで徐州出身者の恨みを買うことになるのです。

 

徐州の生まれとしては、東城県(とうじょうけん)出身の魯粛(ろしゅく)陽都県(ようとけん)出身の諸葛瑾諸葛孔明などがいます。

彼らは208年、荊州(けいしゅう)に侵攻してきた曹操と戦うことを主張し、

これによって曹操は大軍を率いながら赤壁の戦い(せきへきのたたかい)で敗れることになります。

 

 

なぜ曹操は徐州大虐殺を行ったのか

曹操と処刑

 

曹操が徐州を攻めたのは、陶謙に父親と弟を殺されたためだとされています。

曹操の父親・曹嵩(そうすう)は、董卓によって引き起こされた戦乱を逃れるために徐州へ疎開していました。

それが董卓の死によって、兗州へ帰郷できることになるのですが、そこを陶謙軍に襲撃されるのです。

 

父親と弟を殺された曹操は怒り狂って徐州を攻めたそうです。

三国志正史には二度徐州を攻めたとあり、

二度目には曹操は家臣の陳宮と信頼していた朋友の張邈(ちょうばく)に裏切られ、

兗州の地で反乱を起こされています。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

 

陶謙はどうして曹操の父親を殺したのか

陶謙と曹操

 

それではなぜ陶謙は曹操の恨みを買うようなことをしたのでしょうか?

 

三国志演義(さんごくしえんぎ)では、陶謙が親切心から曹嵩に護衛をつけて送り出したところ、

その護衛が曹嵩の財に目がくらみ殺して強奪した設定になっています。つまり陶謙に罪はないわけです。

徐州大虐殺は曹操の逆恨みであり、陶謙の窮地を救おうとした劉備は義の人物という構図になります。

 

三国志正史では、袁紹(えんしょう)派の曹操と劉表(りゅうひょう)袁術(えんじゅつ)の軍勢を各地で撃破しており、

袁術派の陶謙がそれに対抗して曹操の父親のいる琅邪(ろうや)を攻めた設定になっています。

つまり陶謙は意図的に曹操の父親を殺害したわけです。

公孫瓚(こうそんさん)袁術派でしたから、援軍として劉備は徐州に向かうことになります。

 

ただし、呉書には陶謙の家臣の張闓(ちょうがい)の独断で曹嵩を殺害したとあり、

三国志演義でのこのシーンは、正史ではなく呉書を参考にして書かれたものだと考えられます。

 

前年の兗州侵攻が布石なのか

曹操

 

曹操が兗州の牧となったのは、

前任の牧であった劉岱(りゅうたい)青州(せいしゅう)から侵攻してきた百万に及ぶ黄巾の残党(こうきんのざんとう)に殺されたためです。

曹操は劉岱に代わり、死力を尽くして黄巾の大軍と戦い抜き、奇跡の勝利を収めます。

この時、曹操軍に編入された黄巾の兵卒30万が有名な精鋭「青州兵(せいしゅうへい)」です。

 

黄巾の残党百万がなぜ兗州に侵攻したのか、

その兵站(へいたん)はどうなっていたのかを考えた時、徐州の陶謙が密かに黄巾に通じて兵糧を供給し、

侵攻の矛先を兗州に向けさせたという可能性もあります。

あわや兗州は黄巾の大軍に飲み込まれるところだったわけですが、

その仕返しもあって曹操は陶謙を執拗に攻めたのかもしれません。

 

三国志ライターろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

徐州大虐殺で非難を浴びている曹操を擁護(ようご)する気はまったくありませんが、

曹操だけを悪者としてアピールしたがる三国志演義を鵜呑みにするのもどうかと思います。

三国志正史を読む限り、徐州を支配していた陶謙もまた悪知恵の働く人物だったようです。

 

果たして曹操はどんな思いで徐州を攻めたのでしょうか。

どちらにせよ「怒り」が強かったのは間違いないはずです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹操にまつわる梅林の話は本当なの?梅干しが曹操軍を救う?

関連記事:【それは偏見!】偏ってしまった英雄曹操の実像

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2  

 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?
  2. 龐統 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為…
  3. 夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した…
  4. 【疑問】どうして徐州人は曹操の支配を受け入れたのか?
  5. ハッポウ茶 cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶
  6. 謝夫人 孫権の妻 孫権の妻たちは意外と知られてない?
  7. 本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは?…
  8. 袁術と孫策 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 苛ついている曹操
  2. 織田信長
  3. 孫権 劉備 対立
  4. キングダム53巻
  5. 織田信長

おすすめ記事

  1. はじさんが劉備を丸裸に!素顔は?身長は?劉備を徹底追及! 三国志の主人公の劉備
  2. なんで曹操は人妻が好きなのか?人妻と付き合いたがる男性の心理
  3. キングダム539話 ネタバレ予想「壁は死ぬのか?徹底追及」
  4. 秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外な才能
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/28〜9/4】
  6. 阿部正弘とはどんな人?絶対倒れないヤジロベー政治家に迫る

三國志雑学

  1. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 細川勝元

おすすめ記事

ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の名将 そんろは 孫魯班 孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題 なぜ孫権は暴君と化してしまったのか? ホリエモンが舛添都知事を庇った理由と晏嬰で考える政治家倫理 華陀と麻沸散 三国志時代の医療はどうなっていたの?華佗以外にも治療を行っていた! 【曹操の妨害工作】呂布と袁術の同盟を曹操は恐れていた! 李儒と三国志 超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表 【三国志トランプ】なぜこの顔ぶれなのかちょっと謎!

おすすめ記事

  1. 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたってホント? 天下三分の計
  2. 陶淵明は変態さん?閑情賦のエロ妄想が止まらない!
  3. 孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した! 孫堅、孫賁
  4. みんな大好き王騎の副官・騰将軍の仕事は意外に激務だった!
  5. 楊戯(ようぎ)とはどんな人?季漢輔臣賛を記して蜀の臣下を褒め称えた政治家 曹幹
  6. 【三国志演義】孔明が残した錦嚢策(きんのうのさく)って一体なに?
  7. キングダム540話 ネタバレ予想「王翦がいよいよ閼与を攻める」
  8. 蜀の二代目皇帝・劉禅とケンシロウの共通点

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP