よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

呂布の逸話って伝説的にすごいって知ってた?

この記事の所要時間: 339

 



 

呂布

 

三国志には武に特化した将軍達が色々と登場します。

義人・関羽(かんう)長坂の戦い曹操(そうそう)軍をたった一度の一喝で止めた張飛(ちょうひ)

合肥の戦いで孫権軍十万の軍勢を数千の軍勢で蹴散らした張遼(ちょうりょう)等、

多くの武将が活躍した時代でした。

 

しかし彼らよりも強い三国志最強といえばやはり呂布(りょふ)でしょう。

呂布には最強の将軍に相応しい多くの逸話が残っていますが、

どんな逸話が残っているのでしょうか。

今回は呂布の武にまつわる逸話を集めてみましたのでご紹介しましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:呂布(りょふ)は色白ハンサム?日中女子で違う呂布イメージ

関連記事:呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!

 

 

三国志最強の呂布の逸話はここから始まる

呂布と桃園三兄弟

 

まずは三国志演義から呂布の逸話をご紹介しましょう。

呂布は主人・丁原(ていげん)を殺害し、義父の契を交わした董卓(とうたく)の配下になります。

その後董卓は各地の諸将が連合した軍勢から攻撃を受けます。

 

董卓は呂布を虎牢関の守備へ派遣。

連合軍の諸将は虎牢関で守備をしていた呂布達の軍勢の守備に阻まれて、進むことができませんでした。

呂布は諸将の軍勢がやってくると諸将の将軍へ一騎打ちを仕掛けて次々と討ち取ってしまいます

 

諸将は呂布のとんでもない強さと董卓軍の守備によって士気が低下。

そんな中公孫瓚の客将となっていた劉備の義弟・張飛が呂布へ一騎打ちを仕掛けます。

呂布は張飛をあしらいながら戦っていましたが、

劉備関羽も参戦し、一対三の状況になってしまいます。

 

しかし呂布は劉備関羽・張飛の攻撃を弾き返しながら、激闘を続けていました。

四人の激戦は果てることなく続くかと思われましたが、

退却の鐘が鳴った事で四人は各々の陣地へと帰ることになります。

劉備・関羽・張飛の三人を相手にひけを取らずに打ち合う呂布

正に三国志最強の名に相応しい逸話だと思いますが、彼の伝説はまだまだ続くことになります。

 

 

張燕軍数万の軍へ数十騎で撃破する

呂布

 

次の逸話は正史三国志呂布伝からご紹介しましょう。

呂布は董卓を殺害後、長安で王允(おういん)達と一緒に後漢王朝の政治に参加していました。

しかし呂布は董卓軍の残党の逆襲に合い敗北し、各地を流浪することになります。

呂布はまず袁術(えんじゅつ)の元へ身を寄せますが、居心地が悪くなり、

袁術の元を去って袁紹(えんしょう)の元に向かいます。

 

袁紹は呂布を迎え入れ、幷州に割拠している黒山賊討伐に協力してくれるように要請します。

呂布は袁紹の要請を受け入れて黒山賊の討伐へ向かいます。

黒山賊のボスは張燕(ちょうえん)と呼ばれる人物で、

数万の軍勢を率いて袁紹と呂布の軍勢を迎え撃つべく常山に陣を張ります。

張燕

 

呂布は袁紹と共に常山に到着すると

側近の魏越(ぎえつ)成廉(せいれん)ら数十騎を率いて常山に駐屯している張燕軍へ突撃。

呂布軍は数十回にわたって張燕軍に突撃を行い、張燕軍を打ち破ってしまいます。

 

正史三国志には呂布の活躍が際立って書かれていますが、

たった数十騎で数万の兵士へ平然と突撃なんて普通はできないでしょう

更に数十騎で数万の軍勢を打ち破ったのですから、

とんでもない突破力と武力を備えていた軍勢だったのでしょう。

呂布が大将だったからこそでき、

呂布の側近達が同じような事をしても成功する確率はかなり低かったのではないのでしょうか。

 

矢一本で戦争を止めた呂布伝説

呂布と孔明と劉備の野球

 

呂布の次の逸話はたった一本の矢で戦を止めたお話です。

呂布は徐州を劉備から奪って君臨し、劉備に小沛の守備を任せます。

劉備は小沛に駐屯すると袁術軍が大軍で攻め込んできます。

呂布は劉備軍が袁術軍から攻撃を受けたことを知ると歩兵数千と数百騎を率いて小沛へ出陣。

呂布は小沛付近に駐屯すると袁術軍の大将・紀霊(きれい)と劉備を自分の元へ招待します。

 

呂布は二人がやってくると紀霊へ

「俺は戦なんて大嫌いで平和を望んでいる。要は世の中love&peaceなんだよ。

そんなわけで俺が戟の真ん中へ弓を当てたら、戦は中止な」と提案。

紀霊

 

紀霊は呂布の提案に驚きますが、

どうせ当てることなんてできないとタカをくくって

「了解です。当てたら私も帰ります」と承諾するのでした。

呂布は酒を一気に飲み干すと戟を百歩歩いた先へ突き刺しておもむろに弓矢を戟へ向かって放ちます。

 

さて結果はどうなったのでしょうか・・・・。

呂布が射った弓は戟の真ん中に見事命中。

両軍から拍手喝采が巻き起こります。

紀霊は呂布との約束を守り軍勢をまとめて撤退していくのでした。

数百歩歩いた先の戟の真ん中なんて肉眼で見ることなんて出来ません

そんな小さな的へ弓を当てた呂布。

正に三国志最強の名前に相応しい人物だと思いませんか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田レン

 

今回は呂布の伝説的な逸話をご紹介しました。

上記で上げた呂布の逸話は代表的な物で他にも色々とありますが、

どれも伝説に残るようなとんでもない逸話ばかりです。

興味があるはじめての三国志の読者の方がいらっしゃったら、

正史三国志や三国志演義を読んでみてはいかがでしょうか。

いっぱい呂布の逸話が乗っててちょっとびっくりを通り越して、笑ってしまいますよ。

【参考文献】
ちくま学芸文庫 正史三国志魏書 呂布伝
井波律子・今鷹真訳等

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:成廉(せいれん)と魏越(ぎえつ)とはどんな人?呂布が強いのは俺達がいてこそ!

関連記事:【転職で悩んだら】転職の不安は呂布マインドで吹き飛ばせ!

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2  

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 劉備の養子・劉封(りゅうほう)はなぜ殺されねばならなかったの?
  2. 曹操が遺言で見せた女性への愛情
  3. 関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法
  4. 張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を…
  5. [ビジネス三国志]自分用のキャッチコピーを造り人脈を広げる
  6. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その1
  7. 合肥の戦いで張遼が孫権を討ち取っていたら三国志はどうなった?
  8. 袁術祭り秘話|袁術をkawausoが取り上げた理由

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 董襲(とうしゅう)とはどんな人?孫家の仇敵・黄祖討伐戦で活躍した武勇の士
  2. 【センゴク祭り】織田家のトップに就任してから9年の歳月をかけた尾張統一
  3. 和宮とはどんな人結構頑固で家茂ラブな皇女
  4. 『三国志大戦』2017 公式全国大会「覇業への道 英傑再臨」が10月7日より開催。「日本最強の君主」は誰だ!?
  5. 島津斉彬の人柄とは?誰もが納得する名君の心構え
  6. 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで追い詰めた呉の名将【悲劇編】

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

関羽のワガママ死は孫権の無節操が原因だった? 徐邈(じょばく)とはどんな人?曹操の禁酒令を破ったのに逆に出世した男 張飛が長坂橋を落とした時、曹操はどうして攻撃しなかったの? もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた? 82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る 孫権のツンデレ外交に蜀の天才外交官・鄧芝の能力炸裂!蜀呉同盟を復活させたお話 【キングダム】趙峩龍(ちょう・がりゅう)って本当に強いの? 何で姜維の北伐は反発されてたのに孔明の北伐は反対されなかったの?

おすすめ記事

  1. 賈充(かじゅう)とはどんな人?司馬氏の地位確立と晋建国の功臣【晋の謀臣列伝】
  2. はじめての三国志 facebook はじめました。
  3. 袁紹が得意とした坑道戦とは?
  4. 郭嘉と陳羣を見習えばいじめが無くなるってホント?
  5. 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方
  6. 【お知らせ】はじめての三国志の運営スタッフの裏側
  7. 【はじめての孫子】第8回:夫れ兵の形は水に象(かたど)る。
  8. 江戸城オフィスを大公開!大名の争いは部屋取りゲーム?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP