ログイン | 無料ユーザー登録


夜のひとときながら三国志
ぐっすり眠れるながら三国志


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

なんで曹操は人妻が好きなのか?人妻と付き合いたがる男性の心理

貂蝉を奪い合う曹操と関羽


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹操と大喬と小喬

 

曹操(そうそう)は人妻好きだと言われています。

秦宜禄(しんぎろく)の元妻の杜氏(とし)を夫人にしていますし、何咸(かかん)の未亡人である尹氏(いんし)(めかけ)にしていますし、

張済(ちょうさい)の未亡人を妾にして張済の甥に相当する張繍(ちょうしゅう)に背かれてひどい目に遭ったこともあります。

 

物語系の逸話では袁紹(えんしょう)と一緒によその家に忍び込んで花嫁泥棒をしたこともありますし、

呉の孫策(そんさく)の未亡人の大喬(だいきょう)周瑜(しゅうゆ)の妻の小喬(しょうきょう)を欲しがっていたという話もあります。

ちょっと人妻を欲しがりすぎですね。どういう心理なんでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その1

関連記事:曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その2


人妻と付き合いたがる男性の心理

よかミカン

 

インターネットで調べたところ、人妻と付き合う男性の心理は大きく分けて次の4つのようです。

 

1.都合が良い(結婚を迫ってこない、分かれるのが簡単、養う必要がない)

2.人の物を奪っていることに優越感を覚えて興奮する

3.既婚女性の包容力にひかれる

4.満たされていない女性を自分が助けてあげたいというヒーロー願望

(↑既婚女性は旦那さんに放っとかれて満たされていないという先入観がある)

 

これ、合ってるんでしょうかね?

ネットで参照したのは女性が書いたらしい記事ばかりだったので、男性から見たら

「クックック、本当はそればかりでもないのさ。大きな声では言えないけどね」ってことが

あるんじゃないでしょうか。

kawauso

 

今回の記事はkawauso編集長からテーマを頂いて

書いているのですが、編集長も男性だからご自分では書けないんですよ、きっと。

「こんなこと書いたらボクがこう思ってるみたいじゃないか!」ってなりますからね。


曹操は責任を持つ男

曹操と何晏

 

先ほど挙げた4つの心理のうち、「1.都合が良い」は曹操にはあてはまりません。

曹操は秦宜禄(しんぎろく)の元妻の杜氏や何咸の未亡人の尹氏をちゃんと自分のところに迎え入れており、

連れ子の面倒もみています。三国志明帝紀の注にひかれている『魏氏春秋(ぎししゅんじゅう)』には、

曹操が自慢げに「世の中にワシほど妻の連れ子をかわいがる男はいまい」と語った言葉が

記されています。杜氏の連れ子の秦朗(しんろう)も尹氏の連れ子の何晏(かあん)もちゃんと出世しています。

曹操は責任を持つ男、都合のいい遊び相手として人妻を欲しがったのではありません。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

関羽からの略奪愛

関羽と人妻

 

人妻と付き合いたがる4つの心理のうち、「2.人の物を奪っていることに優越感を覚えて

興奮する」は、曹操にあてはまりそうです!

秦宜禄の元妻の杜氏は曹操が呂布(りょふ)を滅ぼした時に捕虜になったのですが、

当時曹操と同じ陣営で戦っていた関羽が杜氏をぜひ自分の妻にしたいと再三にわたって

曹操にお願いしていました。関羽がそこまで言う女性はどんなものだろうかと好奇心から

目通りした曹操は、一目で気に入り杜氏を自分のものにしてしまいました。

貂蝉を取り合う関羽と曹操

 

曹操はつねづね関羽の立派な人柄を評価していました。

関羽は見事なひげを生やしており、同性から見ても惚れ惚れするほどの偉丈夫であったことと思います。

“関羽ほどの男が欲しがった女を、俺は手に入れてやった!”

曹操の略奪愛には、こんな心理があったのではないでしょうか。

 

世界の大半を敵に回しながら戦う男

若い頃の曹操

 

人妻と付き合いたがる4つの心理のうち、「3.既婚女性の包容力にひかれる」も、

曹操にあてはまりそうです。

 

曹操は長いものには巻かれないツッパリ人生で世界を切り拓いていった人です。

有力者でも法をおかせば処罰する、品行方正でなくても有能であれば評価する。

旧来の価値観の中で安穏と過ごしていた人々が目くじらをたててバッシングするような

革新的な政策を勇気とど根性で進めていった、敵だらけの戦う人生でした。

曹操の妻

 

既婚女性の持つおおらかな雰囲気に癒やしをもとめたとしても不思議ではありません。

(既婚女性がなぜおおらかかと言うと、結婚してみて「こんなはずじゃなかった!」という

経験を乗り越えてきているからです)


ヒーローになりたかった曹操

レディーファーストの曹操

 

人妻と付き合いたがる4つの心理のうち、「4.満たされていない女性を自分が

助けてあげたいというヒーロー願望」、これは曹操にぴったり合致する気がします。

妻の連れ子をかわいがっていることを自慢していた曹操。

妻を心配する曹操

 

困っているご婦人を俺が面倒みてあげているんだ、という状況に満足を覚えていたに違いありません。

曹操には奥さんが大勢いて、亡くなる時には女性たちのその後の身の振り方をこまごまと

心配してあげていましたが、面倒をみる相手が大勢であればあるほど、

自分がしっかり面倒をみればみるほど、曹操の心は満たされたことでしょう。


  

 

三国志ライター よかミカンの独り言

よかミカンの独り言

 

略奪愛で優越感を覚える、敵が多いから癒やしを求める、女性を助けてあげたい。

曹操の人妻ハントはいかにも戦う男らしい心理に基づいているようです。

「英雄色を好む」という言葉がぴったり。

大丈夫、人妻のめんどうを見なくてもあなたは充分ヒーローです、って言ってあげたいです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その3

関連記事:曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その4

 

袁術のトホホな逸話
袁術祭り


 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 賈詡 善悪関係なし!6人の君主を渡り天寿を全うした軍師賈詡の生涯!
  2. キレる劉備になだめる黄権 劉備は髭如きで人殺しをした?サイコパスの一面を分かりやすく解説
  3. 曹仁 曹仁伝から読み取る曹仁の生涯不敗漢、もはや伝説・・・
  4. kawausoと呂布と張遼 三国志一騎打ちの強さベスト10!一騎当千は誰だ!
  5. 空箱を受け取る荀彧 魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた…
  6. 酒を飲む曹操と劉備と呂布 中国人が冷たいビールを飲まないのは三国志の曹操のせいだった!
  7. 賈詡 郭嘉と賈詡どっちが秀でた軍師だったのか【今夜比べてみました】
  8. 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 呂布に殺害される丁原(ていげん)
  2. kawauso
  3. 魏を破る朱然
  4. 徐盛(じょせい)呉の将軍
  5. 張飛
  6. 関羽と関索
  7. 肉を食べる曹操
  8. お互いに歌を交わす趙雲と劉備

おすすめ記事

  1. キングダム最新615話ネタバレ「本陣の危機」レビュー考察 命がけで筋を通す義理に熱い朱拠
  2. 110話:関羽の悲報に復讐に燃える劉備 関羽が殺されキレる劉備
  3. 漫画「センゴク」から見る小牧・長久手の戦い前哨戦
  4. LINE 三国志ブレイブとはどんなアプリゲーム?
  5. 漫画「センゴク」と「史実」から見る姉川の合戦
  6. キングダム599話ネタバレ予想「藺相如の二つ目の遺言を大予想」 キングダム54巻amazon

三國志雑学

  1. 周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)
  2. かぼちゃと孫権
  3. 董承
  4. 司馬懿と曹操


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム54巻amazon
  2. 陳寿(晋)
  3. 周瑜と程普
  4. 若い頃の曹操について語る袁準
  5. 閻行
  6. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)
  7. 曹操
  8. 劉邦と項羽
“ぐっすり眠ってならが三国志"

おすすめ記事

曹操を見捨てない丁氏と卞氏 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は戦い続けられた 騎兵を率いる夏侯尚 夏侯尚とはどんな人?曹丕の親友でもあり数々の功績を残した夏侯尚 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明 諸葛亮の病死について考察 秦檜(しんかい) 秦檜とはどんな人?実はスパイだったの? 張飛にボコボコにされる魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん) 魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)はどんな人?呂布を裏切った八健将 南蛮胴を身に着けた織田信長 織田信長の業績とは?戦争面・人材登用・行政政策の輝かしい業績を紹介 はじめての三国志編集長kawauso はじめての三国志編集長の推薦状『8月の見どころ記事』Part.2 夏侯惇 樊城の戦いに夏侯惇は来るはずだったの?夏侯惇の意外な一面を知る

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“ながら三国志音声コンテンツver2"
PAGE TOP