キングダム
コメント機能リリース


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

陸遜はなんで改名をしたの?陸議と魏書では記載されているイケメン陸遜の改名に迫る

陸遜




 

222年の夷陵の戦いでは、寡兵ながら深謀と的確な判断によって

経験豊富な劉備(りゅうび)を撃退して名声を得た呉の英雄・陸遜(りくそん)

 

234年の合肥新城を巡る戦いでは、江夏から襄陽に侵攻していた陸遜は、

敵の虚を突いて見事に撤退しました。

曹叡(そうえい)(明帝)は、陸遜の用兵は孫子(そんし)呉起(ごき)に匹敵すると称賛しています。

 

今回は、魏にも蜀にも恐れられた人物・陸遜の改名の謎に迫ります。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜の生い立ちはどんな感じ?知られざる陸遜の前半生に迫る

関連記事:陸遜も参戦した合肥の戦い(第四次戦役 234年)を分かりやすく解説

 

 

三国志正史・呉書

 

三国志正史の呉書には、陸遜についてこう記されています。

 

「陸遜字伯言、呉郡呉人也。本名議、世江東大族」

陸遜の字(あざな)が伯言であるという点は問題ないのですが、

本名は「議」であるというのです。

つまり当初は陸遜ではなく、「陸議(りくぎ)」だったということになります

 

陸遜は、君主以外で単独の伝を編纂されているほどの重要人物です。

これに該当するのは他に蜀の諸葛孔明(しょかつこうめい)しかいません。

 

陸遜伝では以降すべて陸遜の名で統一されています。

改名の理由、時期についての詳細については、

正史の著者の陳寿だけでなく、後に注釈を施した裴松之も触れていません。

 

 

本名が陸議なのは間違いない

 

唯一、呉書では周鮑の伝でのみ、陸遜のことを陸議と呼んでいます。

実に不思議な話です。同じ呉書でも一方では陸遜と記し、一方では陸議と記しているのです。

 

ただし、周鮑の伝についてだけは、魏の曹休(そうきゅう)を欺くための手紙の内容で陸議と触れられています。

つまり、他国に対しては陸遜ではなく、陸議の名が広まっていたということの証です。

 

仮に手紙に、陸遜と書いても、「誰それ? 1年目のルーキー?」みたいな感じになって、

策略は失敗してしまったことでしょう。

 

はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

改名は珍しいことなのか

 

日本の戦国武将だと、改名するのはごく一般的な話なので誰も驚きません

江戸幕府を開いた徳川家康(とくがわいえやす)ですら、元は松平元康(まつだいらもとやす)と名乗っていましたし、

幼名は松平竹千代(まつだいらたけちよ)です。姓も名もまったく違いますね。

 

三国志では黒山賊の頭目である張燕(ちょうえん)が、

以前の頭目だった張牛角の死去の際に褚燕(ちょえん)から張燕に姓を改めています。

曹操(そうそう)軍師のひとり、程昱(ていいく)も元は程立でしたが、曹操のアドバイスによって程昱に改めました。

 

現代だと有名人が改名すると、ネット上は大騒ぎになるでしょうが、

昔は特別なことではなかったのかもしれません。

 

ちなみに「くりぃむしちゅー」の以前のコンビ名は

海砂利水魚(かいじゃりすいぎょ)というヒール感たっぷりの名前でしたが、罰ゲームで改名しています。

 

なぜ陸遜は改名したのか

 

まさか陸遜が、改名をかけた勝負に負けて、その罰ゲームとして、

陸議から陸遜になったとは考えにくいですね。

確率的には1%ほどでしょう。

確率が低い理由は、「陸遜が負け知らずだった」と史実が立証しているからです。

 

ではなぜ改名することになったのでしょうか?

これは「三国志十大ミステリー」のひとつなので、正解は不明ですが、諸説あります。

単なる気分転換とか、主君である孫権(そんけん)の命令とか、宋の太宗(たいそう)の諱を避けたとか。

 

明智小五郎(あけちこごろう)をリスペクトする私が推理するに、陸遜は、敵対国が「魏」なので、

同じ響きの「議」を嫌がったのではないでしょうか。

 

なので、呉の国内ではかなり以前から陸議ではなく、陸遜と名乗っていたのです。

しかし、インターネットが普及していなかったこともあり、

他国にまでは浸透しなかったと考えられます。

 

三国志ライターろひもとの独り言

 

おそらく、シャーロックホームズをリスペクトしている江戸川コナンくんが推理すると、

また違った仮説が立てられることでしょう。

 

そして、「真実はいつもひとつ!」とか言われて、私の仮説は真っ向から否定されるはずです。

私は完全にコナンくんの引き立て役ですね。

いいです。それでも。真実が明かされるのであれば……

「そうだ、毛利探偵事務所に聞いてみよう!」

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み取る陸遜の能力

関連記事:陸遜の妻は誰?妻はなんと大喬との間の子供だった?

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 曹操 【コワいモノ比較】アメリカ人は悪魔、フランス人は狼、中国人は○○…
  2. 荀彧 荀彧は三国志の中でもトップクラスの名門だった件
  3. 蒼天航路 蒼天航路で太史慈の出番が少ない2つの致命的な理由
  4. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチ…
  5. 空を飛ぶスーパーマン袁術 理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは?
  6. 劉備を警戒する陳羣 若い時の陳羣は何をしていたの?劉備・呂布に仕えていた若き頃の陳羣…
  7. 南蛮 華夷秩序に砕けた山越はむしろ漢族の被害者?
  8. 【蒼天航路】よかミカンが選ぶ面白ポイント6選

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 戦う劉岱
  2. 顔良と文醜
  3. 魏の夏侯淵
  4. 黄月英
  5. 三国志の地図
  6. 陳勝・呉広
  7. 武田騎馬軍団 馬場信春
  8. 沙摩柯
  9. オオクニヌシ(日本神話)

おすすめ記事

  1. プチャーチンの世界史、日本来航に隠された理由 黒船(ミシシッピ号)
  2. 蜀の黄忠と厳顔のジジコンビは活躍してたの??
  3. 『列子』でわかる!三国志の左慈が物理法則を超えられる理由 生姜を買ってくる左慈と曹操
  4. 王朝交代の背景には中国の五行思想があった!?
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ」の見どころ紹介 おんな城主 直虎
  6. 曹操の機転。濮陽の戦いと定陶の戦い

三國志雑学

  1. 韓信
  2. 皇帝いっぱい
  3. 孫権 劉備 対立


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム54巻amazon
  2. 呉懿と魏延
  3. キングダム54巻amazon
  4. おんな城主 直虎
  5. 燃える本能寺
  6. 桓騎

おすすめ記事

キングダム54巻amazon キングダム602話ネタバレ予想vol2「倉央と田里弥の実力は?」 読書する劉備 何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介! 徐庶 【異聞】徐庶は劉備の人徳なんかどうでも良かった? 島津斉彬はルイヴィトンを愛用した最初の日本人? 三国志大学を目指す曹操 若き日の曹操の優れた危機察知能力と後漢王朝への忠義心 孔明 郭嘉 周瑜 諸葛亮、周瑜、郭嘉…誰がお好み?ときめき軍師メモリアル 陸遜 陸遜はなんで改名をしたの?陸議と魏書では記載されているイケメン陸遜の改名に迫る 管仲 諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP