キングダム
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

はじめての変

【徹底解析】天下統一するはずだったのは蜀だった?

この記事の所要時間: 355




司馬炎

 

三国時代を天下統一したのは(しん)という国です。

しかし、蜀が天下統一していた可能性が大いにあったのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:蜀滅亡後、安楽公として余生を楽しんだ劉禅の最期と心情

関連記事:漢代まではリアルダンジョンだった蜀

 

隠れた人材「蜀の四龍将」の正体

蜀の四龍将

 

みなさん!「蜀の四龍将」という名前を聞いたことはありますか?

おそらく聞いたことのない方がほとんどじゃないでしょうか?

四龍将の命名した人は、はじめての三国志ライターkawauso氏です。

 

三国志演義の作者が後世になって、五虎大将軍という呼び名をつくったのですから、

kawauso氏がつけてもいいですよね。

ポスト五虎大将軍ということで、四神から龍をお借りして名づけてみました。

「蜀の四龍将」について一人ずつ軽く解説していきたいと思います。

四龍将・王平(おうへい)(

王平

 

王平(おうへい)

元々は魏の将軍という他の三人とは変わった経歴の持ち主です。

戦で多忙であったため、勉学に疎くはありましたが、

「戦う」という点における能力は、ずば抜けていました

 

街亭で逃げ出した馬謖(ばしょく)に代わって孔明(こうめい)の撤退の時間を稼いだことや、

魏の曹操(そうそう)の10万人の軍に対して3万人の守備兵で撤退させたことで大評価を受けました。

天賦の勝負勘の強さが評価されたのですね。

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志

 

四龍将・張翼((ちょうよく)

張翼

 

張翼(ちょうよく)

定軍山の戦いで、趙雲(ちょううん)に従った際に大きな手柄を立て、

南夷を支配するにあたって大きな功績をあげました。

 

しかし残念ながら、法令の厳しさから、

南夷の人々の不振を買い、座を追われる結果になってしまいました。

それに加え、張翼の後任の馬忠(ばちゅう)の就位の際に、彼らに反乱をおこされてしまいました。

 

しかしやっぱり、張翼はどこまでもできる男!

彼は反乱に備えて、事前に必要な食糧・武器を準備していました

馬忠はそれを頼りにし、見事反乱軍に勝利しました。

この準備を背景に異民族に対して厳しい法令を出すことができていたのですね。

 

北伐の際にも彼に関する話があります。

張翼は姜維の北伐に対しては批判的な意見をもっていました。

姜維(きょうい)は批判的な意見をもつ張翼に対してよい印象を持っていませんでした。

 

では、姜維は張翼を北伐に連れて行かなかったのでしょうか?

答えは”NO”です。

自分に批判的な意見を持っていても、必要性ゆえに黙って使わざるをえない

これが彼のすごさを物語っているのではないでしょうか。

 

四龍将・張 嶷(ちょうぎょく)

 

(張 嶷張 嶷張 嶷(ちょうぎょく)


)

家柄は貧しかったものの、とにかく敵に立ち向かう勇気はピカイチ!!

それを劉備(りゅうび)は見逃しません。

 

劉備が入蜀した後に、南充県を山賊が襲う事件がおきます。

南充の長官は、妻子を置き去りにして逃亡してしまいます。

一方、勇気のある男、張 嶷は取り残された長官の妻子を救出したのです。

 

この話を聞いて劉備は彼を重用したそうです。

また、異民族支配の際も彼の優秀さが光ります。

上官と協力して、西南夷討伐、北伐や羌族の討伐において戦果をあげます。

 

ここまでは、普通の有力武将。

それに加えて、彼は素晴らしい内面の持ち主でもありました。

彼は、服していた異民族に対しての厚情を忘れませんでした。

そのため、異民族は彼が帰還することを知ると、彼らは車の車輪にすがって涙を流したそうです。

 

四龍将・寥化(りょうか)

寥化

 

・寥化(りょうか)

判断力に優れた人物として関羽(かんう)の主簿という官職を担っていました

彼は繁忙な人生を送ることになります。

 

関羽が呉の呂蒙(りょもう)に敗れて降伏します。

「どうしても蜀に戻りたい」と思った彼は、

自分は死んだというデマを流して年老いた母とともに蜀へと逃亡し、

逃亡した寥化はそのまま東夷の戦いに参加しました。

 

残念ながら、姜維が北伐を再開した際に必死にサポートを行いますが、

魏の郭淮(かくわい)鄧艾(とうがい)を相手に苦戦を強いられました。

それもあってか、晩年は北伐に対して批判的でした。

 

4人に関する説明は以上です。

蜀には実はこんな隠れた優れた逸材がいたのですね。

 

「四龍将」ではとどまらない!?

 

当時大活躍を見せた四龍将ですが、なんと七龍将だった可能性があったのです!

では、なぜ四龍将になってしまったのか。

 

それは、東陵の敗戦での劉備の大失敗が原因でした。

この敗戦で蜀軍は大ダメージを受けました。

文官では、馬良(ばりょう)が戦死しました。彼は間違いなく孔明を支える存在となったことでしょう。

 

被害はそれだけではありません。

府驟、張南(ちょうなん)傅彤(ふとう)という優秀な三人の武将も戦死しました。

この三人の武将は生き残っていれば、この三人に四龍将を加えて、七龍将として当時の蜀を

さらに支えていたことでしょう。

 

「たられば」かもしれないが・・・

劉備

 

「歴史にたらればはない」とよく言われますが、もし、劉備が大失敗をしなければ、

孔明は馬謖魏延(ぎえん)楊儀(ようぎ)のような足をひっぱる人材に手をかけずに済みました

 

戦いにも、直接には参加せずにより客観的な位置から戦況を見守ることができたかもしれません。

そうすれば、孔明はよりその優れた頭脳を最大限に発揮できたことでしょう。

 

その孔明の頭脳と魏延、姜維、七龍将という最強の武力との融合によって

蜀の天下統一は現実になっていたかもしれません。

となると、やはり劉備はやらかしてしまいましたねぇ。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

元記事:【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:蜀は古代から独立王国だったって知ってた?

関連記事:蜀に入れば生き返る!?桃源郷とよみがえりの話

 

時空を越えた最強の将軍対決
呂布対項羽

 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽
  2. 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが…
  3. 袁術のもと、孫家を守り抜いた孫賁(そんふん)、孫輔(そんほ)兄弟…
  4. 【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?
  5. 世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る
  6. 【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系…
  7. 三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる…
  8. 【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオー…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは?
  2. 【秋射】命中率が低ければ降格処分も!厳しい三国志時代の勤務評定
  3. iOS向けゲームアプリ『みんなの三国志@ボーシム研』が配信開始! 簡単操作の本格シミュレーション
  4. はじめての三国志 4コマ劇場 「祝融夫人の日常」
  5. ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる
  6. 辛毗(しんぴ)とはどんな人?曹丕が泣き言を言うほど厳しく反対意見を述べた政治家

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最後 【劉孫同盟誕生秘話】孫呉の内部は新劉備派と反劉備派に割れていた 戦国時代最大のミステリー・本能寺の変の謎に迫る!! 吉田松陰はテロリストなの?それってホント? ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の名将 鍾毓(しょういく)とはどんな人?風格のある人柄で秀才の誉れ高い魏の臣 天才軍師・諸葛亮孔明抜きの劉備はどこまで健闘できるの? 忠義の士・陸遜に迫る!陸遜は呉でクーデターを起こすことはできたの?

おすすめ記事

  1. 曹沖は魏の皇帝になる予定だった?曹操が愛した息子をご紹介
  2. 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた
  3. 献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上!
  4. 47話:曹操軍、新兵器 発石車で石弓隊を撃破!
  5. 日本の戦国時代はどうして起きたの?原因をざっくりと解明
  6. 司馬懿の名言から分かる!曹爽との権力争いを分かりやすく紹介!「駑馬、短豆を恋う」
  7. 華歆(かきん)とはどんな人?孫呉の英雄達に仕えた文官
  8. 于禁(うきん)は魏でも手柄抜群なのにジェットコースターのような人生

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP